栄養の過剰摂取による過剰症

栄養を過剰摂取すると起こる過剰症とその症状一覧

栄養素の摂取量は、多くても少なくても問題があり、すべての栄養素をバランス良く、適量とることが理想的です。

私たち人間の身体に必要な栄養素は約45〜50種類あり、これらを不足なく摂ることは大切です。だからといって、過剰にとることも危険です。不足すれば欠乏症になりますが、反対に摂取し過ぎると過剰症になってしまいます。

栄養素は単体で働くのではなく、ほかの栄養素と共働します。炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素も、いろいろな食品を食べることでビタミンやミネラルが充足し、初めてスムーズに代謝されるのです。

自分に必要な栄養素の量を知り、適量を摂取しやすくするために考えられたのが、食品群や料理群による組み合わせです。多様な食品を摂ってこそ、栄養素が満たされるのです。

スポンサードリンク

栄養素をバランス良く

使う食品数が少なかったり、食品が偏っていたり、欠食したり、食事をおろそかにしてしまうと、栄養素のバランスが乱れやすくなります。

また、特定の食品だけを食べたり、サプリメントに頼りすぎて栄養素をとりすぎてしまうと、過剰症が起こる可能性も出てきます。

現代の食生活では、砂糖類や脂質が過剰摂取されがちです。その反面、食物繊維やビタミン、ミネラルの中には不足しがちなものもあります。

食品群や料理群を活用して、普段の食事をバランス良く食べ、健康な身体を作りましょう。

「新型栄養失調」や「隠れ栄養不足」とは?

バランスの崩れた食事をしていると、必要なエネルギー量(kcal)は足りているのに、たんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養素が不足してしまうことがあります。いわゆる「飢餓」の状態とは違いますが、これも栄養失調のひとつと言えます。「新型栄養失調」「隠れ栄養不足」などと呼ばれ、風邪が長引いたり、傷の治りが遅いといったことが症状が起こりやすくなります。

栄養素 種類 主な過剰症
脂溶性ビタミン ビタミンA 頭痛、脱毛、筋肉痛、胎児の奇形(妊娠中)、肝臓障害など
ビタミンD 全身倦怠感、食欲不振、嘔吐、腎障害など
ビタミンE 通常の食生活では見られない
ビタミンK 通常の食生活では見られない
水溶性ビタミン ビタミンB1 頭痛や不眠、皮膚炎などの報告がある
ビタミンB2 通常の食生活では見られない
ナイアシン 通常の食生活では見られない
ビタミンB6 通常の食生活では見られない
ビタミンB12 通常の食生活では見られない
葉酸 通常の食生活では見られない
パントテン酸 通常の食生活では見られない
ビオチン 通常の食生活では見られない
ビタミンC 通常の食生活では見られない
ミネラル ナトリウム むくみ、高血圧など
カリウム 腎臓病の人以外、通常は見られない
カルシウム 高カルシウム血症、泌尿器系結石、便秘など
マグネシウム 下痢。通常の食生活では見られない
リン 副甲状腺の機能異常など
鉄沈着症、活性酸素の発生を促進して酸化ストレスの原因となるなど
亜鉛 貧血、胃の不快感など。通常の食生活では見られない
通常の食生活では見られない
マンガン 脳への蓄積(パーキンソン病のような症状)が報告されている。通常の食生活では見られない
ヨウ素 甲状腺肥大、甲状腺機能の低下など
セレン 脱毛、爪がもろくなる、糖尿病発症率の増加など
クロム 通常の食生活では見られない
モリブデン 痛風様症状の可能性

スポンサードリンク