ウイルス性肺炎

ウイルス性肺炎とはどのような症状の病気なのか?

ウイルス性肺炎の症状は、感染したウイルスによって違いますが、主なものとしては、のどの痛み、鼻水、乾いた咳、呼吸困難、チアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になる)などの症状のほか、インフルエンザウイルスによる肺炎では、高熱、頭痛、全身の筋肉痛、関節痛、倦怠感といった全身症状がみられます。

ウイルス性肺炎とはどのような原因で発症するのか?

インフルエンザウイルスや風邪の原因ウイルスであるRSウイルス、アデノウイルス、また麻疹ウイルスなども肺炎を引き起こします。特にインフルエンザウイルスは、小児、高齢者、慢性の呼吸器疾患を持っている人では重症化しやすいので注意が必要です。

ほとんどのウイルス性肺炎は呼吸器系ウイルスによっておこります。ウイルス性肺炎は細菌性肺炎などと比べると比較的軽いものですが、ウイルスによって弱っている患部は細菌感染をおこしやすくなっています。

ウイルス性肺炎の治療法は?

ウイルス性肺炎の治療の際の受診科は、内科、呼吸器内科、外科になります。

ウイルスが外部から肺の中へウイルスが侵入しておこる外因性の場合か、初めから体内に持っているウイルスが肺の中で増殖しておこる内因性の場合かということや、症状によっても違ってきますが、ウイルスそのものに対する治療法はなく、そのため対症療法が中心となります。

インフルエンザウイルスの場合は、ウイルスに直接作用する抗ウイルス薬が有効です。また細菌性肺炎を合併することも多いため、抗菌薬を併用しながら安静にし、保温・保湿に努めましょう。重症の場合は、酸素吸入が行われることもあります。

高齢者や慢性の呼吸器疾患を持つ人などは、インフルエンザの流行期前にインフルエンザワクチンの予防接種をしましょう。

スポンサードリンク