手紙の時候の挨拶8月の例文

暑い夏も8月でピークを迎えます。立秋を過ぎると暦の上の秋。お盆には実家に帰省される方も多いかと思いますが、家族の間柄とはいえお邪魔した後は後日手紙でお礼状を送って差し上げるのがマナーとして大切です。また、親しい方には残暑見舞いも出して差し上げれば一服の清涼剤になり喜ばれることでしょう。

スポンサードリンク

手紙の時候の挨拶8月の例文

手紙の一番最初に書くのが時候の挨拶だと思いがちですが、実際には一番はじめにくるのは「頭語」(または冒頭語、起首、起筆)と呼ばれる言葉です。「拝啓」や「前略」などです。頭語に対して一番最後に書くのが「結語」です。「敬具」や「草々」や「かしこ」などです。手紙の本文は頭語と結語に挟まれた形になります。

頭語の一例

【一般的な手紙の場合】

・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・啓上(けいじょう)
・一筆申し上げます(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】

・謹啓(きんけい)
・謹呈(きんてい)
・恭啓(きょうけい)
・謹んで申し上げます(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・前略(ぜんりゃく)
・冠省(かんしょう)
・前文お許しください
・前略失礼いたします
・前略ごめんください(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】

・急啓(きゅうけい)
・急呈(きゅうてい)
・急白(きゅうびゃく)
・取り急ぎ申し上げます(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】

・拝復(はいふく)
・復啓(ふくけい)
・謹復(きんぷく)
・お手紙拝見いたしました(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】

・再啓(さいけい)
・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます
・たびたび失礼ながらお便り申し上げます(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝啓(はいけい)
・拝呈(はいてい)
・初めてお便りを差し上げます
・突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください(※差出人が女性の場合)

 

8月の時候の挨拶の一例

頭語に続いて書く文が「時候の挨拶」と呼ばれる四季折々の短い挨拶文です。

・晩夏(ばんか:立秋の8月7日〜8月20日頃まで)
・残夏(ざんげ:立秋の8月7日〜8月20日頃まで)
・季夏(きか:8月末まで)
・避暑(ひしょ:8月中旬)
・納涼(のうりょう:8月中旬)
・残炎(ざんえん:立秋の8月7日以降)
・暮夏(ぼか:お盆過ぎ〜8月末まで)
・残暑(ざんしょ:立秋の8月7日以降)
・秋暑(しゅうしょ:立秋の8月7日以降)
・早涼(そうりょう:立秋の8月7日以降)
・向秋(こうしゅう:お盆過ぎ〜8月末まで)

「〇〇の候」、「〇〇のみぎり」といった使い方をします。時候の挨拶の後には

・お変わりございませんか
・お変わりなくお過ごしのここと存じます
・皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

などの「安否の挨拶」が続くのが一般的です。

頭語、時候の挨拶、安否の挨拶が一つになると

拝啓 残暑の候、お変わりございませんか。」のような冒頭の文章が完成します。

スポンサードリンク

手紙の書き出し8月の例文

「頭語」「時候の挨拶」に続く書き出しの文例を紹介いたします。文によっては安否の挨拶を続けると違和感が生じる文例もありますので、臨機応変に改変されてみてください。

・連日の暑さに夏バテしていらっしゃいませんか。
・子供たちが元気に毎日プールに通っておりますが、付き添いの親のほうが暑さ負けしそうです。
・冷たいものに食欲をそそられるこの頃です。
・うだるような暑さも峠を過ぎたようです。
・夏期休暇をどのようにお過ごしでしょうか。
・残暑が厳しい毎日です。
・昨日ラッシュに揉まれて田舎から戻ってまいりました。
・土用が開けると夏もそろそろ終わりですね。
・土用波のうねりも高く、海辺は人影もまばらになってまいりました。
・そちらの盛大な花火大会の様子をテレビで拝見しました。
・過ぎてゆく夏なつを惜しむかのように線香花火が燃え尽きていきます。
・子供たちに初めて浴衣を着せましたら得意げにぼん踊りを踊っていました。
・そろそろ台風シーズンですね。
・夏休みも残り少なくなり子供たちは宿題に追われています。
・お元気でお過ごしでしょうか。
・お変わりなくお過ごしでしょうか。
・盛夏に劣らない猛暑ですが、お元気でいらっしゃいますか。
・朝夕だけでも涼しくなると良いのですが。
・秋の涼風が待たれます。
・土用波も高くなり暑さも終わりが近いようです。
・つくつくぼうしの声を聞くと暑さも少しは和らぎます。
・虫の音が秋の訪れを知らせてくれます。
・皆様のご健勝をお祈りいたします。
・いっそうのご自愛をお祈り申し上げます。
・今年は秋の訪れが早いようですね。
・炎暑お見舞い申し上げます。
・酷暑の毎日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
・猛暑のみぎりでございますが皆様にはつつがなくお過ごしのことと存じます。
・うだるような暑さが続いておりますが夏バテなどなさってはいらっしゃいませんでしょうか。
・この夏、御地は記録的な暑さとのこと、お見舞い申し上げます。
・夏を通しての暑さが身にこたえる時期となりました。
・熱帯夜が続いておりますが、昨晩はぐっすりお休みになれましたでしょうか。
・夏バテもせずご壮健にご活躍のことと存じます。
・夏枯れとは無縁に、ご盛業のご様子、何よりのこととお喜び申し上げます。
・暑さますます厳しき折からお変わりなくお過ごしでしょうか。お伺い申し上げます。
・「立秋」の文字が恨めしい猛暑が続きますがお体の調子はいかがでしょうか。
・残暑お見舞い申し上げます。
・残暑厳しき折ではございますが、ご健勝におしのぎのこととお喜び申し上げます。
・暦の上では秋だというのに、耐え難い残暑が続いております。
・立秋とは言え、暑さまだまだ衰えないようですが、いかがお過ごしでしょうか。
・土用明けの暑気がひとしおに感じられます昨今ですが、お体におさわりわございませんか。
・夕涼みにほっと一息つく、晩夏のきょうこのごろです。
・夕べの慈雨で、幾分暑さも落ち着いてきたような気がいたします。
・猛暑も峠を越したようで、だいぶ過ごしやすくありましたね。
・朝夕は幾分過ごしやすくなってきたような気がいたしますが、御地はいかがでしょうか。
・そよめく風の中にも、秋の気配が感じられる頃となりました。
・夜間は風が通るようになり、寝苦しさからもようやく解放されました。
・あんなに厳しかった夏も過ぎ、台風のニュースが聞こえる頃となりました。
・この夏はご帰省なさるのでしょうか。
・お盆の帰省の準備は進んでいますか。
・盆太鼓の練習が聞こえてくる時期になりました。
・帰省ラッシュのニュースに、同情半分うらめしさ半分の仕事漬けの毎日を過ごしています。
・帰省客で当地はいつもより賑やかです。
・帰省が始まり、山手線ラッシュも幾分緩和されたような気がする昨今です。
・お盆には久しぶりに息子一家が帰省する予定。賑やかな夏休みになりそうです。
・ご親戚の方が大勢集まって賑やかなお盆をお過ごしの頃と拝察いたします。
・夏休みが待ち遠しい時期となりました。
・ご家族で夏を満喫していらっしゃるころでしょうか。
・海へ山へとアウトドアライフを楽しんでいらっしゃるご様子が目に浮かびます。
・子供が夏休みに入ったものの、毎朝部活のためのお弁当作りに、ユニフォームの洗濯、いつもの数倍忙しく過ごしています。
・リトルリーグに入った息子の送迎と応援で、親子揃って真っ黒に日焼けしてしまいました。「シミ」が夏の置き土産にならないよう、遅ればせながら肌の手入れにいそしんでいます。
・夏の高校野球、公立校の初出場で当地は盛り上がっています。
・母校が甲子園で初勝利、校歌を口ずさみ、こみ上げるものを抑えきれませんでした。
・高校球児たちの暑い夏もとうとう終わりましたね。
・先日は浴衣姿で花火見物。こんな夏の風情を楽しめるのもあとわずかになりました。
・夏を惜しんで海に出かけてきました。
・東北出身の夫の祭り自慢を連日聞かされる季節がやってきました。
・雄大な大文字焼きですが、夏に別れを告げるための空への合図のように思われることがあります。
・蝉しぐれを耳にしながらの昼寝、至福のひとときです。
・炎天下、けなげに咲いている夏の花に、元気をもらったような気になりました。
・子供は「また?」と顔をしかめますが、冷たいツルツル麺が私にとっては夏一番のごちそうです。
・お盆が終わると、途端に秋の気配が忍び寄ってくるような気がいたします。
・この夏は久々に帰省し、両親に孫の成長を喜んでもらいました。
・夏休みはいかがお過ごしになりましたか?当方は家族で小旅行。子供が大きくなり、家族旅行を楽しめるのもあとわずかと思うと、一抹の寂しさがあります。
・孫は来てよし、帰ってよし、などと申しますが、久々の子供相手で正直疲れました。
・お子様たちも帰郷なさって、楽しい夏をお過ごしの事でしょう。
・子供の夏休みも終盤。そろそろ親が宿題の助っ人に登場しなければなりません。
・昔の子どもをあんなに悩ませた毎日のお天気調べも、パソコンの時代になって、画期的に楽になったようです。
・夏のお疲れが出てくるころかと感じております。お体におさわりはありませんか。
・夏休みには、ご家族の楽しい思い出をたくさんお作りになったことでしょう。
・充実した夏休みをお過ごしのことと存じます。
・夏休みもそろそろ終盤、宿題の進み具合はいかがでしょうか。
・夏を惜しむかのようなひぐらしの鳴き声が聞こえてまいります。
・海に土用波が立つようになりました。もう夏もおしまいですね。
・夏のバーゲン、今年の成果はいかがでしたか。
・あんなにうるさく感じていた蝉しぐれを、懐かしく思う初秋の一日です。
・早く過ぎ去ってほしいと願っていた猛暑ですが、秋風が立つと、勝手なもので少しの寂しさを感じるものです。
・今年も「夏痩せ」とは無縁のままに秋を迎えることになりそうです。

手紙の結び8月の例文

・残暑厳しき折、くれぐれもお体をおいといください。
・残暑に負けず、栄養を摂って元気に乗り切りましょう。
・夏のお疲れが出ませんよう十分にご自愛くださいませ。
・早く夜だけでも涼しくなるといいですね。どうぞお体に気をつけて。
・さわやかな秋の到来を心待ちに、まずは残暑のお伺いまで申し上げました。
・朝晩は秋らしい気候になってきましたね。お風邪など召しませんようご自愛ください。
・今度お目にかかった折には、バリ旅行のお土産話をたくさん聞かせてください。
・残暑厳しき折から、ご健康にはくれぐれもご注意くださいますようお願いいたします。
・しばらくは酷暑が続きそうとの予報でございます。お体をおいといください。
・まだまだ猛暑が続きますが、くれぐれもご健康にお気をつけください。
・残暑に負けず、充実した夏休みをお過ごしください。
・今年の残暑はとみに厳しいようです。くれぐれもご自愛専一にと願いあげます。
・夏のお疲れが出ませんよう、お体を大切になさってください。
・猛暑の疲れがでる頃です。くれぐれも油断なさいませんように。
・夏休みの間にたまった仕事の片付けにお忙しい時期と拝察しておりますが、お体にはくれぐれもお気をつけください。
・お互い夏バテに気をつけましょう。
・これから徐々にしのぎやすくなってくるはず、お互いもうひと頑張りですね。
・秋の到来を心待ちに、まずは残暑のお伺いまで申し上げました。
・朝晩は涼しくなってまいりました。お風邪など召しませんようご自愛ください。
・今度お目にかかった折りには、楽しい夏の思い出話をお聞かせください。
・夏の間はご帰省なさった方のおもてなしにお忙しかったことでしょう。疲れが出る頃ですから、くれぐれも御身を大切になさってください。
・夏のバカンスのお土産話を楽しみにしております。
・ご旅行の写真ができたら、是非拝見させてくださいね。
・子供達の夏休みが終わりましたらゆっくりランチでも楽しみましょう。

結語の一例

結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。

【一般的な手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【丁寧な手紙の場合】
・謹言(きんげん)
・謹白(きんぱく)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【前文を省略する手紙の場合】

・ 草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【急用の手紙の場合】
・草々(そうそう)
・不一(ふいつ)
・不備(ふび)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【返信の手紙の場合】
・敬具(けいぐ)
・拝答(はいとう)
・敬答(けいとう)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【再信の場合】
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

【面識のない相手の場合】
・拝具(はいぐ)
・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・かしこ(※差出人が女性の場合)

まとめ

今回は8月の手紙の時候の挨拶を紹介いたしました。残暑見舞いなどお書きになる際は是非ご参考ください。

スポンサードリンク