ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCには様々な美肌効果がありますが、ビタミンCそのものは水に溶け出す水溶性で肌への浸透がよくありません。肌には脂溶性、つまり脂に溶ける性質の成分のほうが浸透しやすいのです。

そこで、ビタミンCのその弱点を補い、肌に浸透しやすい形に改良したものが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCは化学的には「アスコルビン酸」といい、ビタミンC誘導体には下記のようなものがあります。なお、「純粋型ビタミンC」、「天然型ビタミンC」、「持続型ビタミンC」などという言葉が化粧品表示によく使用されていますが、それはメーカーが独自につけた呼称であってビタミンCの正式名称ではありません。「本格派コーヒー」などという呼び方と同じようなものだと思ってください。

ビタミンC誘導体は、以下の1〜4が主なもので、成分表示上の正式名称も、以下のように決められています。

ビタミンC誘導体の種類

  1. リン酸アスコルビル
    ビタミンCにリン酸基がついたもので、脂溶性に近い性格を持つため、浸透がよくなります。マグネシウム型(リン酸アスコルビルMg)とナトリウム型(リン酸アスコルビルNa)があり、どちらも毛穴の開きやシミ、しわ改善などの目的で化粧品によく使用されています。肌に浸透したのち、肌にあるフォスファターゼという酵素でリン酸基がはずれてアスコルビン酸に戻り、美肌効果を発揮します(アスコルビン酸に戻ってからでないと、ビタミンCとして働きません)。
  2. パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
    新型のビタミンC誘導体で、別名APPSもしくはアプレシエと呼ばれています。リン酸基とパルミチン酸基を併せ持ちます。浸透力が従来のものの数十倍もあり、イオン導入したのと同等の効果が期待できるとも言われています。
  3. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
    油溶性ビタミンCと呼ばれるもので、安定性は優れていますが、浸透性はリン酸型よりも劣ります。
  4. アスコルビン酸グルコシド
    グルコシド基がついたものですが、グルコシド基は肌内部ではずれないため、このタイプはビタミンCとしての美肌効果があるのか疑問視する声もあります。

スポンサードリンク