果物の旬はいつ?新鮮で美味しいものの選び方と季節のカレンダー

一年を通してたくさんの種類の美味しい果物を食べることができますが、一番美味しく頂けるのはやはりその果物が旬の時期です。ハウス栽培のおかげで、ほとんどのフルーツがいつでも店頭に並んでいますが、価格も安く美味しく熟しているものが手に入るのはやはり本来の旬の時期と言えます。今回は果物の「旬」について紹介いたします。

スポンサードリンク

果物の旬はいつ?

主な果物の旬は次の通りです。同じ果物でも品種によって時期が違うこともあり、絶対的なものではありませんが、購入される際には目安としてご参考ください。

あんず:6月〜7月

いちご:12月〜6月

いちじく:8月〜11月

梅:6月

オレンジ:国産品は2月〜3月

柿:9月〜11月

かりん:10月〜11月

キウイフルーツ:11月

グレープフルーツ:4月〜6月

さくらんぼ:5月〜7月

ざくろ:9月〜11月

スイカ:7月〜8月

なし:9月〜10月

パイナップル:7月〜9月

バナナ:通年

びわ:5月〜6月

ぶどう:8月〜10月

ブルーベリー:6月〜7月

みかん:11月〜3月

メロン:5月〜8月

桃:7月〜9月

ゆず:10月〜12月

ライチ:6月〜7月

りんご:9月〜11月

スポンサードリンク

果物の新鮮で美味しいものの選び方

美味しいものを選ぶには旬のものというのも大切なことですが、そのフルーツごとの美味しいものの選ぶポイントもあります。見分け方を知っておくと新鮮で美味しいものを見極めることができてとても便利ですよ。

あんず

皮全体に張りがあって傷がなく、身がキュッと締まっているもの。全体がきれいなだいだい色をしていて、形はふっくら丸みがあり、いい香りがするものが良い。

いちご

ヘタはみずみずしくピンとしていて、色は濃い緑色、実は光沢があり、鮮やかな赤色のものが新鮮。ヘタの近くの実の部分が白っぽいものは熟しきっていないので、実全体が色づいているものを選ぶ。

いちじく

皮の色が均一で、しなびていないものを選ぶ。果実のてっぺんが割れて、中の実が見えるくらいになったら食べ頃です。

粒の大きさが揃っていて、表面に虫の食ったあとや傷がないもの。色鮮やかな緑色で、表面がツヤツヤしているものが良い。

オレンジ

ヘタが青々として形が整っていて、皮に張りとツヤがあるもの。皮のキメが粗いものは避ける。持ったときにずっしりと重みを感じるものが美味。

ヘタがピンとしているもの。皮はツヤツヤとして、全体的に濃いだいだい色をしているものが良い。

かりん

皮の色が黄色味の強い黄緑色で均一に色づき、触るとしっとりしていて張りとツヤがあり、産毛がまんべんなく生えているもの。香りが良く、持ったときにずっしりとしているもの。

キウイフルーツ

皮に傷やシミなどがなく、全体を覆っている産毛がピンとしているもの。軽く握った時にやわらかい感じがしたら食べ頃です。

グレープフルーツ

皮が鮮やかな色で、大きいものほどよく成長していて味が良い。持ったときにずっしりと重いものがジューシー。傷やあざがあるものは傷みやすいので避ける。皮のシミは問題ありません。

さくらんぼ

ヘタが青々していて、実は鮮やかな紅色、傷がなく、艶やかで張りがあるものが良い。黒みがかったものは熟し過ぎなので避ける。

ざくろ

ふっくらとして皮に張りがあるものが良品。持ったときに重みを感じるものがジューシー。国産品は熟すと割れるが、輸入品は熟しても割れない種類が多いので、輸入品は割れていないものを選ぶ。

スイカ

皮がツヤツヤしていて、緑と黒のコントラストがはっきりしているもの。実は全体的に鮮やかな赤色をしていて、種はツヤのある黒色のものが良い。

なし

持ったときに重みを感じるもの。やや横にふくらんだものが甘いと言われている。

パイナップル

触った感じが固く締まっていて、上部の緑色は濃く、下は黄色いもの。カット売りの場合は果汁が染み出ていないもの。

バナナ

皮の色が濃いめの黄色で、均等に色づいているものが良品。皮に茶褐色でソバカス状の斑点が出てきたら食べ頃のサイン。

びわ

皮がきれいなだいだい色で、傷がなく艶やかなもの。白い産毛が全体を均等に覆っていて、弾力があり、左右対称に下部がふくらんだものが良い。

ぶどう

枝が緑色のものが新鮮。実の表面には白い粉(ブルーム)がまんべんなく付いていて、粒が隙間なくついているものが良い。

ブルーベリー

実がふっくらとして張りがあり、鮮やかな濃い紫色のものを選ぶ。実の表面の白い粉(ブルーム)が均一のものが良品と言われている。

みかん

皮がツヤツヤとしていて鮮やかなオレンジ色。ヘタは小さく黄緑色のものが新鮮。皮のキメが細かいものが、甘みが強いと言われる。

メロン

網目のある種類は網目がきれいなもの。網目がない種類は表面に傷がなくツヤがあるもの。底の部分がやわらかく、甘い香りがしたら食べごろ。

実に傷がなく、産毛が均等に生え、ヘタのくぼみ周辺が色づいているもの。くぼみが青いものは未熟。

ゆず

皮の表面に張りがあって、鮮やかな濃い黄色のものを選ぶ。傷があると傷みやすく、黒い斑点があったり皮がしなびていたりするものは鮮度が悪いので避ける。

ライチ

うろこ状の表皮のトゲが鋭いほど新鮮。果皮がしっかりして、黒ずんでいないものを選ぶ。

りんご

ヘタの切り口が新しく、皮には傷がなくてツヤがあり、全体的に均等に色づいているものが良い。

旬の果物の一覧カレンダー

果物の各月ごとの旬は柿の通りです。絶対というわけではありませんが、概ねの美味しい時期の目安としてご参照いただければ幸いです。

1月の旬の果物

いちご、みかん

2月の旬の果物

いちご、オレンジ、みかん

3月の旬の果物

いちご、オレンジ、みかん

4月の旬の果物

いちご、グレープフルーツ

5月の旬の果物

いちご、グレープフルーツ、さくらんぼ、びわ、メロン

6月の旬の果物

あんず、いちご、梅、グレープフルーツ、さくらんぼ、びわ、ブルーベリー、メロン、ライチ

7月の旬の果物

あんず、さくらんぼ、スイカ、パイナップル、ブルーベリー、メロン、桃、ライチ

8月の旬の果物

いちじく、スイカ、パイナップル、ぶどう、メロン、桃

9月の旬の果物

いちじく、柿、ざくろ、なし、パイナップル、ぶどう、桃、りんご

10月の旬の果物

いちじく、柿、かりん、ざくろ、なし、ぶどう、ゆず、りんご

11月の旬の果物

いちじく、柿、かりん、キウイフルーツ、ざくろ、みかん、ゆず、りんご

12月の旬の果物

いちご、みかん、ゆず

通年で美味しく食べられる果物

バナナ

まとめ

今回は果物の旬の時期について解説いたしました。旬の食べ物は美味しさも栄養も満点ですので、ぜひ意識的に摂って健康な体作りに役立てましょう。

スポンサードリンク