生活習慣病にはどんな種類があるのか?その原因や予防のための対策は?

ひと昔前には「成人病」と呼ばれ、昭和30年代に当時の厚生省が「40歳前後から死亡率が高くなり、中年から老年期にかけて多発する重大な疾患」として提唱したのが現代における「生活習慣病」です。文字通り、様々な生活習慣がきっかけとなり重篤な病気を発症します。今回はそんな生活習慣病について解説いたします。

スポンサードリンク

生活習慣病にはどんな種類があるのか?

生活習慣病に分類される病気は実に多くの種類があります。
肥満、高血圧、糖尿病、痛風、動脈硬化、狹心症、心筋梗塞、脂肪肝、胆石、歯周病、食道がん、胃がん、大腸がん、高脂血症、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がん、喉頭がん、咽頭がん、食道がん、胃がん、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、高脂血症、歯周病、アルコール性肝疾患(肝硬変、脂肪肝など)、胃潰瘍などが生活習慣病と呼ばれる疾患です。

生活習慣病にはどんな原因があるのか?

病気には、

  • 遺伝要因
  • 生活習慣要因
  • 外部環境要因

の三大要因がありますが、この中で、病気の発症に最も影響が大きいものの、自らの努力で改善が可能なのが「生活習慣要因」です。かつての「成人病」という呼称から1990年代後半に「生活習慣病」に改称されたのも、該当する病気が生活習慣によって引き起こされるものであり、逆に言えば生活習慣の改善が、病気の予防につながる疾患であることを国民に呼びかけるためだと言われています。食習慣、運動習慣、タバコ、飲酒などが生活就活習慣病の大きな要因となるのです。

スポンサードリンク

生活習慣病の予防策や対策は?

生活習慣と病気は深い因果関係があります。生活習慣病は食べ過ぎや偏った食習慣、運動習慣、タバコ、飲酒などの偏った生活習慣に関連して起こるのです。

日々不摂生を積み重ねていると、やがて肥満や高血圧、高脂血症、脂肪肝などいろいろな病気が、現れ始めます。これらの病気はほとんど自覚症状がなく、当事者の素人判断では大した異常ではないと考えてしまいがちです。ところが、それらが寄せ集まってしまうとがんや心臓病、脳卒中といった重大な病気へとつながってしまうのです。大切なのは、これら病気の元になっている偏った生活習慣をいかに改善するかということです。表面化した病気だけを治療しようとしても、完全に治すことはできません。生活習慣病を起こさないために、原因となる肥満や高血圧、高脂血症、高血糖などをチェックして、発症の要因になっている偏った生活習慣自体を改善することが最も重要なのです。

生活習慣病は、かつては「成人病」と呼ばれ、中高年をイメージした成人の病気と考えられていました。しかし、最近は子供にも成人病と同じような病気の症状が増加傾向にあり、生活習慣に大きく影響されていることがわかってきています。生活習慣病は、中高年になると誰でもかかるという病気でもなければ、若いうちはかからないと安心していられる病気でもないのです。年齢や性別ではなく、あくまでも要因となるのは生活習慣ですので、日々の心構えや規則正しい生活習慣を送ることで予防が可能な病気なのです。

生活習慣病の原因と予防策

生活習慣 生活習慣病 予防策
食べ過ぎ
や偏食
など
肥満、高血圧、糖尿病、痛風、動脈硬化、狹心症、心筋梗塞、脂肪肝、胆石、歯周病、食道がん、胃がん、大腸がん 食習慣の改善(バランスのとれた食事など)。
運動不足など 肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病 運動習慣の改善(適度な運動の習慣化など)。
喫煙 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がん、喉頭がん、咽頭がん、食道がん、胃がん、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、高脂血症、歯周病 禁煙
飲酒 アルコール性肝疾患(肝硬変、脂肪肝など)、胃潰瘍、食道がん、糖尿病 飲酒量を減らす

まとめ

今回は「生活習慣病」の種類や原因や予防策について解説いたしました。偏った生活習慣が原因となって発症するのが生活習慣病ですので、予防策は単純にその元凶となる偏った生活習慣を見直すことに尽きると言えるでしょう。今は健康なあなたも、食生活や運動習慣やお酒やタバコなど、生活習慣を今一度見直してみてください。

スポンサードリンク