関東から日帰りで行ける滝や渓谷

日帰り旅でも大自然を満喫したい、そんな時は滝や渓谷がおすすめです。今年話題になった千葉の「濃溝の滝」をはじめ、関東近郊の滝や渓谷をご紹介いたします。

スポンサードリンク

関東近郊の日帰りで行ける滝や渓谷

濃溝の滝

洞窟の陰影と光や緑のコントラストがなんとも不思議な景色を作り出している「濃溝の滝」。インスタグラムから一大ブームが巻き起こったことで注目スポットとなっています。絶景涼スポットと名水の里を巡れば、澄んだ水に癒されること間違いなし。神秘的なこの洞窟は迂回した川を結ぶために約350年前に人工的に掘られたものです。光が差し込むのは春と8月から10月の朝。3月と9月の彼岸時は、差し込む光が水面に映りハート型になるおなじみの風景が見られます。

【場所】
千葉県君津市笹1954周辺
【アクセス】
電車:JR上総亀山駅よりデマンドタクシーで約15分。タクシーは要予約(0439-27-3188)になりますのでご注意を。
:館山自動車道君津ICより房総スカイライン県道24号を利用して30分。
高速バス:高速バス・アクシー号安房鴨川駅行き「君津ふるさと物産館」下車徒歩20分。

檜原村滝遍路

約90%を森林が占める秋川源流の里・檜原村(ひのはらむら)に流れる約50の滝は都内屈指の涼感スポットです。東京で唯一「日本の滝100選」に選ばれている払沢の滝(ほっさわのたき)をメインに吉祥寺滝、天狗の滝などを巡るハイキングコースを組み立てて出かけるのがおすすめです。

【場所】
東京都西多摩郡檜原村403
【アクセス】
JR五日市線「武蔵五日市駅」
【電話】
042-598-0069 檜原村観光協会

河津七滝

河津川の上流にある大小7つの滝「河津七滝」(かわづななだる)は、それぞれ趣が異なり見る者を飽きさせません。1.5kmほどの間にすべてが存在するため1〜2時間で充分巡ることができます。七滝沿いにある温泉宿の日帰り入浴もあわせて立ち寄るのがおすすめです。

【場所】
静岡県賀茂郡河津町梨本
【アクセス】
伊豆急行伊豆急行線「河津駅」
【電話】
0558-32-0290 河津町観光協会

南牧村滝巡り

南牧村(なんもくむら)は村内に20以上もの滝が流れる滝の里です。まずは線ヶ滝・三段の滝・象ヶ滝の3名瀑を巡るのがオススメです。8月中旬に大日向橋で開催される400年以上続く県内最大級の火祭り「火とぼし」も名物です。

【場所】
群馬県甘楽郡南牧村
【アクセス】
下仁田IC
【電話】
0274-87-2011 南牧村役場

スポンサードリンク

阿寺渓谷

阿寺渓谷(あてらけいこく)は光によって色を変えるエメラルドグリーンが神秘的な渓谷です。犬帰りの淵や吉報の滝、千畳岩など見どころ満載。上流部には信州の名水・秘水に選定され、顔を洗うと色白美人になれると言われる美顔水も名物です。

【場所】
長野県木曽郡大桑村
【アクセス】
JR中央本線「野尻駅」
【電話】
0264-55-4566 大桑村観光協会

養老渓谷

養老渓谷ではハイキングがとても人気で、涼を感じるなら遊歩道を気軽に散策できる栗又の滝・小沢又の滝を巡るコースがおすすめです。足に自信があるなら中級者向けの梅ヶ瀬渓谷コースも楽しめるでしょう。ぜひ近隣の日帰り温泉も併せて楽しんでください。

【場所】
千葉県夷隅郡大多喜町
【アクセス】
小湊鐵道線「養老渓谷駅」
【電話】
0470-80-1146 大滝町観光協会

尾ノ内渓谷

冬の氷柱で有名ですが、近年は夏のトレッキングスポットとしても注目されています。両神山を源流とする渓谷の途中には、滝や吊り橋など見どころ満載です。土日祝日の10:00〜15:00頃は渓谷入り口にある施設内で地元の人々が、農産物やご当地グルメを販売するのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【場所】
埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢
【アクセス】
西武鉄道西武秩父線「西武秩父駅」
【電話】
0494-79-1100 小鹿野両神観光協会

塩原渓谷

大小100余りの滝と趣ある吊り橋が点在する渓谷です。箒川(ほうきがわ)の渓流沿いを中心に、初心者から上級者まで楽しめる8つのハイキングコースがあります。途中、深く切り立つ渓谷美を眺めつつ、滝や吊り橋を巡りましょう。

【場所】
栃木県那須塩原市塩原前山国有林
【アクセス】
電車:JR西那須野駅よりJRバス関東「塩原温泉バスターミナル」行き約30分
:東北自動車道西那須野塩原ICより国道400号線を塩原温泉方面経由約9km
高速バス:新宿からJRバス関東高速バス那須・塩原号で「もみじ谷大吊り橋」または「塩原大網」へ。
【電話】
0287-32-3050 塩原温泉ビジターセンター

まとめ

今回は関東から日帰りで行くことができる滝や渓谷のおすすめスポットを紹介いたしました。日頃の心と身体の疲れを、マイナスイオンを全身に浴びてすっきりリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク