緑内障とはどんな症状の病気なのか?原因や手術の方法は?

中高年の目の病気というと、ほとんどの人は「白内障」を思い浮かべるかも知れませんが、現在では、白内障よりも「緑内障」(緑内障視神経症)が問題となっています。

かつては失明に至ることもあった白内障ですが、現在では治療で治すことのできる病気になり、代わって今、高齢者の中途失明原因の第1位となっているのが緑内障です。日本人で緑内障になっている人は40歳以上では約20人に1人、70歳以上では10人に一人が緑内障だと言われています。

今回は緑内障の症状や原因や治療法について解説いたします。

スポンサードリンク

緑内障とはどんな症状の病気なのか?

緑内障とは視野が少しずつ狭くなってしまう病気です。視野が狭くなり、見えないところができるなら、気づくはずだと誰もが思いますが、実際には気づかないことが多いのです。人間は両目で物を見ているので、片目の機能が落ちても、もう片方の目で欠けている視野をカバーしてしまう補完の働きがあるためです。

視野の補完の働きは生命活動においては役に立つ機能ですが、皮肉なことにそのありがたい機能が、緑内障の発見を遅れさせてしまうことにつながってしまうのです。

緑内障は、初期の自覚症状がほとんどありません。中期でも新聞や雑誌など、細かな文字が並んだものを見たときに見えにくくて「もしかして?」と気づくことがたまにある程度です。

ものが見えにくい、視野が欠け自動車の運転に支障が出てきたなどの自覚症状に気付いたときには、緑内障がかなり進行していたということが多いのです。

緑内障は何が原因で起こるのか?

何らかの要因で眼球の中の圧力が高まってしまうと、視神経が圧迫され、すり減った状態になるのが緑内障です。

眼圧が上がる原因ははっきりしていませんが、加齢、ストレス、糖尿病、近視、遺伝、打撲などの目のケガなどが関わっていると考えられています。パソコン作業が多い人、タバコの喫煙者、メタボの人などもかかりやすいと言われています。

いずれにしても眼球の中の圧力によって視神経が圧迫されて、視神経がすり減り、視野が欠けてしまうということが起こるのです。

まれに、突然目の痛みや頭痛などの激しい症状が起こる急性のタイプがありますが、ほとんどの場合はゆっくりと経過するのが緑内障の特徴です。

40歳以降では他の目の病気の発見のためにも、年に1回は検診を受けることが推奨されています。緑内障は約30%に家族歴があると言われており、また、近視が強い人にも緑内障が多いことがわかっています。家族に緑内障の人がいる、ご自身が強い近視という方は危険因子を持っていますので、眼科での検診を受けることをおすすめいたします。

スポンサードリンク

緑内障の治療や手術はどんな方法でするのか?

緑内障の早期発見のために、眼科検診を受けることをおすすめします。眼科で眼圧を測る眼圧検査、視神経の状態を調べる眼底検査を受け、さらに必要に応じて視野検査を受けると、緑内障であるかどうかがわかります。

慢性の緑内障には眼圧が正常範囲より高くなる「開放隅角緑内障」(かいほうぐうかくりょくないしょう)がありますが、日本人の場合は多くが「正常眼圧緑内障」です。

正常眼圧緑内障とは、眼圧は正常値内でありながら、恐らく元の眼圧よりもわずかながら高くなってしまって起こると考えられています。

開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障、どちらの場合も目薬で眼圧を下げる治療が行なわれます。一度圧迫されて傷ついてしまった視神経は元に戻すことはできませんが、薬で眼圧を下げることによって進行を止め失明を防ぐのです。

眼圧を防ぐ薬は、現在では何種類も開発されており、患者に合ったものが選ばれます。患者はずっと目薬を使い続けるわけですから、その人にもっとも合った、より安全な薬を選び、適切に使い続けることが必要です。

ところが何種類かの薬を使っても、眼圧がなかなか下がらない、あるいは緑内障が進行してきたという時は手術が検討されます。

手術の方法は、目にバイパスを作り、眼球の中の房水(ぼうすい)という水分を外に出すことで眼圧を下げるという手術です。ただし、何年か後にはそのバイパスが塞がり、再手術となることもあります。

緑内障はその原因解明とともに、視神経を保護する薬の開発が進められており、将来的には、患者一人ひとりの体質や状態に合ったオーダーメイド治療の可能性が期待されています。

緑内障は、かかっても誰もがみな失明してしまうわけではありません。早期に発見して治療すれば失明は防げるのです。ところが発見が遅れると失明してしまうことがあるため、緑内障は早期発見、早期治療が非常に重要な病気だと言えるでしょう。

まとめ

今回は緑内障の症状や原因や治療法について解説いたしました。新聞や雑誌の文字が欠けて見えにくい、と感じた時にはすでに緑内障が進行していることが考えられます。まだ、自覚症状が特にないという方でも、40代以降では年に1回の眼科検診を受けましょう。緑内障対策は早期発見、早期治療に尽きるのです。

スポンサードリンク