肝炎の種類や症状と感染経路

肝炎の種類と症状

肝炎の種類

肝炎は、肝臓に炎症が起こる病気です。最も多いのは、肝炎ウイルス感染によるもので、ウイルスの種類により、A型、B型、C型、D型、E型の5種類があります。急性肝炎が6ヶ月以上続く場合は慢性肝炎に分類されます。病状が進行すると、黄疸や脾臓の肥大、皮膚のクモ状血管腫(クモの足のように放射状に広がる血管が肉眼で見える状態)などが現れます。慢性の状態が続くと、肝硬変、肝不全、肝がんになることがあります。難治性肝炎のうち劇症肝炎は難病指定されています。

スポンサードリンク

肝炎の症状

  • 発熱
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 黄疸:血液中のビリルビンが異常に増えて皮膚や粘膜が黄色くなる状態
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 無症状

肝炎の原因

  • 肝炎ウイルス感染
  • アルコール

肝炎の治療

  • 症状や原因によって治療法は異なりますが、急性ウイルス肝炎の場合、C型肝炎を除き、ほとんどが慢性化することなく自然に治る病気です。
  • B型の一部とC型では、肝炎が慢性化し、肝硬変や肝がんになることがあります。
  • 慢性肝炎では、抗ウイルス作用のあるインターフェロン等による薬物療法が行われます。
  • 脂肪の取りすぎを避け、バランスのよい食事を心がけます。症状が進行している場合には、塩分やたんぱく質の制限がかかることもあります。
  • 暴飲暴食や喫煙をやめるなど、改善できる生活習慣を変えていくことも重要です。

スポンサードリンク

肝炎ウイルスの感染経路

肝炎の感染経路は型によって異なります。主に次のような感染経路が知られています。

A型肝炎の感染経路

ウイルスで汚染された水や食べもの(生の貝類など)を口にすることで感染します。感染者の便を介して感染するので、介護施設などでは、感染者の汚物から広がることもあります。A型肝炎ウイルスのワクチンを使うと、短期間の予防効果があります。衛生状態のよくない地域に、旅行するときなどに有効です。

B型肝炎の感染経路

主に血液や体液を通して感染します。輸血や血液製剤、覚せい剤使用時の注射針、歯ブラシやカミソリなどの共用、性行為でリスクが高まります。出産時に、母親から新生児に感染することもあります。B型肝炎ウイルスのワクチンを接種することにより、ほとんどの場合、感染を予防できます。感染者と接することが多く、感染リスクが高いときに重要です。

C型肝炎の感染経路

B型肝炎と同様、主に血液や体液を通して感染します。現在では、輸血による感染はほとんどなく、注射針の共用、刺青やタトゥー、ピアスなどがハイリスク要因とされています。母子感染や性行為による感染はあまり見られません。 現在、予防に有効なワクチンはありません。

D型肝炎の感染経路

D型肝炎は、日本ではほとんど発症例がありません。

E型肝炎の感染経路

A型肝炎と同様、感染者の便を通して経口感染します。生水や生の貝類、生肉などが感染源になり広がることがありますが、今までは発展途上国に限られていました。しかし、海外渡航歴がなく発症するケースも国内で報告され、感染経路の判明には、今後の研究が期待されます。ブタ・イノシシ・鹿といったジビエの食肉を加熱が不十分な状態で食することが感染経路の一つとも考えられています。現在、予防に有効なワクチンはありません。

スポンサードリンク