乾燥した耳垢が止まらない

耳の掃除をするたびに乾燥した粉っぽい耳垢が大量に出てきて困っている方はいませんか?今回はそんな乾燥した耳垢の原因や効果的なお掃除方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

耳垢が乾燥している原因は?

人間の耳垢は湿っぽい人と乾燥しがちな人の2種類に分けられますが、日本人の場合は約8割が乾燥タイプの耳かすだと言われています。

原因は遺伝や汗腺の働き、年齢、外気の湿度などが関係しており個々のケースによって違いますが、湿度などの外的要因と比べて、より深刻な悩みとなるのは体質的な要因からなる乾燥した耳垢ではないでしょうか。

近年では耳掃除はほとんどする必要がないと言われており、するにしても耳の穴の入り口から1cm程度奥まで、といったことを耳鼻科のお医者さんは推奨しているようです。しかし、それは耳穴の環境が健康な人の場合であって、乾燥の度合いが重篤な人の場合はそんな悠長には構えていられないケースがほとんではないでしょうか?

耳垢が乾燥がひどくて粉っぽい上にたまりやすい

耳の穴の乾燥が重症化しているケースでは、耳掃除をしたり、耳の穴に指を入れれば、粉っぽい耳かすが際限なく取れ続けるという症状がみられます。

そこまでのレベルの人ですと、多くの場合は耳たぶなどの外耳部分も乾燥がひどく、耳全体に白く粉がふいている状態であることも珍しくありません。

耳鼻科を受診するのが最善策ですが、セルフケアで症状を軽くすることは出来ないか、まずは考えてみたくなりますよね。次の項では家庭で自分でできる乾燥耳の手入れ方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

乾燥した耳垢の掃除方法おすすめの取り方

乾燥した耳垢がたまりやすい場合の掃除方法はいくつかありますが、よく知られているのはワセリン、グリセリン、ベビーオイル、オリーブオイル(医療用)などの油分を綿棒につけて耳の穴の中を軽く掃除するという方法があります。

耳掃除と言っても綿棒で強くゴシゴシと耳垢をかき取るようなことはしないで下さい。中耳を傷つけてしまう恐れがあります。油分を含ませた綿棒を耳の穴の中へ塗りつけるようにしてください。耳の掃除というよりは、油分を塗る作業だと思って構いません。油分は乾燥した耳カスに吸収され、粉っぽかった耳かすがある程度の大きさの塊に変質しますので、掃除をした翌日に綿棒や耳かきで耳掃除をするとまとまった耳垢が取れやすくなります。

人によってはこの手入れ方法を定期的にすることで、乾燥した耳垢が格段に減ってくることが期待できます。注意点としては頻繁にやりすぎると中耳を傷つけやすいので、1〜2週間に1回程度を目安にしましょう。耳たぶなどの外耳の粉ふきにもこれらの油分を塗布すれば症状は軽減していくことが期待できます。

もう一つおすすめのやり方があります。消毒剤として使用されている「オキシドール」を耳に優しく塗布してみて下さい。白くふいた粉がかなり軽減されることが期待できます。ワセリンなどの油分が耳かすに吸収されて塊に形を変えるのとは違って、オキシドールの場合は耳かすの発生自体を抑制する効果が高いようで、粉状の耳垢そのものが人によっては激減することもあります。ベトベトしない分だけ取り扱いが容易なのも嬉しいですね。耳たぶなどの外耳まで白く粉がふいている方の場合は、外耳にもオキシドールを塗布すると粉吹きが軽減される可能性があります。

どちらかの方法を試してみて、効果が高い方のケアをしばらく継続して様子を見てみてください。

ほとんどの方はどちらかの方法で、耳鼻科にに行くほどではないレベルまで軽減されるかと思います。

まとめ

今回は乾燥した耳垢が多いケースの原因や対策を紹介してきました。掃除方法については効果に個人差がありますので、実践いただいても改善が見られない場合は早めに耳鼻科に相談するようにしてください。この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク