虚血性大腸炎とは

虚血性大腸炎とは、大腸の血流が低下し強い腹痛が起こる疾患です。多くの場合は一過性の症状が現れるだけですが、まれに死に至るケースもあるため、決して軽視はできない疾患です、今回は虚血性大腸炎について解説いたします。

スポンサードリンク

虚血性大腸炎とはどのような症状の病気なのか?

虛血性大腸炎とは、大腸に血液を送る腸間膜動脈に閉塞がないのに、大腸への血液の循環が悪くなり、大腸粘膜が虚血(動脈血量の減少による局所の貧血)となり炎症や潰瘍を生じる疾患です。50歳以上の高齢者に多く発症しますが、便秘のひどい若い女性にも見られることがあります。症状としては、突然の強い腹痛や下痢、下血が起こり、結腸に粘膜の発赤、むくみ、びらん、潰瘍、壊死などを生じます。

重症度から、一過性型、狭窄型、壊死型に分類されますが、半数は2週間以内に症状が消える一過性で、後遺症が残りません。

狭窄型は1か月ほど腹痛や下痢が続き、急性期がすぎた後、腹部膨満感や腸閉塞が現れることがあります。

壊死型はまれですが、重症で激しい腹痛から、腸穿孔(腸壁に穴があくこと)、敗血症やショック状態を合併して死に至る場合もあります。

【虚血性大腸炎の主な症状】

  • 突然の激しい腹痛
  • 新鮮血の下血(血便)
  • 下痢
  • 悪心(おしん:吐き気、お腹や胃の不快感の総称)、嘔吐
  • 発熱

スポンサードリンク

虚血性大腸炎とはどのような原因で発症するのか?

虚血性大腸炎は、もともと高血圧や糖尿病、虚血性心疾患などの動脈硬化性疾患、心不全、非閉塞性循環障害があるところに、便秘などの腸管内圧の亢進(病状などが高ぶり進むこと)、腸管の蠕動運動の異常、粘膜血流量の減少などがきっかけになって起こることが多いと考えられています。

大腸に分布している大小の動脈に血栓が詰まったり、脈の内径が狭くなることで血行障害がおこり、大腸に潰瘍などの病変や、ひどい場合は壊死が起こります。

高血圧症や動脈硬化症、あるいは狭心症、心筋梗塞などのように、血行障害を招く病気のある中高年以上の人によくみられる病気ですが、高齢化とともに増加しています。多くは数日で症状がおさまる一過性型で、壊死に至るのはほんの少数です。

【虚血性大腸炎の原因】

  • 動脈硬化
  • 便秘

虚血性大腸炎の治療法は?

虚血性大腸炎を発症した時の受診科は、内科、消化器内科、外科などになります。治療法は、一過性や狭窄型の場合は安静にして絶食を行ない、輸液、抗生剤投与などを行います。腹痛に対しては、対症療法的に鎮痛薬や鎮痙薬を使用し、症状が改善したら食事を開始します。

狭窄型では、狭窄(狭く細くなる状態)が強いときは手術を行うこともあります。壊死型の場合は、壊死した大腸の切除手術を行います。

虚血性大腸炎は、原疾患として、糖尿病、膠原病、血管炎などがある場合があります。原疾患の管理と突然の腹痛や下血があった場合にはできるだけ早く医療機関で適切な診断、治療を受けるようにしましょう。

動脈硬化などからの腸管の虚血が原因で便秘になりやすいので、食生活を整え、適度な運動を行い生活を整えましょう。繊維の多い食品(ごぼう、ワカメ、芋など)の摂取を心がけ、便秘を避けることも予防や再発防止に効果的です。

まとめ

今回は虚血性大腸炎について解説いたしました。高齢者や、便秘がちな女性に多く発症する疾患ですので、 高齢の方や女性で、激しい腹痛や下血が見られた時にはこの疾患の可能性も疑い、すぐに専門医を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク