心不全

心不全とは「心臓のはたらきが低下して十分でない状態」を指す言葉なので、病気の名前ではありません。「運動不足」が病気の名前でないのと同じです。

心不全は、原因や経過などによって様々な状態があります。部位別には左心室の働きが低下する左心不全と右心室の働きが低下する右心不全、起こり方によって急性心不全と慢性心不全があります。

今回はそんな心臓の不調「心不全」について解説いたします。

スポンサードリンク

心不全とはどのような症状を指すのか?

心不全は心臓の収縮力が弱り、全身が必要とする血液(栄養・酸素)量を保てない状態です。発生の違いによって、急性心不全と慢性心不全に分けられます。また、心臓の左右のどちらが不全状態になるかで、体循環系と肺循環系のどちらにうっ血が出現するかが変わり、左心不全と右心不全に分けられ、異なる症状を発症します。

診断は、心エコー検査、肺動脈カテーテル、胸部X線写真、心電図、血液生化学検査などによって行われます。

原因疾患によって違いますが、多くの場合はゆっくりと症状が進みます。突然死の危険もあるので慎重な対応が求められます。

【症状】

急性心不全

急性の心臓病が原因となって、突然、呼吸困難、ショック症状、血圧低下などの症状が現れます。

  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • 尿量減少
  • 意識障害
  • チアノーゼ
  • 頻脈など
  • 起坐呼吸(または起座呼吸:横になるよりも座ったほうが呼吸が楽な状態)

慢性心不全

心機能が長期的に低下します。右心不全では、全身に血液が滞留して、脚に浮腫(むくみ)が現れます。

  • 倦怠感
  • 呼吸困難
  • むくみ(下腿浮腫)

左心不全

左心不全になると、左心系は体循環を担当しているので、内臓の血流が低下し、左房圧上昇による肺うっ血が生じます。

  • 呼吸困難
  • 動悸
  • 起坐呼吸(起座呼吸)
  • 血圧低下
  • 尿量減少
  • 手足の冷感
  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 疲れやすい
  • 意識レベルの低下
  • 咳 など

右心不全

右心不全になると、右心系の機能不全で静脈系がうっ血します。多くは左心系に続発して発症します。

  • 下腿浮腫
  • 肺血流量低下による心拍出量低下
  • 腹水
  • 肝腫大 など

心不全とはどのような原因で発症するのか?

心不全が発症する主な原因は下記の通りです。

【原因】

急性心不全

  • 虚血性心疾患(急性心筋梗塞など)
  • 拡張型心筋症
  • 心臓弁膜症
  • 代謝異常(甲状腺機能亢進症など) など

慢性心不全

  • 心筋梗塞
  • 高血圧
  • 拡張型心筋症
  • 心臓弁膜症
  • 不整脈(頻脈、徐脈)
  • 糖尿病 など

スポンサードリンク

心不全の治療法は?

心不全の主な治療法は下記の通りです。

【治療】

急性心不全

生命に関わるため、緊急の入院治療が必要です。酸素吸入を行い、利尿薬、血管拡張薬、強心薬を使用します。同時に、原因となる心臓病の治療を行います。

慢性心不全

安静にして水分を十分摂り、酸素吸入を行います。在宅酸素療法も行われます。また利尿薬や強心薬、ACE阻害薬などを単体あるいは組み合わせて服用します。

不整脈が見られる場合は不整脈に対する治療も行われますが、単に不整脈を抑える薬を使用するのではなく症状を見ながら慎重に服用薬などは検討されます。

心房内に血流が滞ると血栓ができ、脳梗塞の原因となることもあります。血栓予防としてワルファリン、頻脈に対してジゴキシン、カルシウム拮抗薬、β遮断薬を投与し、徐脈にはペースメーカーを設置します。β遮断薬は心機能を回復させますが、低血圧や徐脈を招き、心不全を一時的に悪化させることもあるので注意が必要です。対症療法とあわせて、原因疾患の治療も行います。

<予防・再発防止のために>

心不全の症状の予防や再発防止のためには次のような点に注意しましょう。

  • 定期的に体重測定を行い、むくみをチエックし、医師の指示により、適度な運動を行いましょう。
  • 浴室、トイレでの急激な温度変化を避けましょう。
  • 薬物の相互作用があるので、他科受診時には薬手帳やペースメーカー手帳などを持参するようにしましょう。
  • 塩分、水分の摂取制限が必要なことがあります。担当医の指示に従い、制限量を守りましょう。
  • 高齢者は自覚症状がなく「なんとなく元気がない」「食欲がない」「ときどき唆込む」「むくみが少し強い」などの症状のため、家族に単なる風邪と判断され、医療機関を受診しないまま突然死を迎えてしまうこともあるので、注意が必要です。
  • 就寝後しばらくしてから苦しくなる「夜間発作性呼吸困難」は特徴的症状です。

まとめ

今回は心不全について解説いたしました。心不全という名は心臓の働きが低下している状態を指すだけの言葉ですので、肝心なのはその原因となっている健康障害や病気に対する適切な治療を行うことです。特に高齢者の場合は単なる体調不良と勘違いされて発見が遅れるケースも珍しくないので、本人、ご家族ともに日頃から心不全に対する理解を深め、小さな異変でも見逃すことがないようにしましょう。

スポンサードリンク