食べる順番と血糖値の関係は?おすすめの野菜や汁物の食べ順は?

食べる順番を変えるだけでダイエットに効果があるという「食べる順番ダイエット」。いつもと同じものを食べても、食べる順番を変えるだけで痩せられるなら、ほとんどストレスなく実践できそうですし、取り組みやすいダイエット方法のように感じますが、本当に食べ順を変えるだけで痩せることなんてできるのでしょうか?

今回は食べる順番ダイエットについて解説いたします。

スポンサードリンク

食べる順番ダイエットと血糖値は本当に関係があるのか?

食べる順番ダイエットは、体脂肪をできるだけ増やさないようにする、という視点で考えた場合には実は有効な食べ方だと考えられています。

食べる順番としては、

  1. 野菜や汁物
  2. 肉や魚
  3. 米や麺類

となりますが、これは血糖値を上げにくくする食べ順とされています。

ダイエットと血糖値は緊密な関係があります。血糖値が上がると、体からインシュリン(インスリン)というホルモンが分泌されますが、これによって血液中の糖が細胞内に取り込まれ、それが体脂肪となって蓄えられることになります。

そのため、過剰にインシュリンが分泌されないような食べ方が、体脂肪をつきにくくする食べ方になると言えるのです。

血糖値は、食事をすれば急激に上がるというわけではなく、食事に含まれる「糖質」に影響されます。そのため、食物繊維の多いものを最初に食べて、その後に糖質を多く含むもの食べると、それが結果的に太りにくい食べ方になるわけです。

スポンサードリンク

食べる順番で野菜や汁物はこの食べ順がおすすめ

血糖値を上げないための有効な食べ順の基本は

  1. 野菜や汁物
  2. 肉や魚
  3. 米や麺類

だと述べました。主食や肉や魚のおかず(主菜)よりも先に野菜や汁物を食べるのがダイエットには効果的です。

野菜類に多く含まれる食物繊維は、便秘の予防や改善にも効果がある栄養素です。またノンカロリーで満腹感を得ることもできるので食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

また、はじめににサラダを食べることはもちろん太りにくい食べ方ですが、きのこサラダや海藻サラダ、豆サラダなどのように食物繊維を多く含むものを使ったサラダを選ぶことで、さらにダイエット効果が高まります。汁物の具材に使われている食材についても同様に理解しておくと役立つでしょう。

野菜の中で食物繊維が多いものは下記の通りです。

食物繊維を多く含む食品とその量
※分量は小鉢一杯程度換算

豆類
納豆(1パック) 2.7g
野菜類
モロヘイヤ 3.8g
かぼちゃ 3.5g
ごぼう 2.9g
そら豆(茹で) 2.8g
ほうれん草 2.2g
ブロッコリー 2.2g
切り干し大根 2.1g
きのこ類
エリンギ 2.2g
しめじ 1.5g
しいたけ 1.4g
藻類 
干しひじき 4.3g
きざみ昆布 2.0g

まとめ

今回は食べる順番ダイエットについて解説いたしました。様々なダイエット方法がある中で、無理なく始められ、継続もできそうなこの食べ順ダイエット。今までダイエットに取り組んでみたけれど成果がなかった、途中で挫折してしまった、などという方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク