レビー小体型認知症とはどのような症状の病気なのか?原因や治療法は?

いくつかある認知症の中でも幻視や幻聴が顕著に現れるのがレビー小体型認知症です。アルツハイマー型認知症に比べると耳にする機会は少ないかもしれませんが、高齢者の認知症患者のうちの2割を占めるほどの身近な認知症です。今回はレビー小体型認知症について解説いたします。

スポンサードリンク

レビー小体型認知症とはどのような症状の病気なのか?

レビー小体型認知症は、パーキンソン症状を伴う認知症です。レビー小体と呼ばれる特殊な物質が、大脳皮質の神経細胞に広く見られます。記憶力や注意力の低下のほか、はっきりとした、具体的な幻視を繰り返し見ることが特徴の一つです。

日本では高齢者の認知症の20%を占めるといわれていますが、40歳くらいでも発症することがあります。DLBともいいます。

意欲や注意力が低下して、1日中ぼーっとしていたり、寝ていたりすることもあれば、特に夕方になると、実際にはありえないのに、子供がそこに座っている、大きなクモが壁を這い回っているというような生々しい幻視や妄想を生じます。また、歩きにくい、不器用になる、動きが遅くなるなどのパーキンソン病のような症状も伴います。

自律神経が障害され、立ち上がったときに血圧が低下して失神することも起こります。ただし、日によって症状が変動し、まったく問題なくみえる場合もあります。

【症状】

  • パーキンソン症状
  • 幻覚・幻聴:実際にはないものが見えたり聞こえたりする
  • 体感幻覚:皮膚の知覚に対する幻覚(背中を虫が這っているなど)
  • 自律神経症状:起立性低血圧、便秘、倦怠感など
  • 抑うつ症状:気分がふさぎこみ、悲観的になる
  • 記憶障害は比較的軽度で、パーキンソン症状が目立つ

スポンサードリンク

レビー小体型認知症はどのような原因で発症するのか?

レビー小体型認知症は、パーキンソン病で中脳に溜まるレビー小体と言われるたんぱく質が大脳皮質にも現れることで発症しますが、なぜ、そのような異常な構造物が溜まる現象が起こるのかは解明されていません。

【原因】

  • 不明(大脳の神経細胞にレビー小体という特殊な物質が現れる)

レビー小体型認知症の治療法は?

レビー小体型認知症は、早期発見、早期治療が大事で、認知症が現れる前に、抗精神病薬や抗パーキンソン病薬を使用して、神経症状やパーキンソン病の治療をすると、その後の介護も楽になります。

なお、抗精神病薬がパーキンソン病を悪化させ、抗パーキンソン病薬は精神症状を悪化させやすいので、医師の管理のもと、様子を見ながら調整していきます。アルツハイマー病の治療薬であるアセチルコリンエステラーゼ阻害薬を使用します。

症状の変動が激しく、日や時間帯によっては、問題なく過ごせることもあります。また、パーキンソン病状を伴うため、進行には注意が必要です。つまずいたり転びやすくなりますので、後ろから突然声をかけるようなことは避けましょう。

幻視や幻聴は本人にとっては現実に怒っている事象なので、他者が否定することは無意味です。絶対に否定せずに合わせることが大切になります。感情的に対応すると、混乱して妄想に発展することもあります。対策としては室内の照度を一定にして、影のできる場所を少なくしたり、壁の図柄をシンプルなものにするなどの工夫をこらすことで幻視が軽減することもあります。

日常生活の中で役割をもったり、外出やレクリエーションなどを行なうと、抑うつ気分からリフレッシュができるので積極的に行いましょう。

【治療】

  • 認知症の治療
  • パーキンソン病の治療
  • 幻覚、妄想に対する治療

が必要です。症状にあわせた薬を服用するほか、パーキンソン病状に対するリハビリを行います。

まとめ

今回はレビー小体型認知症について解説いたしました。幻覚や幻聴は他者には理解しづらいものですが、本人にとっては紛れもなく現実の世界で起こっている出来事なので、決して否定はしないようにしましょう。幻覚が起こりにくいように屋内の環境を落ち着いたものにし、仮に起こった場合には受容し、寄り添う気持ちが求められます。

スポンサードリンク