狭心症

心筋梗塞と並ぶ虚血性心疾患の代表的な病気に狭心症があります。心筋への血流が阻害され、十分な血液が運ばれなくことで様々な健康被害をもたらします。今回は狭心症について解説いたします。

スポンサードリンク

狭心症とはどのような症状の病気なのか?

狭心症は、心臓を動かしている心筋に十分な血液が行き届かなくなる病気です。狭心症では、一時的に酸素が不足することで「狭心痛」が起こります。受診科は循環器内科になります。

症状としては、前触れのない強い胸の痛みを感じ、その痛みが数十秒から10分程度の時間にわたって続きます。

狭心痛の痛みは、胸の奥が詰まるような圧迫感や締め付けられるような鈍痛を覚えます。人によっては、息が詰まる感じ、焼けつくような感じ、刺されるような感じ、しびれるような感じなど様々に表現されます。

心臓は胸のやや左側に位置していますが、痛みの部位はネクタイをする胸の中心のあたりになることが多いとされています。

狭心痛が起こる前触れとして、左肩に強い肩こりを覚えることもあります。顎や歯への放散痛や胸の圧迫感として感じることもあります。冷や汗や吐き気を伴うこともあります。

狭心痛の痛みは、心筋に酸素と栄養素を運ぶ冠動脈がスムーズに流れなくなることで、心筋に血液が十分に供給されなくなるために起こります。

症状や発生頻度が一定の安定狭心症と、症状が強くなっていく不安定狭心症、発生状況によって労作性狭心症と安静時狭心症に分かれます。

また、狭心症から、危険度の高い急性心筋梗塞へ移行することがあります。軽い運動でも発作が起こったり、発作の回数が増えたりする時には注意が必要です。

【症状】

  • 息切れ
  • 狭心痛

スポンサードリンク

狭心症とはどのような原因で発症するのか?

冠状動脈は心臓の大動脈から枝分かれして、心臓を取り巻いて新鮮な血液を心臓の組織に送る働きをしていますが、この冠状動脈が何らかの原因で狭くなると、その先へ必要なだけの血液を送れない虚血状態となります。これが狭心症です。

狭心症は直接死亡の原因にはなりませんが、心筋梗塞へ移行すると生命に関わります。50歳以降の男性に多く発症します。

動脈といっても冠状動脈の内径は2、3mm程度で、それほど太いものではないため、狭くなりやすいうえに、運動して心臓の拍動が速くなったりすると、運ばれる血液の量が十分ではなくなるために虚血の状態が引き起こるのです。

狭心症の原因としては、動脈の内側に中性脂肪やコレステロールが沈着して狭くなる動脈硬化が一番多いものです。また、梅毒、大動脈炎症候群などによって冠状動脈の入り口に炎症が起こるとやはり内径が狭くなって狭心症の原因になります。

動脈硬化は血管が次第に狭くなってしまう症状ですが、冠状動脈が痙攣して一時的に狭くなるために起きる狭心症もあります。

冠状動脈が狭くなると、いろいろなきっかけで狭心症の発作が起きやすくなります。走ったり、家事をしたりあるいは排便の際にいきんだりすると、虚血状態になって起きるものが労作性狭心症です。逆に睡眠中のように安静にしていても起きる安静時狭心症もあります。

動脈硬化が主な原因となる狭心症ですので、誘因となる生活習慣を見直すことが大切です。

【原因】

  • 動脈硬化

※誘因として

高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、肥満、過労、睡眠不足、 激しい運動、ストレスなど。

狭心症の治療法や予防策は?

狭心症の治療は薬物療法を中心に行なわれますが、効果がない場合や症状によっては冠動脈形成術や手術をします。

薬物治療では、発作が起きたばかりのときは錠剤やスプレーになったニトログリセリンを使います。冠状動脈の内径を広げる薬ですが、舌の下に入れると2、3分で効いてきます。

カルシウム枯抗剤は毎日服用するもので、冠状動脈の痙攣を防止して内径を広げますが、とくに痙攣による狭心症に効果があります。労作性狭心症ではβ遮断剤を毎日服用させます。これが交感神経に作用して、心臓の活動を抑制してエネルギー消費を減らし、効果を発揮します。

冠動脈形成術は、冠動脈に管(カテーテル)を入れて狭い部分を拡張したり、ステントというコイル状の金属で広げたり、特殊な刃で削ったりして狭空部分を治療します。

外科的療法では、胸の裏側の動脈や足の静脈の一部をとって冠状動脈のバイパスとして使う手術を行います。冠動脈形成術ができない人に行ないます。

予防や再発防止のために、喫煙、ストレス、肥満などの危険因子はできる限り遠ざけましょう。規則正しい生活、塩分や脂質を抑えたバランスのよい食事、適度な運動なども大切です。

2度目以降の発症の際は、症状が起こったらなるべく安静にし、ニトログリセリンなどの錠剤を持っている場合は速やかに服用しましょう。水分を十分損ることも大切です。

高齢者や糖尿病のある人は、胸痛を伴わないこともあるため、日頃から体調の変化に気をつけましょう。

まとめ

今回は狭心症の症状や原因や治療法について解説いたしました。狭心症は、心筋梗塞へと移行してしまうと、生命に関わる可能性が高くなるため、決して軽視はできない病気です。激しい胸痛が長時間続くなどの症状があれば狭心症を疑い、すぐに救急車を呼びましょう。

スポンサードリンク