虚血性心疾患

虚血性心疾患とはどのような病気なのか?

虚血性心疾患とは、心臓を動かしている心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる病気です。単独の病気の名称ではなく、冠動脈がふさがる閉塞や、狭ばまる狭窄が起こることによって心筋に血液が流れにくくなり、心臓に障害が起こる病気の総称です。日本人の死因のうち大きな割合を占める狭心症、心筋梗塞という、代表的な心臓疾患が含まれます。受診科は循環器内科になります。

狭心症、心筋梗塞は、ともに心臓の酸素不足によって起こる病気です。冠動脈の動脈硬化が進み、血管が狭くなることによって十分な血流が確保できず、心臓に必要な量の酸素を送れなくなるのです。冷や汗、吐き気のほか、胸痛は顎、歯、肩への放散痛や胸の圧迫感として感じることもあります。高齢者や糖尿病のある人は、胸痛を伴わないこともあるので、普段から体調の変化に気をつけましょう。

喫煙、ストレス、肥満は危険因子です。規則正しい生活、塩分や脂質を抑えたバランスのよい食事、適度な運動が大切です。激しい胸痛が長時間続くなどの症状があれば、すぐに救急車を呼びましよう。

治療に当たっては、動脈硬化や動脈の狭窄を抑える薬剤を使った薬物療法か、経皮的冠動脈形成術(PCI)や冠動脈バイパス術などの外科手術を行います。症状の悪化を防ぐためにも、脂質異常症や高血圧、糖尿病を改善するために、生活習慣の見直しも必須となります。

予後としては、狭心症から、危険度の高い急性心筋梗塞へ移行することがあります。軽い運動でも発作が起こったり、発作の回数が増えたりする時には注意が必要です。

スポンサードリンク