加齢臭の原因は?どのくらいの年齢から現れる?対策や予防方法は?

2000年に資生堂と高砂香料工業が共同研究を行なった結果、中高年に独特の体臭の原因がノネナールという物質であることが判明しました。その体臭には「加齢臭」という名称がつけられ、あっという間に一般的に認知される言葉になりました。現代人の生活環境が向上し、衛生面や臭いに対して敏感になったため、多くの人たちは加齢臭が気になるようになったのです。今回は年齢とともに気になる体臭「加齢臭」の原因や対策について解説いたします。

スポンサードリンク

加齢臭の原因は何?

字の如く、誰しも加齢とともに独特の匂い(古い学校の図書館のような匂い)を発する可能性があります。

加齢臭のもととなっている臭いは皮脂腺から分泌される「ノネナール」という物質です。これは酸化された脂の匂いです。簡単に言えば身体に蓄積された脂肪が古くなり、酸化、発酵した臭いが加齢臭となるのです。

加齢に伴って皮脂腺から脂肪酸がより多く分泌されるようになりますが、その脂肪酸のひとつ「9-ヘキサデセン酸」が、同じく加齢によって増える過酸化脂質と結びつくことで分解され、酸化して、加齢臭の原因となるノネナールができるのです。

9-へキサデセン酸は、男女を問わず、加齢に伴って増加しますが、男性ホルモンが皮脂腺を活発にするので、男性の方が女性よりノネナールができやすくなり、そのため加齢臭も強くなると考えられています。ただし中高年の女性でも男性ほどではないにしろ加齢臭は現れます。

加齢臭は衣類にも移ります。スーツやコートに移った臭いが外気に触れて酸化し、独特の悪臭を放ちます。

頭髪からも加齢臭がするのは、髪の毛が臭いを吸収しやすいためであり、頭皮の臭いの主因はフケによるものです。湿生のフケが空気とふれて臭いを派生させます。耳の裏も皮脂が発生しやすく臭いが出やすい部位です。お父さんの枕が奥さんや子供から嫌われるのは、頭髪や頭皮や耳の裏が悪臭を発しやすいためなのです。

脇の下の悪臭はいわゆるワキガによるもので、その原因であるアポクリン腺が多いことによります。

また、ストレスが多いと、活性酸素が増加し、加齢臭のもとになる過酸化脂質を増やしますので、ストレスの多い人は、加齢臭にも注意が必要と言えます。

スポンサードリンク

加齢臭が現れ始める年齢は何歳ごろから?

男性の場合は、加齢臭は「オヤジ臭」と呼ばれることもあるように、中高年とされる40代頃から発生するのが一般的です。なぜこの年代から加齢臭が目立ち始めるかというと、この年代の頃がもっとも皮脂の分泌が活発なためです。皮脂の酸化によって”臭いのもと”ノネナールが生成されるので、皮脂の分泌が活発イコール加齢臭の発生も盛んに行なわれるということになるのです。しかし、近年では生活習慣などによって30代頃からでも加齢臭が発生するケースも決して珍しくはなくなってきています。

女性の場合も加齢臭はありますが、男性ほど顕著には現れないのが一般的です。

女性の場合は、女性ホルモンの分泌量が加齢臭と大きく関わってきます。女性ホルモンは、30代頃から徐々に減少傾向にあり、40〜50代にかけて急激に減少していきますが、女性の加齢臭はこの女性ホルモンの減少とともに発生しやすくなるため、女性の場合の加齢臭は一般的に50〜60代頃から注意が必要です。

また女性の場合、通常なら30代頃までは女性ホルモンも活発で加齢臭は起こりにくいという前提がありますが、過度なダイエ ット、食生活の乱れ、不規則な生活、ストレスなど様々な要因により、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、加齢臭の発生を促してしまうケースもあります。

20代でも、過度なダイエットや食生活の乱れなどで加齢臭に悩む事例も実際に増えていますので、健康管理には十分に注意しましょう。

加齢臭を抑える対策や予防策は?

加齢臭は、年齢を重ねるという避けては通れない原因以外にも、様々な要因で起こると考えられます。予防や対策を講じて少しでも加齢臭を目立たなくさせることは可能です。心当たりのある原因があれば早速改善に努めていきましょう。

加齢臭の予防策

●毎日の入浴やシャワーで体を清潔に保つ

加齢臭の原因であるノネナールの発生を抑えるには、皮脂に含まれる9-へキサデセン酸の分解を防ぐことがポイントになります。そのためには、皮脂を首筋や背中、脇の下など身体の表面に溜め込むことがないように、体を常に清潔に保ちましょう。毎日の入浴で、体を丁寧に洗うことで大きな効果が得られます。

●汗に気をつける

汗はこまめに洗い流しましょう。汗の量が多い夏、または汗かきの人は、朝晩のシャワーや入浴で身体を清潔に保つことを心がけましょう。外出の際には、ウェットシートや制汗シートを持参し、汗を抑えるようにすると良いでしょう。

●服は毎日とりかえる

体臭は衣類にも移ります。当然下着は毎日取り替えますが、上着も毎日着替え、こまめに洗濯するようにします。気になるようであれば、衣類用の消臭スプレーも効果的です。

●加齢臭対策グッズを効果的に使う

加齢臭を防ぐ効果がある石鹸やシャンプーがたくさん販売されていますので活用しましょう。特に抗酸化薬剤と抗菌薬剤を配合したものは、9-ヘキサデセン酸の分解を防ぐ効果が期待できます。

●ストレスのない生活を送る

ストレスにより活性酸素が増えれば、加齢臭のもとになる過酸化脂質も増加してしまいます。加齢臭対策のためにも、ストレスをためない穏やかな毎日の生活を心がけましょう。

●脂分を抑え、抗酸化効果のある食品を摂る

脂っこい食事や動物性脂肪の多い食事は体臭を強くします。生活習慣病の予防のためにも脂質の多い食事は控えるようにしましょう。焼き肉などの肉類を食べるときは、抗酸化作用の高い野菜(ピーマンやカボチャ、パセリなど)も併せて食べると良いでしょう。キムチなどの発酵食品は乳酸菌の働きによって善玉菌を増やし、臭いを抑えやすくしてくれるのでしっかり摂りたいものです。

また、緑茶やごま、豆腐など抗酸化作用のある食品を積極的に摂るように心がけましょう。特に緑茶は、消臭効果もあるのでおすすめです。

脂っこい食事や動物性脂肪を多く摂っている人は、比較的早い年齢から臭いやすく、また臭いの強さもきつくなる傾向にあります。

●適度な運動をする

加齢臭とは、古くなった体脂肪の臭いですが、有酸素運動はその脂肪を燃焼させるものです。当然、運動習慣のない人は身体にどんどん脂肪が溜まり、古くなり、加齢臭はきつくなっていきます。日頃運動習慣のない人は、定期的に運動をするように心がけ、古い脂肪を体に残さないように改善していきましょう。

●コロンや整髪料をつけすぎない

オーデコロンや整髪料の強い臭いに加齢臭が混ざると、なんとも言えない悪臭を生み出し、周囲から不快に思われることもあります。コロンや整髪料のつけすぎには注意したいものです。

●飲酒や喫煙はほどほどに

過度の飲酒や喫煙も臭いのもとになります。健康のためにもお酒はほどほどに、タバコはできるなら禁煙するように心がけましょう。

●ガムを噛む

加齢臭は体内から発生するもので、その改善にはある程度の時間を要しますが、ガムを噛むことで、ガムの匂いが臭気を抑え、短時間であっても対人関係の緩和に役立ちます。即効性のある対策としてガムや口臭対策効果のあるタブレットはおすすめです。

まとめ

今回は中高年になると避けては通れない体臭「加齢臭」について原因や対策を紹介いたしました。臭いの原因となるノネナールを体に残さないように清潔を保つことや、悪影響を及ぼす生活習慣の改善が効果的と言えます。自分の身体の臭いはなかなか自分では気づきにくいものですので、つい予防や対策を怠りがちですが、男性女性問わず中高年になったら敏感に加齢臭のケアを心がけていきましょう。

スポンサードリンク