こどもの日に菖蒲湯に入る風習の由来と効能と作り方を知りたい

5月5日の端午の節句には菖蒲を浮かせたお風呂「菖蒲湯」に入るという習慣があります。毎年やっている方もいらっしゃるでしょうし、聞いたことはあるがやったことはないという方も多いかと思います。今回はそんな菖蒲湯について紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

こどもの日に菖蒲湯に入る伝統や習慣の由来は?

菖蒲湯という習慣はいつから始まったのかを紐解くと「端午の節句」そのものの歴史と切っても切れない関係があることがわかります。

「端午の節句」は奈良時代から脈々と続く伝統文化です。「端午」とは五節句のひとつで、本来は旧暦における毎月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、端午の日は年間に12回あるものでしたが、午(ご)という音から毎月5日を指す言葉に転じ、ついには5月5日だけを「端午の節句」と呼ぶように変化したのです。もともと季節の変わり目である端午の節句には薬草を摘んで邪気をはらうという習わしが古くからあり、魔物を祓う薬草とされていた菖蒲をヨモギと一緒に軒に挿すような風習はこの頃からあったようです。

古来は宮廷で端午の行事が行われていましたが、鎌倉時代以降の武家社会化とともに宮廷での行事は廃れていきました。代わりに「菖蒲」(しょうぶ)と「尚武」(しょうぶ)をかけた「尚武の節句」として端午の節句を盛んに祝うようになっていったのです。「尚武」とは武道や武勇を重んじる考え方のことです。「勝負」といった意味合いも少なからずあったでしょう。また菖蒲の形が剣に似ていることも武士たちが好んだ要因の一つでしょう。

やがて江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が将軍を祝うために式服で江戸城に訪れたといいます。このような流れの中で、薬草で邪気をはらうという端午の節句の行事が、男児の誕生を祝う特別な日へと変遷していき、武家では甲冑や兜を飾るようにもなっていきました。

この端午の節句を男子の節句とする風習は武士の間だけでなく庶民にも広まっていきました。当初は幟(のぼり)や吹流しを玄関に立てていたものが、厚紙で作った兜や人形に変わり、やがて鯉のぼりも飾られるようになりました。

邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた菖蒲を湯に入れて「菖蒲湯」として浴す習慣も江戸時代から広まり始めたと考えられています。他にも菖蒲を浸したお酒(菖蒲酒)を飲んだり、悪鬼退治の意味で馬から弓を射る儀式なども執り行なわれていたようです。

このように菖蒲湯は、もともとの季節の節目であった端午の節句に厄除け・無病息災のために用いられていた菖蒲を飾る風習が、やがて菖蒲という名前を「尚武」にかけて武家社会では広く風物詩として用いられ、厄除けのためにお湯に入れて入浴するという習慣が現代まで受け継がれてきたものなのです。

昭和の頃には5月5日には全国の銭湯で菖蒲湯が入れられていましたが、残念ながら近年では銭湯でも家庭でも菖蒲湯の習慣は廃れつつあるように感じます。春を感じることができる古き良き伝統でありますので、特に小さな男の子のいるご家庭でしたら今年は是非とも菖蒲湯を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

菖蒲湯にはどんな効能があるのか?

菖蒲湯に使う葉の部分にはテルペン、アザロン、オイゲノールなどの香り成分があり、血行促進や疲労回復に効果があると言われています。神経痛やリウマチにも効果が期待できると紹介されている場合もありますが、葉の部分では効果が見込める成分の含有量はごく微量ですので気休め程度だと思っていた方が賢明です。

漢方で「菖蒲根」(ショウブコン)として使われるのは菖蒲の根茎の部分で、この部位には葉の部分以上に精油成分が豊富に含まれています。菖蒲湯とは関係ありませんが、菖蒲根には神経症、胃痛、関節痛、打撲傷などの効果があると言われています。

菖蒲湯の作り方を知りたい

まず菖蒲を花屋さんやホームセンターなどで購入します。この時期にはほとんどの店頭に置いてあります。注意点としましては、誤って「花菖蒲」を購入しないようにしてください。菖蒲湯に使用する菖蒲はサトイモ科の植物なのに対して、花菖蒲はアヤメ科の全く別物の植物です。「葉菖蒲」や「葉ショウブ」などと書かれていれば問題ありません。品種が不明な場合はお店の人に確認するようにしてください。

いざ、菖蒲湯の作り方ですが難しいことはありません。菖蒲を軽く水またはお湯で洗ったら10本ほどの葉を束ねて、お湯を張った浴槽に入れるだけです。束はしっかり留めておけば問題ないですが、散らばるのが心配な場合は洗濯ネットなどに入れて使用する人もいるようです。

より本格的に行なう場合は、お湯を張る前から菖蒲を浴槽に入れ、少し高めの温度のお湯(42〜4℃程度)を先に入れて香りの成分が出やすくするという手順もあるようですが、体感的にどれほどの差が感じられるかは個人差かと思います。

最大限に香りを楽しみたい場合は葉をそのままではなく細かく刻んで洗濯ネットなどに入れて浮かべるのが良いでしょう。

まとめ

菖蒲湯の由来、効能、作り方と紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?簡単に実践できますし、湯船に浮いた菖蒲の大きな茎はお子様の思い出の写真として残すにも適していておすすめですよ。忙しい日々の中にも季節を感じるくらいの余裕を持って生活を楽しみたいものですね。

スポンサードリンク