手紙の時候の挨拶文2月の例文

立春を迎え、暦の上では春となる2月。1月に書かれる寒中見舞いに対して、節分以降の寒さが残る時期に相手の健康を気遣って送る手紙を「余寒見舞い」と言います。受験生を持つご家庭では親戚に合否の報告の手紙を書いたり、逆に受け取った側も返信を出したりする機会が多いのが2月です。

スポンサードリンク

手紙の時候の挨拶2月の例文

手紙の一番最初に書くのが時候の挨拶だと思いがちですが、実際には一番はじめにくるのは「頭語」(または冒頭語、起首、起筆)と呼ばれる言葉です。「拝啓」や「前略」などです。頭語に対して一番最後に書くのが「結語」です。「敬具」や「草々」や「かしこ」などです。手紙の本文は頭語と結語に挟まれた形になります。

頭語の一例

【一般的な手紙の場合】

・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・啓上(けいじょう)
・一筆申し上げます(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】

・謹啓(きんけい)
・謹呈(きんてい)
・恭啓(きょうけい)
・謹んで申し上げます(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・前略(ぜんりゃく)
・冠省(かんしょう)
・前文お許しください
・前略失礼いたします
・前略ごめんください(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】

・急啓(きゅうけい)
・急呈(きゅうてい)
・急白(きゅうびゃく)
・取り急ぎ申し上げます(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】

・拝復(はいふく)
・復啓(ふくけい)
・謹復(きんぷく)
・お手紙拝見いたしました(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】

・再啓(さいけい)
・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます
・たびたび失礼ながらお便り申し上げます(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・初めてお便りを差し上げます
・突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください(※差出人が女性の場合)

2月の時候の挨拶の一例

頭語に続いて書く文が「時候の挨拶」と呼ばれる四季折々の短い挨拶文です。

立春(りっしゅん:2月19日頃まで)
早春(そうしゅん:2月下旬〜3月上旬)
余寒(よかん:2月3日以降)
晩冬(ばんとう:2月3日頃まで)
軽暖(けいだん:暖かくなりつつある頃)
春寒(しゅんかん)
残雪(ざんせつ)
暮雪(ぼせつ)
晩寒(ばんかん)
向春(こうしゅん)
梅花(ばいか)
解氷(かいひょう)
浅春(せんしゅん)

「〇〇の候」、「〇〇のみぎり」といった使い方をします。時候の挨拶の後には

・お変わりございませんか
・お変わりなくお過ごしのここと存じます
・皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

などの「安否の挨拶」が続くのが一般的です。

頭語、時候の挨拶、安否の挨拶が一つになると

「拝啓 立春の候、お変わりございませんか。」のような冒頭の文章が完成します。

 

スポンサードリンク

手紙の書き出し2月の例文

「頭語」「時候の挨拶」に続く書き出しの文例を紹介いたします。文によっては安否の挨拶を続けると違和感が生じる文例もありますので、臨機応変に改変されてみてください。

【まだ寒さが残る頃】

・いまだに寒い毎日が続きますが、お変わりありませんか。
・残寒去りやらぬ日々でございますが、お元気にお過ごしでしょうか。
・立春を過ぎましたのに、体の芯まで冷気がこたえるような寒さが続きます。
・暦の上では春とは申せ、まだまだ余寒厳しい日々が続きます。
・余寒厳しき折ではございますが、いかがお過ごしでしょうか、お伺い申し上げます。
・春は名のみの風の寒さよ、という歌詞をいつの間にか口ずさんでしまいます。
・春は近いとはいっても、まだまだ底冷えする毎日が続きますね。

【少しずつ暖かくなってきた頃】

・節分も過ぎ、ようやく春の気配が感じられるようになりました。
・春の訪れが待ち遠しい昨今ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
・梅の便りが聞かれるころとなりましたが、お元気でお過ごしのことと存じます。
・残寒の中にも、かすかな春の息吹が感じられるようになりました。
・そこはかとない春の気配に心躍る季節となりました。
・春寒ようやくぬるむころを迎えました。お変わりありませんか。
・日差しも日に日に暖かくなってきたような気がいたします。
・ようやく日足も伸びてきたようです。春はもうすぐですね。
・木々の芽も、春支度をすっかりととのえたようですね。
・ドライブに出かけましたら、ふきのとうを見つけました。春の香りがするようで何だかとても嬉しくなりました。
・春の足音がすぐそばまで聞こえてくるころとなりました。
・今日はとても穏やかな一日でした。春はすぐそこまで来ていますね。
・吹く風にも春の気配が感じられるようになり気分が浮き立ちます。
・寒さもようやく和らいで、春の兆しが感じられるようになりました。
・梅の香りに心なごむ季節となりましたが、皆様にはお変わりなくお健やかにお過ごしのことと存じます。
・庭の水仙が咲き、春の到来を告げてくれました。
・梅一輪、一輪ほどの暖かさ、と申しますが、まさしくその通りの気候ですね。
・枯れ草の下から力強い緑の下萌えがうかがえるようになりました。
・庭の梅もようやくほころび始めました。
・今年は暖冬のせいでしょうか、春の訪れも早いようですね。
・今朝はうぐいすの声で目覚めました。

【節分/バレンタイン/受験に関する文例】

・ご近所から聞こえてくる豆まきの声が、まるで春を呼び込んでいるかのように感じられます。
・「福は内、鬼は外」の掛け声を聞くだけで、急に春になったような気分になるのが不思議です。
・もうすぐ節分ですね。今年の恵方の〇〇の方角を向いて、太巻を丸かじりすると、いいことがあるんだそうですよ。
・豆まきはなさいましたか。年の数だけ豆を食べるといいますが、年々食べ切れないほどの量になっていくのがちょっと悲しいです。
・バレンタインデーのために、娘がこっそり手作りチョコを作っていました。微笑ましく見ていられるのはいつまででしょうね。
・バレンタインデーの収穫のほどはいかがでしたか。
・お嬢様が第一希望の大学に見事合格とのこと、本当におめでとうございます。
・合格おめでとう一足先に春爛漫の季節を迎えましたね。
・娘の受験もようやく終わり、あとは結果を待つばかり。一番ほっとして一番落ち着かない時期です。

【その他】

・当地は例年にない大雪で、すっかり雪かきのプロになってしまいました。
・寒さがぶり返した数日ですが、ご体調にはお障りありませんでしたでしょうか。
・春まだ浅い毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
・春雷も春を告げるファンファーレのようで、どこか嬉しく感じられます。
・今日は夫と一緒に近所のお稲荷さんへ初午参りに行って参りました。
・梅のつぼみも春の訪れを待っているかのように見えます。
・普段はくっきりと見える〇〇山が、春霞にかすんでいます。
・ふくらみ始めた梅のつぼみを眺めながらの雪見酒、筆舌に尽くしがたいほどの幸せを感じます。
・先週、家族で温泉旅行に行ってきました。露天風呂を楽しんでいたら空から雪の贈り物。なかなか風情のあるものでした。
・御地ではもう梅の花も見頃なのではありませんか。
・今年は雪が少なく大助かりです。
・札幌の雪まつりのニュースが流れています。素晴らしい大雪像、一度見てみたいものです。
・ニッパチとはご無縁に、ご盛業のこととお喜び申し上げます。
・花屋さんの店先で桃の花を見つけ、思わず一枝買い求めました。
・猫たちは恋の季節を迎えたようですが、私にはいつになったらその季節が訪れるのでしょうか。

手紙の結び2月の例文

【まだ寒さが残る頃】

・まだまだ寒い日が続きましょうが、どうかくれぐれもご自愛くださいますように。
・暦の上では春とは申せ、まだ厳しい寒さが続きます。どうぞお体をおいといくださいますようお祈り申し上げます。
・足元の悪い時期ですお出かけの際はくれぐれもお気をつけてくださいね。
・余寒なお厳しき折、お体を大切になさってください。

【少しずつ暖かくなってきた頃】

・春はもうすぐそこまでやってきています。暖かくなったらこちらにもお出かけください。
・雪解けも間近です。あなたに素晴らしい春が訪れますように。
・季節の変わり目でございますのでお風邪など召しませんようにご注意ください。
・寒の戻りで冷え込む日もございます。くれぐれもおいといくださいませ。

【バレンタイン/受験/就職に関する文例】
・チョコレートとともに私の気持ちをどうか受け取ってください。
・受験直前で親御様も何かとお忙しいことと存じますが、お疲れが出ませんように。
・受験が終わったからといって、開放感で不摂生してはいけませんよ。
・一足早い「サクラサク」の吉報に、まずは心よりのお祝いを申し上げます。
・入社まであとわずか、体調を万全に整えてどうかご活躍ください。
・残りわずかとなった学生生活を、どうぞ十分にエンジョイなさってください。

【その他】

・春を待ちかねる日々でございますが、どうかご自愛くださいますよう。
・天候不順の折から、ご健康にはご留意くださいますようお願い申し上げます。
・三寒四温と申します。不順な天候の毎日ですが、どうぞくれぐれも御身をお大切になさってください。
・素敵な春が迎えられますことをお祈りします。
・春になりましたらどこか温泉にでも出かけましょう。
・まもなく山歩きのシーズンも始まります。今年もご一緒できると嬉しいのですが。
・幸多き春の門出をお迎えになられますことを、心よりお祈りいたしております。
・春風のようなあなたの優しさに、心から感謝いたしまして、まずは御礼申し上げます。
・春の訪れを心待ちにして、まずはご案内申し上げます。
・春からまた色々とお世話になることと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
・景況厳しき折ではございますが、気温とともに業界の状況も上向きになることを願っています。

結語の一例

結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。

【一般的な手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】
・謹言(きんげん)
・謹白(きんぱく)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・ 草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】
・草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・不備(ふび)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・拝答(はいとう)
・敬答(けいとう)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝具(はいぐ)
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

まとめ

受験の合否の連絡などは、近年では電話やメールで済ませてしまうことも珍しくありませんが、第一報は電話で伝えるにせよ、知らせる側も知らせを受けて返信する側も、できることなら手紙でのやり取りもした方が改まって良いと思います。「スマホ時代に面倒な…」と嫌厭せず、ぜひチャレンジしてみてください。

 

スポンサードリンク