手紙の時候の挨拶 9月の例文

長かった夏休みも終わりを告げ新学期が始まります。日中は日差しの強い日もありますが、朝夕の風や虫の音など秋が近いことを感じさせてくれます。

昔から二百十日、二百二十日の言い伝えがある9月は、台風が多く降水量の多い月です。集中豪雨の被害などのニュースが知らされたらすぐに安否や被害状況を尋ねます。

第3月曜日は敬老の日です。高齢になると、人との触れ合いが恋しくなるものですので、元気な顔を見せてあげたり、声を聞かせてあげたり、お便りを出してあげるのが何よりの励みであり楽しみになります。

スポンサードリンク

手紙の時候の挨拶9月の例文

手紙の一番最初に書くのが時候の挨拶だと思いがちですが、実際には一番はじめにくるのは「頭語」(または冒頭語、起首、起筆)と呼ばれる言葉です。「拝啓」や「前略」などです。頭語に対して一番最後に書くのが「結語」です。「敬具」や「草々」や「かしこ」などです。手紙の本文は頭語と結語に挟まれた形になります。

頭語の一例

【一般的な手紙の場合】

・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・啓上(けいじょう)
・一筆申し上げます(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】

・謹啓(きんけい)
・謹呈(きんてい)
・恭啓(きょうけい)
・謹んで申し上げます(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・前略(ぜんりゃく)
・冠省(かんしょう)
・前文お許しください
・前略失礼いたします
・前略ごめんください(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】

・急啓(きゅうけい)
・急呈(きゅうてい)
・急白(きゅうびゃく)
・取り急ぎ申し上げます(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】

・拝復(はいふく)
・復啓(ふくけい)
・謹復(きんぷく)
・お手紙拝見いたしました(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】

・再啓(さいけい)
・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます
・たびたび失礼ながらお便り申し上げます(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・初めてお便りを差し上げます
・突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください(※差出人が女性の場合)

 

9月の時候の挨拶の一例

頭語に続いて書く文が「時候の挨拶」と呼ばれる四季折々の短い挨拶文です。

・初秋(しょしゅう:9月8日まで)
・新秋(しんしゅう:9月8日まで)
・新涼(しんりょう:9月8日まで)
・涼風(りょうふう:9月8日まで)
・孟秋(もうしゅう:9月8日まで)
・秋涼(しゅうりょう:9月8日以降)
・白露(はくろ:9月8日〜9月22日まで)
・爽秋(そうしゅう:9月中旬以降)
・野分(のわき:9月末まで)
・秋気(しゅうき:9月上旬)
・秋晴(しゅうせい/あきばれ:9月8日以降)
・清涼(せいりょう:9月末まで)
・秋冷(しゅうれい:9月23日以降)

「〇〇の候」、「〇〇のみぎり」といった使い方をします。時候の挨拶の後には

・お変わりございませんか
・お変わりなくお過ごしのここと存じます
・皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

などの「安否の挨拶」が続くのが一般的です。

頭語、時候の挨拶、安否の挨拶が一つになると

拝啓 初秋の候、お変わりございませんか。」のような冒頭の文章が完成します。

スポンサードリンク

手紙の書き出し9月の例文

「頭語」「時候の挨拶」に続く書き出しの文例を紹介いたします。文によっては安否の挨拶を続けると違和感が生じる文例もありますので、臨機応変に改変されてみてください。

・長かった夏休みもようやく幕を閉じました。
・今年の夏は暑かったですね。
・新学期が始まり近所の小学校から元気な声が聞こえてきます。
・日中はまだまだ暑さが残っておりますが、朝夕はようやく凌ぎやすくなりました。
・夜になると虫たちが秋の音楽を奏でています。
・朝夕肌寒く、この間までの夏の暑さが嘘のようです。
・コスモスが秋風に揺れる頃となりました。
・ひんやりとした風が吹き、もう季節が変わろうとしています。
・秋晴れの爽やかなお天気が続いています。
・澄み渡った空に秋の雲が浮かんでいます。
・海を訪れる人もなく、砂浜にも秋が訪れました。
・暑さ寒さも彼岸までの言葉通り涼しくなってまいりました。
・台風銀座の当地には珍しく、今年は大した被害もなく無事に二百十日を過ぎました。
・日に日に秋らしくなっています。

手紙の結び9月の例文

・残暑が続いておりますが、くれぐれもお体を大切になさってください。
・季節の変わり目です、体調を崩しやすい時期ですので十分にご自愛ください。
・実り多き秋となりますようお祈りしております。
・本格的な紅葉の季節になりましたら一緒にハイキングでも出かけましょう。
・〇〇ちゃんの運動会での活躍を期待しています。
・今年も是非ぶどう狩りにいらしてくださいね。
・今しばらくは残暑の日々が続きそうです。お体をくれぐれもおいといください。
・今年の残暑はことのほか体にこたえますが、どうぞ御身を大切にお過ごしください。
・夏のお疲れが出ませんように、くれぐれもご自愛ください。
・お体に気をつけて、お元気で秋の好季節をお迎えください。
・朝夕めっきり涼しくなってまいりました。お風邪など召しませぬようご用心ください。
・朝晩はずいぶんと冷えるようになりました。どうかお体におさわりのないようご自愛ください。
・季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈りいたします。
・爽やかな秋を満喫なさいますよう、お祈りいたしております。
・実り多き秋を存分に楽しまれますように。
・好季節を迎え、ますますご活躍くださいますことを期待しております。
・今年は作物の出来もよろしいようですが、ご家族の秋も実り多きものになりますよう、お祈り申し上げます。
・台風被害のご災厄から、一日も早く立ち直られることをお祈りいたしております。
・お彼岸にはお墓参りさせていただきます。
・「暑さ寒さも彼岸まで」と申します。しのぎやすい秋の到来まで、どうかご体調にご留意くださいますよう、お祈り申し上げます。
・来月は近代美術館で「〇〇展」が開催されるそうです。ぜひご一緒したいものですね。

結語の一例

結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。

【一般的な手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】
・謹言(きんげん)
・謹白(きんぱく)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・ 草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】
・草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・不備(ふび)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・拝答(はいとう)
・敬答(けいとう)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝具(はいぐ)
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

まとめ

今回は9月の手紙の時候の挨拶の例文をご紹介いたしました。厳しい夏がようやく終わりを告げ、過ごしやすくなったこの季節に、大切な方にお手紙を書いてみるのもきっと喜ばれますよ。敬老の日は日頃甘えっぱなしのおじいちゃん、おばあちゃんに、孫からお礼といたわりの手紙が届いたらかけがえのないプレゼントにもなりますね。

スポンサードリンク