子どもの乗り物酔い

旅行や行楽につきものの乗り物移動。車内でも景色を眺めたり、家族や仲間と会話をしたりといった楽しみがあり、乗り物に乗っている時間も旅行や行楽の一部の大切な時間ですよね。ところが、乗り物酔いをしてしまうと楽しいはずの旅行も台無しになってしまいますね。今回はお子さんに旅行を楽しんでもらうための車酔いの対策を紹介いたします。

スポンサードリンク

乗り物酔いの原因は大人と子供では違うのか?

乗り物酔いは、三半規管が捉えた身体の平衡感覚の情報と、目から入ってくる視覚情報にズレが生じることで脳が混乱した状態になることが原因とされています。これは大人でも子供でも共通しています。

しかし、この状態を何回も経験することで身体に耐性がつき、乗り物酔いを克服できるケースが多くあります。つまり、乗り物酔いは「慣れ」によって解消することもある身体症状なのです。

したがって、子供の頃は車酔いがひどかったのに、いつの間にか酔わなくなっていたという経験をお持ちの大人の方も珍しくありません。

つまり、大人と比べて車酔いの経験数自体が少ないために子どもは酔いやすい場合が多いのです。

子供の乗り物酔いの対策は?

慣れることが車酔い克服の手段にもなりますが、かわいいお子さんに乗車のたびに車酔いを経験させたいなんて親御さんはいません。車酔いの対策はしっかりとして、快適な気分で車に乗っていてもらいたいですよね。

主な対策としては、揺れが大きい後部座席ではなく揺れが少ない助手席に座るのが良いでしょう。助手席なら見晴らしもいいですし、遠くを見るようにしていれば車内で本を読んだり手元でゲームをしているよりもはるかに酔いにくいと考えられます。

あと、昔から言われている梅干しが効くという言い伝えも胃酸の分泌を促すという点では効果が期待できると言えます。ショウガも車酔いに効果的ということが近年ではわかってきています。乗り物に乗る2日前くらいからショウガ湯やショウガ紅茶や粉末など、お子さんが摂取しやすい形で少しずつ薬代わりに飲んでおくと高い効果が期待できます。

もちろん当日は睡眠を十分にとり、食べ過ぎない程度に食事もきちんと摂るといった基本的な体調管理も重要です。

柑橘類は消化が悪く酔いを促進させてしまうケースがあるので摂取はできるだけ控えましょう。

締め付け感のないリラックスできる服装を心がけることも大切です。

万全を期したにも関わらず車酔いしてしまった場合の応急処置としては「氷」を口に入れるのが効果的と言われています。

乗り物酔いの酔い止め薬で子供むけのおすすめは?

車酔いの対策はいろいろあるにせよ、やはり一番頼れるのは「酔い止め薬」だとお考えの方が多いと思いますので、子供向けの市販薬をいくつかご紹介いたします。

3歳から服用可

<第2類医薬品>こどもクールスカイ(キティ) 20mL×2

・カフェイン成分が頭痛を軽減。
・子どもが好きなりんご味。
・有効成分が吸収されやすい液剤。
・めまい、はきけ、頭痛などに効果を発揮。

<第2類医薬品>こどもセンパアS液 20mL×2

・子どもが好きなグレープフルーツ味。
・ドリンク剤なので気分が悪くなった時にその場で服用可能。

5歳から服用可

<第2類医薬品>トラベルミン・ジュニア 6錠

・催眠作用が強いため移動中に休みたいお子さん向け。
・酔ってしまってからの服用でも、めまい、吐き気、頭痛に効果を発揮

<第2類医薬品>トラベルミン チュロップぶどう味 6錠

・ドロップタイプなので手軽に服用可能。
・めまい、吐き気などの症状の予防・緩和。

7歳から服用可

<第2類医薬品>パンシロントラベルSP 12錠

・水なしで飲めるチュアブル錠。
・子どもが好きなオレンジ味。

注意事項

他の薬と併用する際には、必ず事前に薬剤師か医師に相談してください。。

まとめ

今回はこどもの車酔い対策をいろいろお伝えしてきました。効果には個人差がありますので、どれをやれば一番効くのかということは言えませんが、お子さんにぴったりの対策が見つかれば何よりです。お子さんが乗り物酔いを克服してたくさんの旅行を楽しめることを願っています。