気管支拡張症

気管支拡張症は、気管支が拡張したまま戻らない症状です。慢性的に咳や痰が続き辛い疾患ですが、現在では薬品の進歩によってその症状は大きく緩和されるようになってきました。今回はそんな気管支拡張症について解説いたします。

スポンサードリンク

気管支拡張症とはどのような症状の病気なのか?

気管支拡張症のおもな症状は、慢性的に続く咳と痰です。咳や痰が増え、気管支の拡張した部分に痰がたまりやすくなるため、膿性の痰をともなう咳が出るようになります。血痰や喀血がみられることもあります。

夜間に痰がたまり、朝起きると咳とともに痰が出てきます。一日のうちでも痰の出る量は午前中に多く、午後になるとだんだん減っていきます。

気管支の拡張した部分に細菌が感染すると、痰が粘液性から膿性に変わり、量が多くなって悪臭をともなうこともあります。また発熱や胸痛を伴うこともあります。

気道感染を繰り返し、進行すると、発熱、呼吸困難、全身倦怠感なども現れます。

気管支拡張症の種類

気管支拡張症は病気のおこり方から先天性のものと後天性のものに分けられます。更に後天性のものは特発性気管支拡張症と続発性気管支拡張症の2つに分類されますが、気管支拡張症といえば一般的には特発性気管支拡張症のことを指します。また、副鼻腔炎を伴うこともあります。

  • 先天性気管支拡張症
    気管支内壁の組織に先天的な異常があるために発症した気管支拡張症で、慢性的にじわじわと拡張しやすいものです。
  • 特発性気管支拡張症
    気管支拡張症をおこした直接の原因がわからないものにつけられる病名です。生まれつきのものと、生後に発生したものとがあります。
  • 続発性気管支拡張症
    成人に多くおこる症状で、肺結核、肺炎、肺癌などの病気や、肺結核の手術で胸郭成形を行ったあとに起こったものをいいます。

スポンサードリンク

気管支拡張症とはどのような原因で発症するのか?

気管支拡張症は、気管支の一部が広がってしまう病気ですが、原因についてははっきり解明されていない部分もかなりあります。子供の頃にかかった麻疹(はしか)や百日咳、ウイルス性肺炎などの後遺症が原因のひとつではないかと考えられています。

びまん性汎細気管支炎でもみられます。慢性副鼻腔炎と合併したものは副鼻腔気管支症候群といい、このほか、先天的、遺伝的要因によるまれな病気に気管支拡張症がみられます。

気管支拡張症の治療法は?

気管支拡張症の受診科は呼吸器内科や外科になります。気管支拡張症を発症して拡張した気管支は元には戻りません。そのため治療は痰や喀血に対する処置や、気道感染の予防、管理が中心となります。

まず細菌感染のもとになる痰を除去することから始めます。痰の排出を促すために、体位ドレナージなどの排痰法を行なったり、去痰薬や気管支拡張薬などを用います。

感染原因の病原体は痰の検査でわかりますから、病原体がはっきりしたら抗生物質の投与を行います。

薬物療法として、マクロライド療法も行われます。発熱など、感染症で症状が悪化した場合には、他の抗菌薬で対応します。血痰や喀血がある場合は、患部を下側にして寝て、止血剤を使用します。

局所的なものであれば、拡張した肺の一部を外科的手術で切除することもあります。また、副鼻腔炎を合併している場合には、耳鼻科的な処置も併行して行われます。

現在では薬品の進歩により、手術をしなくても日常生活にあまり支障をきたさなくなっています。

喀血の対処法

喀血とは、気管支や肺など呼吸器からの鮮紅色の出血で、気管支や肺の病気、外力による肺の損傷などにみられる主症状のひとつ。出血がごく少量の場合は血痰と呼ばれます。

  1. まず、呼吸器からの出血(喀血または血痰)か、口や喉、鼻からの出血であるかを調べます。咳嗽(がいそう)や胸痛を伴う場合は喀血の可能性があると判断します。
  2. 喀血の多くは突発的なので、あわてずに気道閉塞と出血性ショックの有無を調べます。気道閉塞は生命の危険を伴うから素早い対処が必要です。
  3. 凝血魂による気道閉塞を防ぐには、自己喀血を促すために指を喉に入れ、背中を叩いてもらって凝血塊を取り除きます。
  4. 気道内から血液が流出している場合は、顔を横に向け、口から吐き出させます。出血場所が分かれば、そこを下にして側臥位をとらせます。
  5. 出血量が多く呼吸が安定しない場合は気管にチューブを入れて呼吸を助けるの気管挿管を行います。

まとめ

今回は気管支拡張症について解説いたしました。現代の医療では完治はしない疾患ですが、薬品の進歩によって日常生活には大きな支障をきたすことはなくなりつつあります。病気に対する正しい知識を身につけ、うまく病気と付き合っていくようにしましょう。

スポンサードリンク