脳出血とはどのような症状の病気なのか?原因や治療法や再発予防策は?

脳出血とは脳卒中の一つで、文字どおり脳内が出血する病気です。出血量によっては植物状態になったり、最悪の場合は死亡するケースも珍しくない、非常に危険な病気ですので、基礎的な知識は事前に身につけておきたいものです。今回は脳出血について解説いたします。

スポンサードリンク

脳出血とはどのような症状の病気なのか?

脳出血とは脳の血管が破れ脳の内部に出血する病気です。高血圧の人に多く見られます。出血する部位によっても症状は違ってきますが、ふつう気分が悪くなり、突然手足の動きが悪くなる、ろれつが回らなくなる、口角が下がりよだれが出る、頭がガンガン痛む、めまい、嘔吐を繰り返す、重症になれば大きないびきをかいて昏睡するという症状を示します。

麻痺が起こるのは左右の脳で出血のあった側の反対になります。意識障害は出血部位が大きいほどひどくなり、24時間以上昏睡するととても危険です。脳梗塞よりも危険性が高く、大量出血だと死亡または植物状態になることもあります。抗凝固薬(血栓防止薬)の服用で発症する場合もあります。

「脳溢血(のういっけつ)」や「脳内出血(のうないしゅっけつ)」という呼び方をすることもあります。

【症状】

  • 激しい頭痛
  • 麻痺
  • しびれ
  • めまい
  • 嘔吐
  • 正常にしゃべれない
  • 突然大きないびきをかいて眠ることもある

スポンサードリンク

脳出血が発症する原因は?

脳出血は、動脈硬化によってもろくなった血管に強い圧力がかかり、血管が膨れて微小動脈瘤を作り、それが破裂することで引き起こされます。脳の動脈や静脈の形態異常、血管の病気、血栓防止薬の常用などによって発症することもあれば、原因がはっきりしないこともありますが、高血圧を持つ人の発症率が圧倒的に高い病気です。

【原因】

  • 高血圧や動脈硬化などが原因となって脳の血管が弱くなるため
  • 高血圧の持続による血管の壊死

脳出血の治療法や再発予防策は?

脳出血は軽症でも入院が必要な病気です。症状によって薬剤使用を中心に行なう内科的治療と、手術を行なう外科的治療に分かれます。一般的には内科的治療が行なわれるのが主流です。

脳出血の中でも多いのが、運動や感覚をつかさどる神経が通る部分から出血し、片方の顔と手足が麻痺するような出血です。この場合、症状が中等度より軽ければ、内科的治療を行ないます。

手術をする時は、血腫まで細い針を入れて血液を吸引します(血腫吸引術)。重度の出血になると手術をせずに内科的治療を行いますが、助からない場合もあり、助かったとしても植物状態になってしまうことがあります。

症状が落ちつけば運動機能障害、高次脳機能障害から起きる生活障害に対してリハビリテーションで機能回復へ取り組みます。具体的な予後(手術後の患者の状態や、 病気・創傷の将来的な状態や見込み)としては、身体の片側の筋力低下や麻痺、感覚消失、言語障害などの後遺症が残る場合が多くあります。血腫部位を取り除く手術などを受けている場合はてんかん(けいれん)が後遺症として残ることもあります。

再発予防の為には、高血圧の管理として普段から血圧の大きな変化に注意することが重要です。塩分の多い食事を避け、十分な睡眠と休養でストレスをためない生活を心がけましょう。高血圧が原疾患としてある場合には、服薬によるコントロールが必要になります。記憶障害を起こしている場合は管理に介助が必要となります。

まとめ

今回は脳出血について解説いたしました。後遺症が残ることも多胃ので、発症すれば人生が大きく変わってしまう恐ろしい病気です。特に高血圧の方は発症のリスクが高いので、この機会に生活習慣を見直してみてください。

スポンサードリンク