三叉神経痛とはどんな症状が現れるのか?原因や治療法や薬は?

三叉神経痛は俗に顔面神経痛とも呼ばれているもので、ほとんどが原因不明の特発性のものです。中年以上の人に発症することが多い病気で、顔面の片側が激しく痛みます。あくびやくしゃみ、あるいは寒冷に顔をさらすだけでも症状が引き起こされる非常につらい病気です。今回はそんな三叉神経痛について解説いたします。

スポンサードリンク

三叉神経痛とはどのような症状の病気なのか?

三叉神経痛は、冷たい水で顔を洗おうとしたり、あくびやくしゃみをしたり、化粧やひげ刺り、ときには話をしようとして口を動かしたり、風が頬に当たるなど、ふとしたしぐさやかすかな刺激を受けただけで、顔面をえぐるような鋭い痛みが、顔の片側に走る症状が現れます。数十秒から数分間程度の短い時間ですが焼きごてを当てられたような非常に強烈な痛みを発症します。痛みは鼻や口のまわりが中心ですが、この発作は短い休みを挟みながら繰り返して起こります。

 三叉神経痛は何が原因で発症するのか?

三叉神経は顔面の知覚神経で、左右の顔面の感覚(痛、触、冷、温覚など)を支配しています。目の上から前額を支配する第1枝(眼神経)、上顎から口腔内と皮膚を支配する第2枝(上顎神経)、下顎から口腔内と皮膚を支配する第3枝(下顎神経)に分かれています。

痛みが生じるのは、主として第2枝と第3枝の領域で、血管によって圧迫された三叉神経が疼痛を感じるためです。圧迫による痛みは、隣り合う神経の支配領域まで広がり、脊髄神経の領域である後頭部や肩まで痛みが広がることがあります。

なお、血管の圧迫の原因を調べてみると、副鼻腔炎や、まれに重大な動脈瘤、多発性硬化症、脳腫瘍、帯状疱疹などが関わっていることもあるので、体内の原因をチェックする必要があります。

スポンサードリンク

三叉神経痛にはどんな予防法や治療法や薬があるのか?

三叉神経痛は神経内科、脳外科、ペインクリニックなどで受診します。

痛みの程度や全身症状、年齢、患者本人の希望などにより治療法を選択します。

まず、薬物療法が行なわれます。比較的効果があるとされているのが、てんかんの治療に使用する薬で、痛みの伝達を抑えて症状を軽くするカルバマゼピンという薬の内服です。

そのほかにも効果のある薬はありますが、ときに、眠気、ふらつきなどの副作用もあるので、医師の指導のもとに服用します。

薬で効果が得られない場合で、脳幹部で三叉神経が小動脈に圧迫されているときは、後頭部を切って、手術用顕微鏡で圧迫している血管をずらして三叉神経を減圧することもあります。これを神経血管減圧術といいます。ただし、手術しても再発することもあります。

あるいは三叉神経に針を刺して高周波電流を流す方法や、針の代わりに神経破壊薬を注射する方法もあります。痛みは軽くなりますが、しびれが残ることがあり、1〜2年で再発することもあります。

ほかに、脳の深部の1点に放射線を当てるガンマナイフ治療もあります。痛みが完全になくなる人も多いのですが、痛みの改善はあるものの、薬と併用する必要がある場合もあります。

予防が難しい神経痛の一つですが、疲れやストレスによる自律神経の乱れが関与しているとも考えられています。日頃からバランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠、ストレスをためない生活を心がけ、健康な生活習慣を身につけるようにしましょう。

また、冷えは血行不良によって神経痛の痛みを増長させるので、冬の寒さ対策や夏の冷房対策、そしてからだを冷やさないような食生活をいつも心がけましょう。

まとめ

今回は三叉神経痛の症状や原因や治療法について解説いたしました。つらい痛みはもとより、顔に現れる疾病のため、他者の視線も気になる非常につらい病気です。発症してしまった場合はすぐに神経内科などを受診して治療を開始するようにしましょう。

スポンサードリンク