赤ちゃんのアレルギー検査の費用はどれくらい?

川崎病とは全身の血管が炎症を起こす病気で、おもに4歳以下の子供に見られます。1963(昭和38年)年に川崎富作博士によって発見されたことから、この名前がつけられました。今回は川崎病について解説いたします。

スポンサードリンク

川崎病とはどのような症状の病気なのか?

川崎病を発症すると、発熱・発疹など特徴的な症状が出ます。4歳以下、とくに1歳くらいの乳幼児に多い病気です。この病気には、次のような特徴的な症状があります。

  • 39〜40℃の高熱が5日以上続く
  • 目が充血する
  • 唇が腫れ、舌がいちごのようにブツブツと腫れる「いちご舌」が見られる
  • 発熱後2〜3日で全身に発疹が出る
  • 4〜5日後に手足が赤く離れ、10日くらい後に指先の皮がむけてくる
  • 急性期に首のリンパ節が腫れる

これらの特徴的な症状があるため、特別な検査をしなくても診断を下すことができます。また冠動脈に動脈瘤ができることがあり、動脈瘤が破裂すると命に危険があります。以前は、この病気の子供のうち2%ほどが亡くなっていましたが、現在は0.7%程度にまで危険性は低下しています。

スポンサードリンク

川崎病とはどのような原因で発症するのか?

川崎病の発症原因は未だ解明されていません。

ウイルスや細菌に感染したのを契機にそれを防ぐための免疫反応が起き、全身にある中小の血管に炎症が生じるのではないか、何らかの環境物質による刺激が関係しているのではないか、など、あらゆる説が提唱されてきましたが、近年では、日本人をはじめとするアジア系の人々が多いことや、兄弟や姉妹が同時期に発症するケースが多いことから、遺伝的な要素との関連も研究されています。

また、溶血性連鎖球菌の毒素によるものではないかという研究も行われています。いずれにしても早い原因究明が望まれるところです。

川崎病にはどのような治療方法があるのか?

川崎病にかかった場合は、心臓に冠動脈瘤などの合併症を引き起こす危険があるため、入院して治療することになります。

川崎病にかかった際にもっとも注意が必要な合併症の予防のために、アスピリンの内服によって、血液を固まりにくくして血栓ができるのを予防するとともに血管の炎症を抑える「アスピリン療法」や、全身の炎症を抑えて冠動脈瘤の発生を予防す「ガンマグロブリン療法」(免疫グロブリン療法)などが行われます。

また、冠動脈障害が残ってしまった場合は、退院後も定期的に検査を受けて経過を観察することが必要です。かかった子の10%くらいに心臓血管障害が残ると言われており、風邪のような症状でも医師に診てもらうようにしましょう。

まとめ

今回は川崎病について解説いたしました。発症の原因が不明だったり、冠動脈障害が残った場合に定期的な経過観察が必要になるなど、非常に重い疾患であることがおわかり頂けたかと思います。原因がはっきりしないため予防や対策をとることができませんので、万が一かかってしまった場合には早急に医師に相談しましょう。

スポンサードリンク