結婚式のスピーチ 新婦の上司の場合の例文

結婚式で新婦の上司(先輩)であるあなたがスピーチをすることになったら、どのような内容の挨拶をすれば良いのでしょうか?今回は新婦の上司のスピーチの例文をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

結婚式のスピーチで新婦の上司の挨拶の例文

きちんとした人柄を紹介

和美さん、柴田さん、ご結婚おめでとうございます。ご両親様にも心よりご祝福申し上げます。ただいまご紹介にあずかりました佐藤多恵と申します。

ビッグスーパー坂町支店のパート社員でございますが、現在はサービスカウンターで正社員の和美さんと並んで仕事をしています。明るい和美さんと一緒の毎日はとても楽しく元気を分けて頂いているいるような気がしております。

和美さんは20歳になったばかりの若さで、高校生の私の娘とさほど変わらない年齢ですのにとてもしっかりしていらっしゃいます。先日ふとしたことから、和美さんのポーチの中を拝見し本当にびっくりしてしまいました。中にはストッキング、裁縫道具から救急絆創膏、胃薬、とげぬき、切手、乾電池にいたるまで小物類がきれいに分類されて収まっていました。あんなに整然としたポーチは今まで見たことがありません。

それからは日頃口の悪い私も最近の若い子はだらしがないなどと文句を言えなくなってしまいました。また、以前家族旅行のお土産にアクセサリーを差し上げたことがあるのですが、丁寧なお礼状が家に届いたのには驚きました。今時こんなにきちんとしたお嬢さんがいるなんて、きっとご両親のしつけが行き届いたご家庭に育ったのでしょうね。

こんなふうに和美さんはとてもきちんとした方ですから、結婚後は仕事も家事もなんなくこなしていけることと安心しております。ここ半年ほどは不規則な勤務時間をやりくりして、お料理教室にも熱心に通っていらっしゃいます。

ただ長年働き続けた先輩主婦としてはひとつだけ不安材料があるんです。それは和美さんが非常に少食だということです。小柄な和美さんですので、私とは食べる量が違うのは当然といえば当然なのですが、それにしても本当に
お食べにならないので心配です。人生は体が資本ですから、食いしん坊の私を見習えとは申しませんが、もう少し食べる量を増やして欲しいと願っています。

和美さんが今日から私と同じ働く主婦になったなんて、また一人仲間が増えたようで嬉しいです。お二人がすばらしい家庭を築かれることを心よりお祈りしてご挨拶とさせて頂きます。本日は本当におめでとうございました。

ポイント
スーパー勤務の新婦に、年長のパート社員が行なうスピーチの例です。二人の間にはかなりの年齢差がありますがパートと正社員なのであくまでも同僚としての態度で話しています。

共働きの新婦にエールを贈る

新婦の美奈子さん、新郎の有馬さん、ご結婚おめでとうございます。本日はおめでたいお席にご招待頂きまして誠にありがとうございました。N市役所に勤務する杉原恭子と申します。2年後輩にあたる美奈子さんとは福祉課でご一緒させて頂いております。美奈子さんが有馬さんと結婚すると聞いた時、祝福の気持ちの一方で、仕事は辞めることになるのかしらと、ちょっと心配になったものでした。なんといっても有馬さんは、この町でも一、二を争う老舗乾物店の若主人でいらっしゃいますものね。

しかし有馬さんの深いご理解を頂いて、美奈子さんはお仕事お続けられると伺っています。先日は「子供が生まれてもずっと仕事は続けますから、先輩よろしく」なんておっしゃっていました。私も嬉しく思っております。

現在、美奈子さんはケースワーカーとして保護世帯の認可給付額の決定などの仕事に取り組んでおられます。世帯ごとの様々な事情と処理規定の板挟みになることはしょっちゅうで、やりがいはありますが精神的に大変な仕事です。

しかし、これからは精神的な大変さは有馬さんと分け合うことができますね。家事も協力しあって仕事と家庭の両立を目指してください。妻だけが家庭のことをやろうとすると結局無理がきて、仕事も家庭もうまくいかなくなることが多いようですよ。私も2歳の子を保育園に預けて仕事をしておりますが、園への送り迎えなどは夫がやってくれるので本当に助かっています。

美奈子さん、有馬さん、お二人の共通部分を大切にされながらどうか素敵なご夫婦になって下さいね。最後になりましたが、お二人の未来に幸多かれとお祈りし私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。

ポイント
専門職の女性と老舗の若主人の結婚の事例です。新婦の意義ある仕事を紹介しながら、家庭との両立を進めるスピーチです。共働きを選択した新婦には同じ立場の先輩からの応援は心強いものです。

結婚までのいきさつを紹介

陽子ちゃん、花嫁姿とっても素敵よ。おめでとう。服部さんもタキシードがよくお似合いですね。私は陽子ちゃんと同じC貿易株式会社の本社総務部に勤務しております安達春香と申します。新郎の服部さんのことも、以前本社にいらした時からよく存じ上げております。

昨年の春「安達さん、私、服部さんからプロポーズされたの」と話してくれた時の陽子ちゃんの涙を忘れることができません。
小・中学校をアメリカで過ごした帰国子女の陽子ちゃんは、からっとした性格のひょうきんな女の子です。その彼女が涙を流すなんて心底嬉しかったのでしょうね。

陽子ちゃんは服部さんのことをずっと思っていたのです。でもいつも明るく、二枚目なキャラクターが邪魔をして、服部さんの前だといつもわざとどじったり、自分を茶化して彼を笑わせてばかりでした。

以前、服部さんが輸入トラブルの処理で本社に詰めていた時期がありました。疲労困憊している彼の前で、陽子ちゃんたらデヴィ夫人のモノマネをするんです。服部さんは半ば呆れながらも大爆笑させられていました。でも私には服部さんを元気づけたいという彼女のいじらしい女心がビンビンと伝わってきたのです。

元来おせっかいな私のこと、そっと彼女の気持ちを服部さんに伝えました。最初のうちは彼はなかなか信じようとはしませんでしたが、3人で食事やゴルフをするうちに彼女の気持ちが本物だと気付いたようです。そして次第に彼女への愛が芽生えていったというわけです。彼女の服部さんを想う気持ちがきっと神様に通じたのでしょうね。

陽子ちゃんは年度末には仕事をやめて家庭に入りますが、彼女なら底抜けに明るい家庭を築かれることでしょう。それからお二人にお願いがあります。お二人を結びつけたキューピッドの私に早く恩返しをして下さいね。素敵な男性を紹介してくださる日を首を長くして待っております。本日は少々言い過ぎがあったかも知れませんが、お二人の愛を見つめ続けてきた者の喜びの言葉としてお聞き逃しください。陽子ちゃん、どうかお幸せに。

ポイント
新婦の日常の明るい振る舞いを強調することによって後半のじーんとくる部分が見事に浮かび上がってきます。最後のお願いもユーモアがあり話し手の人柄がしのばれます。

スポンサードリンク

結婚式のスピーチではなむけの言葉や格言を披露する場合の注意点

スピーチの中で、結婚や夫婦生活や男女の恋愛などに関する名言・格言を披露してはなむけの言葉とするケースもよく見受けられます。

上司という立場上、ただ新婦の人柄やエピソードを披露して終わりでは収まりが悪いと感じる方が、挨拶の中に一つだけ教訓を述べて、言葉の贈り物とするわけです。

あくまで本人の意思によりますが、名言や格言を述べると格段にスピーチらしくなるのは事実ですので、与えられた時間内で披露できるようなら入れることをすすめいたします。

ただし、内容は慎重に検討しないと「余計なおせっかい」や「的外れ」になりかねませんので、日頃から新婦との信頼関係がきちんと築き上げられていて、新婦のことをよく理解できている方のみが行なうようにしましょう。

結婚式のスピーチで気をつけるべき禁句や忌み言葉

新婦の関係者のスピーチの場合は、祝福の気持ちのつもりで「早く赤ちゃんの顔がみたいです」などと出産に期待を寄せるコメントをしてしまいがちですが、近年では価値観の多様化から、結婚しても必ずしも子供を望むケースばかりではないことが珍しくありません。あるいは周囲の人たちが知りえない、出産できない新郎新婦の身体的な事情(病気など)がある場合もありますから、スピーチに取り入れす場合は注意が必要です。

よほど普段から新婦が周囲に対して「結婚したらすぐにでも子供が欲しい」などの話をしているようなケースでしたら、本人も不快な気分にはならないでしょうから問題ありませんが、ひと昔前のように女性なら誰もが結婚したら出産するのが当たり前という風潮は時代とともに変化しているので、冷静な見極めをしましょう。

その他、言い回しに関する注意点は下記の通りです。

【注意したい忌み言葉(いみことば)】
別れる
終わる
離れる
破れる
冷える
飽きる
壊れる
砕ける
死ぬ
滅びる
閉じる
失う
戻る
返す
退く
出る
繰り返す
重ねる
再び
重ね重ね
再度
たびたび
つくづく
重々
さらに
またまた
二度
もう一度
ますます
くれぐれも

【忌み言葉と言い換えの例】
去る → 行く
終わる → お開きにする
切る → ナイフを入れる
帰る → 失礼する

まとめ

今回は結婚式での新婦の上司のスピーチの例文と、はなむけの言葉を話す際の留意事項などをご紹介してきました。

新婦の上司としてスピーチの席に立つあなたは、まるで妹や娘の幸せを祝うような気持ちでこの日の式に臨んでいることと思います。

上司であるあなたが新婦の幸せな門出を心から祝福しているスピーチを披露すれば、仕事上でも信頼できる親代り・兄妹代わりの頼れる存在がいることを知り、親族には大きな感動となって伝わることでしょう。

スポンサードリンク