口臭対策

口臭の種類と原因

口臭の種類には、一時的なものを含む生理的口臭と、慢性的な病的口臭があります。また、悪臭があると思い込む心因的なケースもあります。

生理的口臭の原因には、舌苔の堆積、膿栓(口腔内の細菌の死骸や食物かすなどがたまったもの)、口腔乾燥症、加齢、女性ホルモンの変調(妊娠時、思春期、生理期間)、喫煙、飲酒、食べ物などがあります。

病的口臭の原因は、その8〜9割が虫歯や歯周病、舌苔(ぜったい)、しっかり歯を磨く習慣がないことからなる口内環境の問題と言われています。他には、慢性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、慢性気管支炎、胃腸の不調、肝機能障害、糖尿病、腎疾患などがあります。

スポンサードリンク

口臭対策や治療方法

口臭の原因を解明することが第一です。原因を取り除き、治療できる病気は歯科や耳鼻咽喉科などで治療し、その上でこまめな口腔の清掃、薬用洗口剤を使ったうがいを行います。

歯に食べ物が挟まったままでいると腐敗が進み、特に腐った肉類は強烈な匂いを発します。食後の歯磨きは食べかすの除去と口臭の原因除去の意味で非常に大切です。少なくとも毎食後3回は歯磨きをしましょう。

舌の表面にも食べかすや古くなった細胞が付着し、白い苔のような舌苔(ぜったい)も臭いの原因になります。歯ブラシで舌をこすると傷つけて出血しやすいので、舌専用歯ブラシでやさしく磨くこともおすすめです。

また加齢によって睡液の分泌量が減少します。睡液には口腔内を殺菌する能力があるので、睡液が少なくなると菌が繁殖し臭いの元となります。普段からよく噛む習慣をつけて唾液の分泌量を増やすことが大切です。リラックスタイムにガムを噛むことも効果的です。

口臭の原因の残り20%は内臓疾患で起きます。口臭が原因で思わぬ重症の内臓疾患を発見することもあります。卵が腐ったような口臭がする場合は、消化器系の疾患の可能性があります。胃炎、十二指腸潰瘍などがあると、食べたものが消化しきれず、胃の中で発酵(腐敗)し、強い口臭を起こします。この匂いが血流から全身に周り、体臭を引き起こすこともあります。

口臭の種類と健康状態の関連性としては、カビのような匂いは肝機能の低下、甘酸っぱい匂いは糖尿病、アンモニア臭は腎機能低下や尿毒症、腐った肉のような匂いは口や鼻腔の病気などが疑われることが一般的です。また歯周病が悪化したときも匂いは強くなります。これらの匂いがした場合は、歯医者さんだけでなく、内科なども受診し、早めの対策を取りましょう。

口臭の原因がなく、他人に認められる臭気がない場合は、自臭症が疑われます。心療内科でのカウンセリングを受けましょう。向精神薬が使用されることが一般的です。

スポンサードリンク