手紙の時候の挨拶3月の例文

3月は卒業シーズン、学生のお子さんをお持ちのご親族に卒業祝いのお手紙を書くという方も多いのではないでしょうか?また、高校生のお子さんが大学進学や就職など進路が決まり、ご家族はもとより、本人に手紙を出すというケースも多いかと思います。年度末なので、ご年齢によっては定年退職を迎えた方に送るねぎらいの手紙もあるでしょうし、3月は何かと手紙の出番が多い月ですね。今回は3月の手紙の時候の挨拶について紹介いたします。

スポンサードリンク

手紙の時候の挨拶3月の例文

手紙の一番最初に書くのが時候の挨拶だと思いがちですが、実際には一番はじめにくるのは「頭語」(または冒頭語、起首、起筆)と呼ばれる言葉です。「拝啓」や「前略」などです。頭語に対して一番最後に書くのが「結語」です。「敬具」や「草々」や「かしこ」などです。手紙の本文は頭語と結語に挟まれた形になります。

頭語の一例

【一般的な手紙の場合】

・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・啓上(けいじょう)
・一筆申し上げます(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】

・謹啓(きんけい)
・謹呈(きんてい)
・恭啓(きょうけい)
・謹んで申し上げます(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・前略(ぜんりゃく)
・冠省(かんしょう)
・前文お許しください
・前略失礼いたします
・前略ごめんください(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】

・急啓(きゅうけい)
・急呈(きゅうてい)
・急白(きゅうびゃく)
・取り急ぎ申し上げます(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】

・拝復(はいふく)
・復啓(ふくけい)
・謹復(きんぷく)
・お手紙拝見いたしました(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】

・再啓(さいけい)
・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます
・たびたび失礼ながらお便り申し上げます(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・初めてお便りを差し上げます
・突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください(※差出人が女性の場合)

 

3月の時候の挨拶の一例

頭語に続いて書く文が「時候の挨拶」と呼ばれる四季折々の短い挨拶文です。

早春(そうしゅん:3月上旬まで)
浅春(せんしゅん:3月上旬まで 早春と同じ)
孟春(もうしゅん:3月上旬まで 早春と同じ)
春寒(しゅんかん:3月上旬から中旬)
仲春(ちゅうしゅん:3月6日〜下旬)
春分(しゅんぶん:3月21日〜下旬まで)
春暖(しゅんだん:暖かくなってきた頃)
春雪(しゅんせつ)
解氷(かいひょう:3月中旬頃まで)

「〇〇の候」、「〇〇のみぎり」といった使い方をします。時候の挨拶の後には

・お変わりございませんか
・お変わりなくお過ごしのここと存じます
・皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

などの「安否の挨拶」が続くのが一般的です。

頭語、時候の挨拶、安否の挨拶が一つになると

「拝啓 早春の候、お変わりございませんか。」のような冒頭の文章が完成します。

スポンサードリンク

手紙の書き出し3月の例文

「頭語」「時候の挨拶」に続く書き出しの文例を紹介いたします。文によっては安否の挨拶を続けると違和感が生じる文例もありますので、臨機応変に改変されてみてください。

【一般的な3月の挨拶】

・春寒次第に緩む季節になってまいりました。
・春浅く、未だ風が冷たく感じられます。
・春三月とはいえ寒さはまだ当分続きそうな勢いです。
・春霞のただよう季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
・菜種梅雨というのでしょうか、当地は長雨が続いております。
・花々のつぼみもようやくほころび始めたようでございます。
・春まだ浅いこの頃ではございますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
・このところ空は気まぐれのようで、落ち着かない天候が続いています。
・空は青く済み、本当に穏やかな毎日が続いています。春ですね。
・日差しのやわらかさに、身も心もはずむ思いです。
・待ちに待った春がやって参りました。
・窓から望む〇〇山の雪化粧もすっかり消え、本格的な春の訪れを感じます。
・野山も雪解けを始め、水ぬるむ季節となりました。
・南方からは桜便りも聞こえてくる頃となりました。
・やわらかな春の日差しが嬉しい季節となりました。
・暑さ寒さも彼岸まで、と申しますが彼岸に入ってめっきり暖かくなってまいりましたようで、本当に嬉しく存じます。
・春になる何か新しいことを始めたくなる気分になります。
・半年間受講した〇〇講座も今日で終了です。あまり上達したとは言えませんが”継続は力なり”ですものね。4月からも続けるつもりです。
・確定申告の時期となり、連日領収証と格闘する日々をおくっております。
・新しい門出の季節となり、皆様、新鮮な気持ちでこの春をお迎えのことでしょう。
・街を行き交う袴姿の女子大生に、春の訪れを感じる今日この頃です。

【ひな祭り】

・今年もひな飾りで桃の節句をお祝いになられたことでしょう。
・お嬢様のひな祭りはご家族でお祝いなさったことでしょう。

【卒園/卒業/進学/入学】

・いろいろご心配をおかけいたしましたが、おかげさまで娘も何とか希望の高校に合格することができました。
・ご子息の合格(ご卒業/ご卒園)おめでとうございます。
・おぼっちゃまはこの春ご卒業ですね。おめでとうございます。さぞほっとなさっていることでしょう。
・昨日は子供の卒業式でした。長いようで短かった6年間を思い出すと、やはりこみ上げるものがありました。
・先日無事に卒業式を終えました。在学中はひとかたならぬお世話になりまして本当にありがとうございました。
・息子もようやく大学卒業。これでようやく肩の荷がおりました。

【就職/転勤/昇進】

・子供が就職して独立することになりました。ほっとするような寂しいような感慨を味わっております。
・このたびはご栄転とのこと。〇〇さんより伺いました。おめでとうございます。
・〇〇支社へご栄転とのことで誠におめでとうございます。でも、今までのようにはお目にかかれなくなってしまうと思うと、やはり一抹の寂しさを感じております。
・春の異動でご転勤とのこと。準備にお忙しい日々をお過ごしのことでしょう。新天地でもどうかお力を発揮してくださいね。

 

手紙の結び3月の例文

【一般的な3月の結びの例文】

・まだまだ朝晩は冷え込みます。どうぞくれぐれもご自愛ください。
・この寒さもあと少しの辛抱でしょう。春を心待ちにどうぞご自愛ください。
・春寒の折からどうぞお体にはくれぐれもお気をつけください。
・不順な天候が続いておりますので、お風邪など召しませんようにご注意下さい。
・季節の変わり目でございますので、体調を崩したりなさいませんようお気をつけ下さい。
・花冷えのする時期でございます。暖かくしてお休み下さいますように。
・お花見はご一緒しましょうね。
・まもなくお花見のシーズン到来ですね。今年もご一緒できると嬉しく存じます。
・来月あたり山菜取りの小旅行にお誘いいたします。
・暖かくなりましたらスケッチ旅行などご一緒にいかがですか。
・今年こそガーデニングに挑戦しようと思っています。いろいろ教えてくださいね。

【卒園/卒業/進学/入学】

・4月からいよいよ息子も小学生。真新しいランドセルを前に、親子ともちょっぴり緊張しながら入学の日を待つことにいたします。
・子供が入学して落ち着きましたら、ぜひランチをご一緒したいと思っています。
・子供の入学で少しは自分の時間が作れそうです。宜しければお誘い下さいね。

【就職/転勤/昇進】

・入社後も何かとお世話になることと存じますが、今後ともよろしくご指導のほど、お願い申し上げます。
・新社会人としての自覚を持って、職務に励まれますことを大いに期待しております。
・新生活が実り多いものになりますことを、心よりお祈りいたしております。
・仕事を覚えるまでは大変でしょうが、焦らずじっくりいきましょう。
・今まで培ってきたご経験を生かし、新天地でもますますご活躍ください。
・新天地でもご手腕を発揮されますことを確信しております。
・ますます重責となられるわけですが、ご健康にはくれぐれもお気をつけください。
・新天地は酒どころ。飲み過ぎにはくれぐれもご注意ください。
・出張などで当地へお越しの節は是非ご連絡ください。一献傾けましょう。
・お忙しくなりましょうが、たまにはご連絡を下さいね。
・これまで本当にお世話になりました。どうぞお元気でご活躍ください。
・またいつかお会いできる日を楽しみにしております。
・またお目にかかれる日までさようなら。
・遠く離れましても、こちらで過ごした日々のこと忘れずにいてください。

結語の一例

結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。

【一般的な手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】
・謹言(きんげん)
・謹白(きんぱく)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】
・ 草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】
・草々
・不一(ふいつ)
・不備(ふび)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・拝答(はいとう)
・敬答(けいとう)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝具(はいぐ)
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

まとめ

今回は3月に書く手紙の時候の挨拶について紹介してきました。年度末、ご挨拶すべき人がいる方は是非、春の季節感に溢れたお便りをお書きになってみてください。

スポンサードリンク