手紙の時候の挨拶7月の例文

7月初旬は梅雨が明けたばかりか、まもなく梅雨明けを迎えるか、そんな時期のため、ぐずぐずしたお天気が続きがちです。七夕も統計的には3年に一度程度の割合でしか晴れに恵まれていないのです。

中旬以降は順調に行けばいよいよ夏本番といったところ。ボーナスも支給され、デパートではお中元商戦がラストスパートに突入します。暑中見舞いもスマホで済ませることなく、手紙という形で筆を執りたいものです。

スポンサードリンク

手紙の時候の挨拶7月の例文

手紙の一番最初に書くのが時候の挨拶だと思いがちですが、実際には一番はじめにくるのは「頭語」(または冒頭語、起首、起筆)と呼ばれる言葉です。「拝啓」や「前略」などです。頭語に対して一番最後に書くのが「結語」です。「敬具」や「草々」や「かしこ」などです。手紙の本文は頭語と結語に挟まれた形になります。

頭語の一例

【一般的な手紙の場合】

・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・啓上(けいじょう)
・一筆申し上げます(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】

・謹啓(きんけい)
・謹呈(きんてい)
・恭啓(きょうけい)
・謹んで申し上げます(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・前略(ぜんりゃく)
・冠省(かんしょう)
・前文お許しください
・前略失礼いたします
・前略ごめんください(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】

・急啓(きゅうけい)
・急呈(きゅうてい)
・急白(きゅうびゃく)
・取り急ぎ申し上げます(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】

・拝復(はいふく)
・復啓(ふくけい)
・謹復(きんぷく)
・お手紙拝見いたしました(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】

・再啓(さいけい)
・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます
・たびたび失礼ながらお便り申し上げます(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・初めてお便りを差し上げます
・突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください(※差出人が女性の場合)

 

7月の時候の挨拶の一例

頭語に続いて書く文が「時候の挨拶」と呼ばれる四季折々の短い挨拶文です。

・向暑(こうしょ)
・大暑(たいしょ)
・盛夏(せいか)
・猛暑(もうしょ)
・炎暑(えんしょ)
・酷暑(こくしょ)
・極暑(ごくしょ)
・烈暑(れっしょ)
・驟雨(しゅうう ※にわか雨、夕立の意)

「〇〇の候」、「〇〇のみぎり」といった使い方をします。時候の挨拶の後には

・お変わりございませんか
・お変わりなくお過ごしのここと存じます
・皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

などの「安否の挨拶」が続くのが一般的です。

頭語、時候の挨拶、安否の挨拶が一つになると

拝啓 盛夏の候、お変わりございませんか。」のような冒頭の文章が完成します。

スポンサードリンク

手紙の書き出し7月の例文

「頭語」「時候の挨拶」に続く書き出しの文例を紹介いたします。文によっては安否の挨拶を続けると違和感が生じる文例もありますので、臨機応変に改変されてみてください。

・梅雨も終わりに近く、紫陽花が寂しげに雨に打たれています。
・今年の七夕も曇り空でしたが、空気の澄んだそちらではいかがでしたか。
・七夕祭りのニュースが届くころとなりました。
・夏空に入道雲が湧き立っています。
・学校ではプールの授業が始まりました。
・今年の夏は思いのほか過ごしやすいですね。
・日中の暑さには参りますが、夕立に一息ついております。
・夏休みが近づいてまいりました。
・ダイビングのライセンスを取得されたとか、この夏はどちらで潜りに行かれますか。

【暑中見舞いの場合】

・しのぎがたい毎日です。
・プールに飛び込みたくなる暑さです。
・水辺が恋しい季節です。
・夏山のシーズンになりました。
・今年はことのほか暑さが厳しいように感じられます。
・この暑さには閉口しますが、お風呂あがりのビールの美味しさはこたえられませんね。
・露地物の夏野菜が恋しくなりました。
・クーラー漬けの毎日です。
・もうすぐ高校野球が始まりますね。
・朝顔が涼しげに咲いています。

手紙の結び7月の例文

・暑さ厳しき折ではございますが、どうかくれぐれもご自愛ください。
・夏風邪などお召しになりませんよう、お体にお気をつけください。
・日中は炎天が続いております、ご趣味のウォーキングの折には熱中症に十分ご注意下さいますように。
・熱帯夜が続きます。寝る前の水分補給をお心がけください。
・食欲も減退する暑さが続きますが、栄養のある食事でお互い健康管理に気をつけましょう。
・来月には我が家の庭でバーベキューパーティーを計画しております。近日中にご都合伺いのご連絡を差し上げますので是非いらしてください。
・猛暑の折、皆様お疲れが出ませんようにご自愛くださいませ。
・来月の花火大会、ぜひ一緒に観に行きましょう。
・夏休みに帰省が叶うようでしたらご一報ください。
・心ばかりのお中元の品を別送いたしましたので、ご笑納いただければ幸いでございます。

結語の一例

結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。

【一般的な手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】
・謹言(きんげん)
・謹白(きんぱく)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・ 草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】
・草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・不備(ふび)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・拝答(はいとう)
・敬答(けいとう)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝具(はいぐ)
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

まとめ

今回は7月の手紙の時候のあいさつを紹介いたしました。暑中見舞いは年賀状に次ぐ国民的ハガキ行事です。日頃は筆不精な方も、今年は大切な方へ夏のお便りを一筆書かれてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク