心筋梗塞

心筋梗塞は、心臓を動かしている心筋に十分な血液が行き届かなくなる病気です。心筋に酸素が届かずに細胞が壊死し、突然死を起こすこともある非常に危険な病気です。今回は心筋梗塞について解説いたします。

スポンサードリンク

心筋梗塞とはどのような症状の病気なのか?

心筋梗塞とは、冠動脈が閉塞し心筋細胞が壊死する病気です。狭心症と並んで代表的な虚血性心疾患の病気です。受診する科は循環器内科になります。

症状としては、非常に強い胸の痛みが起こります。胸痛は30分以上続き、締め付けられるような感覚があります。痛みが起こる場所は前胸部中央、胸全体、頸部、背部、左腕、上腹部です。顎、歯、肩への放散痛や胸の圧迫感として感じることもあります。

胸痛以外に、冷や汗、吐き気、嘔吐、呼吸困難があります。また、強い恐怖や不安感を覚え、恐慌状態に陥ることもあります。

冠動脈に動脈硬化が起こると、血管の内腔が狭くなって血流が悪くなり、心筋が虚血状態(血液不足)になります。心筋虚血が一時的で、元の状態に戻ることができる場合には、胸痛が数分程度続く症状が発症します。これが狭心症です。そして、冠動脈が完全に閉塞し、心筋が壊死してしまうと心筋梗塞となります。

高齢者や糖尿病のある人は、胸痛を伴わないこともあるので、普段から体調の変化に気をつけましょう。

喫煙、ストレス、肥満は危険因子です。規則正しい生活、塩分や脂質を抑えたバランスのよい食事、適度な運動が大切です。

心筋梗塞の診断には、心電図、血液検査、心エコー、冠動脈造影検査などが行われます。心電図には、心筋硬塞の急性期に特徴的な変化が現れます。そのため、心電図は心筋梗塞を判定するための非常に重要な検査となります。血液検査では、心筋が破壊されたときに出る酵素(CPK、MB-CPK)を調べます。

【症状】

  • 激しい胸痛(火著で刺されたようなとか、胸の中をえぐられたようなどと表現される強烈な痛み)
  • 冷や汗
  • 吐き気
  • 意識障害
  • 痛みは少なくとも30分以上は続き、ニトログリセリン(冠動脈拡張剤)を使用しても効果はない

スポンサードリンク

心筋梗塞とはどのような原因で発症するのか?

心筋梗塞が起こる原因は、冠動脈が閉塞することです。そのメカニズムとしては、まず、動脈硬化を起こした冠動脈に、動脈硬化性の「プラーク」と呼ばれるかたまりができ、進行するとプラークが破裂して血栓ができます。そして、この破裂部分を修復するために、血小板などの血液を凝固させる成分が集まってきて、これが血栓をより大きくするのです。

大きくなった血栓で冠動脈が完全に閉塞すると、閉塞部から先の心筋に血液が流れずに壊死が始まります。

冠動脈硬化の危険因子には、以下のものがあります。

  • 高血圧
  • 高コレステロール血症
  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 高尿酸血症
  • 高齢
  • 家族歴
  • 肥満
  • ストレス、几帳面な性格
  • 過労
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 激しい運動
  • 男性であること

これらの因子を重複してもっている場合は、定期的な検診を受けることが必要です。また、狭心症から、危険度の高い急性心筋梗塞へ移行するケースも珍しくありません。軽い運動でも発作が起こったり、発作の回数が増えたりするときには注意が必要です。

心筋梗塞の治療法は?

心筋梗塞の治療においてもっとも大切なのは、胸痛を感じた時点で、すぐ医療機関に相談することです。

人間と心臓の構造が近いとされる豚を使用した実験では、心筋への血行が30分止まると11%、2時間止まると96%の心筋が壊死してしまうという結果が出ています。

非常に強い胸痛の影響で、血圧や脈拍が上昇することがあるので、鎮痛薬(塩酸モルヒネ)を用います。抗不整脈薬を導入するために点滴を行い、酸素吸入をしながら心電図モニターで監視を行います。

心筋梗塞を起こした部分を縮小させるために、冠動脈内血栓溶解療法などの再灌流療法を行います。また、狭心症と同様に経皮的冠動脈形成術(PCI)も行われます。

再灌流療法についで、血栓を防ぐためにアスピリン、ヘパリンなどの抗血栓薬を用います。合併症にも注意が必要です。

まとめ

今回は心筋梗塞の症状や原因や治療について解説いたしました。長時間にわたる胸の痛みを感じた時はこの疾患を疑い、すぐに医療機関を受診しましょう。予防としては、他の多くの疾患と同様に生活習慣の見直しが大切です。高血圧の方、喫煙者の方、生活が不規則になりがちな方などは十分にご注意ください。

スポンサードリンク