手紙の時候の挨拶10月の例文

10月は暑からず寒からず空気もさわやかで1年で一番過ごしやすい時期です。

「スポーツの秋」、「芸術の秋」など秋を形容する言葉が多いのは、秋が物事に打ち込むにふさわしい快適な気候だからでしょう。

体育の日とその前後の日曜日には、各地で運動会・体育祭が催されます。また文化の日を控えて学芸会や文化祭も盛んに行なわれる頃でもあります。

ピアノやバレエなどお稽古ごとの発表会には日頃の成果を見に行ってあげることが一番です。旧暦のお月見を過ぎる頃からは秋風も身に染みて、自然界はそろそろ冬の支度にとりかかります。

スポンサードリンク

手紙の時候の挨拶10月の例文

手紙の一番最初に書くのが時候の挨拶だと思いがちですが、実際には一番はじめにくるのは「頭語」(または冒頭語、起首、起筆)と呼ばれる言葉です。「拝啓」や「前略」などです。頭語に対して一番最後に書くのが「結語」です。「敬具」や「草々」や「かしこ」などです。手紙の本文は頭語と結語に挟まれた形になります。

頭語の一例

【一般的な手紙の場合】

・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・啓上(けいじょう)
・一筆申し上げます(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】

・謹啓(きんけい)
・謹呈(きんてい)
・恭啓(きょうけい)
・謹んで申し上げます(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・前略(ぜんりゃく)
・冠省(かんしょう)
・前文お許しください
・前略失礼いたします
・前略ごめんください(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】

・急啓(きゅうけい)
・急呈(きゅうてい)
・急白(きゅうびゃく)
・取り急ぎ申し上げます(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】

・拝復(はいふく)
・復啓(ふくけい)
・謹復(きんぷく)
・お手紙拝見いたしました(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】

・再啓(さいけい)
・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます
・たびたび失礼ながらお便り申し上げます(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・初めてお便りを差し上げます
・突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください(※差出人が女性の場合)

 

10月の時候の挨拶の一例

頭語に続いて書く文が「時候の挨拶」と呼ばれる四季折々の短い挨拶文です。

・仲秋(ちゅうしゅう:10月上旬まで)
・爽涼(そうりょう:10月23日頃まで)
・夜長(よなが/ちょうや:9月下旬〜11月上旬まで)
・秋雨(しゅうう/あきさめ:9月下旬~10月中旬まで)
・秋麗(しゅうれい/あきうらら:10月末まで)
・菊花(きくか/きっか:10月上旬~11月中旬)
・清秋(せいしゅう:10月末まで)
・紅葉(こうよう/もみじ:10月8日〜10月末まで)
・錦秋(きんしゅう:10月末まで)
・初霜(はつしも:10/24頃~11/7日頃 ※地域差あり)
・寒露(かんろ:10月8日頃~10月23日頃)
・霜降(そうこう:10月23日頃~11月6日頃)

「〇〇の候」、「〇〇のみぎり」といった使い方をします。時候の挨拶の後には

・お変わりございませんか
・お変わりなくお過ごしのここと存じます
・皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

などの「安否の挨拶」が続くのが一般的です。

頭語、時候の挨拶、安否の挨拶が一つになると

拝啓 仲秋の候、お変わりございませんか。」のような冒頭の文章が完成します。

スポンサードリンク

10月の手紙の書き出しの例文

「頭語」「時候の挨拶」に続く書き出しの文例を紹介いたします。文によっては安否の挨拶を続けると違和感が生じる文例もありますので、臨機応変に改変されてみてください。

・朝夕はかなり冷え込んでまいりました
・公園に小菊が色とりどりに咲き乱れています。
・菊も見頃となりました。
・近所の神社では菊花展が始まりました。
・秋の味覚が出揃い、食が進む季節になりました。
・秋の日はつるべ落としと申しますが。
・日がだんだん短くなってきました。
・お月見には絶好の季節になりました。
・松茸は今年も高値のようですね。
・急に冷え込み、紅葉が一段と鮮やかになりました。
・先日ぶどう狩りに出かけました。
・我が家の柿は今年は豊作です。
・穏やかな小春日和が続いています。
・秋雨に肌寒さが身にしみます。
・秋晴れの爽やかな日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。
・清々しい好天が続き、健やかに毎日をお過ごしのこととお伺い申し上げます。
・澄み渡る空気が心地よく感じられる今日この頃でございます。
・気持ちのいい秋風が吹き渡る頃となりました。
・麗らかな小春日和が続いております。
・朝夕はめっきり冷え込むようになりました。お体の調子はいかがですか。
・秋気が肌にしみる季節となりましたが、お健やかにお過ごしでしょうか。
・秋冷が爽快に感じられる、いい季節を迎えました。お元気にご活躍のことでしょう。
・秋たけなわの好季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
・秋空が高く澄み渡り、さわやかな気分を満喫する日々です。
・夜空に月の姿が冴え渡る頃となり、秋たけなわを実感いたします。
・月影さやかに、凛とした美しさを見せる秋の夜に一筆申し上げます。
・紅葉の便りが聞かれる頃となりました。
・菊が香り立つ季節を迎えました。
・秋も深まってまいりましたが、皆様お変わりなくお元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
・野山が秋の色に染まり始め、日々その色合いを濃くしていきます。
・木々の葉も鮮やかに色づき始めました。
・窓から見える〇〇山が紅葉に染まって息を呑むような美しさです。
・錦繍の名にふさわしい、美しい紅葉が楽しめるころとなりました。
・遠くに望む山々が錦繍に彩られる季節となりました。
・秋の気配が色濃くなってまいりました。
・紅葉真っ盛りとなり、野山がすっかり秋の色に覆われています。
・すすきの穂の輝きが、黄金色から白く変わる頃となりました。
・銀杏の葉が金色に染まり、秋もいよいよ暮れようとしています。
・冷たい秋風が心にも染み渡る、しみじみとした季節を迎えました。
・静かに更けゆく秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか。
・秋の日はつるべ落としと申しますが、本当に急に日足が短くなった昨今です。
・落ち葉がハラハラと冷たい風に舞う季節となりました。
・秋も深まり、街路樹の落ち葉が散り始めております。
・街ゆく人々の胸に、赤い羽根が揺れる季節となりました。
・虫の音に秋の深まりを感じるこの頃です。
・かそけき虫の音に、そこはかとない寂しさを感じる秋の夜長です。
・柿の実が日に日にその赤さ増していくこの頃でございます。
・錦繍の候となりましたが、御地の紅葉も今が見頃でしょうか。
・秋たけなわとなり、明日は子供の運動会です。
・近くの小学校で開かれている運動会の歓声がわが家にも届いてきます。
・秋祭りたけなわの昨今、御地の〇〇祭りも大勢の人でにぎわったのでしょうね。
・異国情緒あふれる、長崎おくんちの様子をテレビで見ていたら、旅に出かけたくなりました。
・新米のもちもちとした味わいを堪能できる季節になりました。
・米袋に貼られた「新米」のシールに思わずニッコリ。自然の恵みに感謝したい気持ちでいっぱいになりました。
・故郷から届く宅配便には、香り豊かな秋の実りがいっぱいに詰め込まれていました。
・実りの秋を迎え、収穫にお忙しい日々をお過ごしのことと存じます。
・秋空に冴え渡る月を愛でながらの新酒、つい杯が進んでしまいます。
・実りの秋、そして食欲の秋となりました。お料理上手のあなたのことですから、秋の味覚で食卓を彩っていらっしゃることでしょう。
・自然の恵みを食卓で満喫する幸せは何物にも代えがたい秋の喜びです。
・行楽シーズン真っ盛りですが、ご家族で楽しい休日をお過ごしのことと存じます。
・スポーツの秋、青空のもと、健康づくりにお励みのことと存じます。
・今日は体育の日。久々に気持ちのいい汗を流しましたが、明日の筋肉痛が少し心配です。
・スポーツの秋と意気込んで、ジョギングを始めましたが、体力の衰えを実感し複雑な思いです。
・菊花展ももうすぐですね。ご丹精なさっている鉢の様子はいかがでしょうか。
・紅葉を求めて、今日は〇〇山を歩いて参りました。
・散歩の足がつい伸びる麗らかな秋晴れの日が続いております。
・道を歩いていると、甘い金木犀の香りが漂ってきて、思わず足をとめました。
・セーターやコートの恋しい季節となりました。
・ここ数日はめっきり冷え込んで、スーパーでもおでんや鍋物の材料に目がいきます。
・熱々のココアがことのほか美味しく感じられる秋冷の候となりました。
・秋冷厳しく物憂い気分なので、コートを新調して気分を盛り立ててみました。
・静かな秋の夜は、なんとなく人恋しい気分になるものですね。
・昨日、作品展を拝見いたしました。芸術の秋にふさわしい大作、本当にお見事でございました。
・菊薫る好季節に、お嬢様の晴れの門出、誠におめでとうございます。
・錦繍の祝福を受けながらのご子息様のご結婚を、心よりお祝い申し上げます。
・当地では一ヶ月繰り上げて七五三を行なうため、この日曜日、神宮はお参りの家族連れで大賑わいでした。

手紙の結び10月の例文

・紅葉の季節を大いに楽しみましょう。
・朝晩は冷え込むようになりました。お体には十分お気をつけ下さいませ。
・日増しに肌寒くなっていく時期ですので、お風邪など召しませんように。
・秋の夜中とは言え睡眠を十分にお取りになって、ご壮健にお過ごしください。
・ご趣味の美術館鑑賞にぴったりの季節ですね。秋を存分にお楽しみください。
・味覚の秋、食べ過ぎて太ってしまうのが怖いです。スリムな〇〇さんが羨ましいです。
・〇〇山の紅葉は来週あたりが見頃のようです。お時間がありましたら是非お越しくださいませ。
・紅葉に彩られる好季節を、どうかお健やかにお過ごし下さいますように。
・実りの秋を満喫して、どうぞお元気にお過ごしください。
・朝晩はめっきり冷え込むようになりました。お風邪などお召しになりませんよう、くれぐれもご自愛ください。
・秋冷の加わる折から、お体にはくれぐれもお気をつけくださいますよう。
・日増しに肌寒くなっている時期です。お体を大切になさってくださいね。
・気候不順の折から、お体に気をつけてご壮健にお過ごしください。
・お互い健康に留意して、秋を存分に楽しみましょう。
・秋の夜長とはいえ、睡眠は充分にお取りになって、お健やかにお過ごしください。
・読書にスポーツにと、実り多い秋をお過ごしくださいますよう。
・味覚の秋ですが、お互い体重管理と健康管理には十分に注意いたしましょう。
・美しい紅葉に彩られての、晴れの門出を心よりお祝い申し上げます。末永くお幸せに。
・たわわな秋の実りのような、充実した家庭をお築きになられますようお祈りいたしまして、まずはお祝いを申し上げます。
・山の紅葉は来週あたりが最盛期のようです。よろしければご一緒しませんか。
・まもなく〇〇山の紅葉も盛りを迎えます。ご家族でぜひお出向きくださいませ。
・熱燗の恋しい季節となり、たまにはしみじみと酒を飲んで語り合いたい気分です。ご都合お知らせ下さい。
・熱燗が美味しい季節になりました。お互い飲み過ぎに気をつけつつ、晩酌を楽しみましょう。

 

結語の一例

結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。

【一般的な手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】
・謹言(きんげん)
・謹白(きんぱく)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・ 草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】
・草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・不備(ふび)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・拝答(はいとう)
・敬答(けいとう)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝具(はいぐ)
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

まとめ

今回は10月の手紙における時候の挨拶の例文をご紹介いたしました。食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、話題には事欠かない季節ですので、あなたや家族の近況をお手紙で知らせてあげるのも楽しいのではないでしょうか?連絡のやり取りは100%スマホで完結してしまっている方が多いですが、たまにはお手紙を書いてみるのも気分転換にもなって良いですよ。

スポンサードリンク