時候の挨拶1月の例文

1月は年賀状のやりとりがあるため「手紙」を書く機会は他の月よりも少ないかも知れませんが、書かれる際には新年ならではの時候の挨拶を書き添えることで、初春の時期に相応しい手紙を書くことができます。

スポンサードリンク

手紙の時候の挨拶1月の例文

手紙の一番最初に書くのが時候の挨拶だと思いがちですが、実際には一番はじめにくるのは「頭語」(または冒頭語、起首、起筆)と呼ばれる言葉です。「拝啓」や「前略」などです。頭語に対して一番最後に書くのが「結語」です。「敬具」や「草々」や「かしこ」などです。手紙の本文は頭語と結語に挟まれた形になります。

頭語の一例

【一般的な手紙の場合】

・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・啓上(けいじょう)
・一筆申し上げます(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】

・謹啓(きんけい)
・謹呈(きんてい)
・恭啓(きょうけい)
・謹んで申し上げます(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・前略(ぜんりゃく)
・冠省(かんしょう)
・前文お許しください
・前略失礼いたします
・前略ごめんください(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】

・急啓(きゅうけい)
・急呈(きゅうてい)
・急白(きゅうびゃく)
・取り急ぎ申し上げます(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】

・拝復(はいふく)
・復啓(ふくけい)
・謹復(きんぷく)
・お手紙拝見いたしました(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】

・再啓(さいけい)
・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます
・たびたび失礼ながらお便り申し上げます(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・初めてお便りを差し上げます
・突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください(※差出人が女性の場合)

1月の時候の挨拶の一例

頭語に続いて書く文が「時候の挨拶」と呼ばれる四季折々の短い挨拶文です。

・新春(しんしゅん:上旬まで)
・初春(読みは”はつはる”:中旬まで)
・仲冬(ちゅうとう:1月4日まで)
・大寒(だいかん:1月21日頃)
・厳寒(げんかん)
・厳冬(げんとう)
・酷寒(こっかん/こくかん)

「〇〇の候」、「〇〇のみぎり」といった使い方をします。時候の挨拶の後には

・お変わりございませんか
・お変わりなくお過ごしのここと存じます
・皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

などの「安否の挨拶」が続くのが一般的です。

頭語、時候の挨拶、安否の挨拶が一つになると

「拝啓 新春の候、お変わりございませんか。」のような冒頭の文章が完成します。

スポンサードリンク

手紙の書き出し1月の例文

「頭語」「時候の挨拶」に続く書き出しの文例を紹介いたします。文によっては安否の挨拶を続けると違和感が生じる文例もありますので、臨機応変に改変されてみてください。

【新年の挨拶の場合】

・謹んで年頭のご祝辞を申し上げます。
・輝かしい新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。
・喜びに満ちたお正月をお迎えのこととお慶び申し上げます。
・皆様おそろいで穏やかな新年をお迎えのことと存じます。
・ご機嫌うるわしい新年をお迎えのことと存じます。
・昨年は待望のお子様がご誕生、お喜びもひとしおの新春をお迎えのことでしょう。

【お正月を過ぎた頃の場合】

・おかげさまで当方も家族一同つつがなく新年を迎えることができました。
・二人(赤ちゃんがいる場合は三人)で初めて迎えるお正月、いかがお過ごしでしたか。
・元旦には、遠路を厭わずご丁寧なご年始のご挨拶をいただき、誠にありがとうございました。
・新春とは申しましても耐えがたい寒さが続く昨今でございます。ご機嫌はいかがでしょうか。
・初詣はなさいましたか。私どもは家族で近所の小さな神社にお参りしてきました。
・今年のおみくじは大吉でした。受験生を抱えております我が家では、こんなこと一つで大喜びしております。
・今年のお正月も、丹精込めたおせちをお作りになったのでしょうか。いつぞやいただいた手作りの黒豆のおいしさを、懐かしく思い出しております。
・お正月休みはのんびりと寝正月をきめこんでおりました。お宅様はいかがお過ごしでしたか。
・テレビに飽きると、こたつでうたた寝という、静かなお正月を過ごしました。
・年末年始は久しぶりに帰省しました。故郷に流れる時間は、どこかゆったりと感じられますね。
・定年退職して初めてのお正月、息子たちからお年玉をもらいました。嬉しいような、せつないような、なんとも複雑な気分でした。
・子供が独立して夫婦だけの静かな正月を過ごしました。
・早いものであっという間に松もとれ、普段の生活が始まりました。
・松の内も過ぎ、ようやく平穏な毎日に戻ったような気がいたします。
・正月の静けさも去り、またお忙しい毎日をお過ごしのことと拝察いたします。
・新年早々仕事に追われ、おとそ気分もどこへやら霧散してしまいました。
・晴れた空の向こうに遠く〇〇山を望む、清々しい快晴の元旦を迎えました。

【寒中見舞いや寒い冬や積雪に関する文例】

・寒中お見舞い申し上げます。寒さがひとしを身にしみる昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか。
・寒中お見舞い申し上げます。ご丁寧なお年賀状をいただき、誠にありがとうございました。
・寒に入りましたせいでしょうか、ことのほか冷気が厳しく感じられるようになりました。
・北風が身にしみる季節となりましたが、お変わりございませんか。
・日ごとに寒さがつのって参りますが、お元気でご活躍のことと存じます。
・いよいよ本格的な冬将軍が到来したようで、こちらは連日の猛吹雪に見舞われています。
・当地にもようやく初雪が降りました。そちらもこの冬は雪が多いのだそうですね。
・厳しい寒さの中にも、冷気の清々しさを感じる今日この頃でございます。
・御地はまれにみる大雪とのニュース、皆様ご無事にお過ごしでいらっしゃいますか。
・当地にも珍しい雪が降り、子供たちは大はしゃぎで雪だるま作りに興じています。
・今朝起きたら、一面の雪景色でした。真っ赤な南天の実が鮮やかに映え、しばし見とれておりました。
・ 今年の寒さはことのほか厳しいようですが、皆様お風邪など召してはいらっしゃいませんでしょうか。
・底冷えのする毎日が続きますが、お体におさわりはありませんでしょうか。
・こちらは連日吹雪に見舞われています。雪国には雪国の良さがあるとはいうものの、そちらの温暖な気候が本当にうらやましいです。
・大寒と聞くとそれだけで足がすくみ、外出も控えがちになります。
・寒い朝が続き、布団から起き出すのがつらい毎日です。
・大雪の年は豊作になるのだそうで、秋の実りを夢見て、しばらくは我慢することにいたしましょう。
・こたつに入るとなかなか抜けられない毎日が続きます。

【暖冬や好天が続いている場合】

・珍しく穏やかな寒の入りとなりました。
・冬とは思えないような穏やかな毎日が続いております。
・暖冬とは申しましても、やはり吹く風は冷たく、季節を実感いたします。
・今日は珍しく穏やかに晴れ、陽だまりのあたたかさに、ひと足早い春を感じました。

【その他】

・福寿草の鉢に、春のきざしを感じるこの頃です。お変わりありませんか。
・鉢植えの福寿草が小さな花を咲かせているのを見つけ、ささやかな幸せを感じました。
・スキーシーズンたけなわですが、今年もご家族でお楽しみでしょうか。
・貴殿がごひいきの〇〇関、今場所は絶好調のようですね。さぞご機嫌うるわしい毎日をお過ごしのことでしょう。
・お嬢様はたしか成人式、おめでとうございます。親御さんとしても感慨無量でしょう。
・成人式の晴れ着姿が行き交い、しばし目を奪われました。
・インフルエンザか流行していて、子供の学校が学級閉鎖になりました。そちらさまはお風邪などお召しになってはいませんか。

手紙の結び1月の例文

本文の最後の結びの文例を紹介いたします。

【新年の挨拶の場合】

・本年のますますの健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
・本年一年のご家族様のご多幸をお祈りいたします。
・どうぞこの一年がお健やかな年になりますように。
・お互いに実り多き一年になりますように。
・新しい年が幸多きものになりますことをお祈り申し上げます。
・本年もどうぞ宜しくご指導のほどをお願い申し上げます。

【寒中見舞いや寒い冬や積雪に関する文例】

・寒さ厳しき折ではございますが、どうかくれぐれもご自愛くださいますように。
・寒さはこれからが本番のようです。お風邪など召しませぬようお気をつけください。
・冷気が身にしみる折から、くれぐれもお体をおいとい下さいますように。
・ふぐの美味しい時期のうちに、一度ご一緒しませんか。またご連絡いたします。
・冬来たりなば春遠からじ、とも申します。春はそこまで来ていると信じて、厳しい冬を越しましょう。

【暖冬や好天が続いている場合】

・梅の開花ももうすぐですね。春の訪れを心待ちに、本日はこのへんで。
・来月になりましたら梅見のお誘いを差し上げます。

【その他】

・インフルエンザが流行しているようです。お気をつけくださいね。
・受験生は最後の追い込みですね。ご健闘をお祈りしております。
・センター試験ももうすぐですね。吉報をお待ちしております。
・今年はぜひ、スキーを教えていただきたいものです。機会がありましたら、ぜひお誘いください。
・新年早々のお願い事で誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

結語の一例

結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。

【一般的な手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】
・謹言(きんげん)
・謹白(きんぱく)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・ 草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】
・草々
・不一(ふいつ)
・不備(ふび)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・拝答(はいとう)
・敬答(けいとう)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝具(はいぐ)
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

まとめ

今回は1月の手紙の時候の挨拶や書き出し・結びの文例を紹介いたしました。手紙を出される際にはご参考くださいませ。

スポンサードリンク