過敏性肺炎

過敏性肺炎とはどのような症状の病気なのか?

過敏性肺炎は、カビなどの吸引によって引き起こされるアレルギー性肺炎の総称で、外因性アレルギー性胞隔炎とも呼ばれています。

主な症状としては咳、発熱、悪寒、呼吸困難、倦怠感などが現れ、さらに悪化するとチアノーゼや血痰、胸痛などの症状が出てきます。抗原を吸入してから数時間で現れる急性型や、ゆっくりと進行し慢性的に続く慢性型があります。肺のX線写真を撮影すると、画像に粒状になった陰が映るためこの疾患であると診断されます。

スポンサードリンク

過敏性肺炎にはどのような原因アレルギーがあるのか?

過敏性肺炎は、小さなちりやほこりなど有機物質や無機物質を繰り返し吸入することで、それがアレルゲンとなって起こります。主に肺の間質に炎症が広がります。肺炎が病原体の感染でおこるのに対し、過敏性肺炎は免疫反応によっておこるものです。「農夫肺症」や「鳥飼病・愛鳥家病」、「空調病」など、原因となるものにちなんだ名前がつけられて分類されているものもあります。

夏型過敏性肺炎

夏型過敏性肺炎はトリコスポロンという真菌(カビの一種)が急激に繁殖することによって発病する肺炎で、日本における過敏性肺炎の患者数の中でも約7割を占めています。

この真菌は、高温多湿の環境で、日本特有の古くて風通しの悪い木造家屋や畳や寝具などといった環境が要因となって繁殖します。そのため、季節的には5~10月、特に夏期に多く発症し、冬期にはほとんど見られません。自宅で生活する時間が長い中年女性に多く見られる傾向があります。

空調肺・加湿器肺(空調病・加湿器病)

冷暖房の空調設備や加湿器内部の水やフィルターに繁殖した好熱性放線菌という真菌を、これらの機器を使用した時に吸入して発症する過敏性肺炎です。原因となる機器から離れると症状はよくなります。農夫肺症や鳥飼病・愛鳥家病に比べると、症状はおだやかです。

農夫肺

干し草や飼料に生えたカビ(好熱性放線菌)の胞子を吸い込むことが原因で、農業従事者に発症する過敏性肺炎です。

農作業では、作業中、周囲にカビが繁殖することが多く、これを日常的に長期間吸い込むことによって発病します。

農夫肺症には農作業の内容に応じて、干し草が原因となるものや砂糖きびが原因となるもの、きのこが原因となるものなど様々なものがあります。

鳥飼病・愛鳥家病

ハトやインコやオウムなどの鳥の羽毛や排泄物が抗原となって発症する過敏性肺炎です。鳥を飼育している人や養鶏業従事者だけでなく、羽毛布団や鶏糞飼料などで発症する場合もあります。

こういった種類の鳥のフンに含まれる血清などを長期間にわたって吸い続けていることで発病します。この病気にかかったら鳥を飼うのをやめない限り、治ってもまた再発します。

過敏性肺炎の治療法は?

過敏性肺炎の受診科は内科や呼吸器科やアレルギー科になります。原因となるアレルゲンを排除するか、遠ざける(遠ざかる)環境に身を置くことが治療の基本となります。

急性型では、アレルゲンから離れることだけで、状態はかなり改善されます。

夏型過敏性肺炎では、自宅の湿気が多い場所を中心に、畳替え、除湿、消毒などを含む大掃除をします。場合によっては改築・転居が必要になることもあります。

空調肺や加湿器肺では、貯水タンクやフィルターのこまめな掃除や交換が有効です。

農夫肺では、干し草や貯蔵場所の換気に努め、防塵マスクの着用も効果的です。

鳥飼病では、鳥に関連するものを取り除くようにしましょう。

症状が改善するのが遅かったり、状態がよくない場合には、薬物治療が行われます。プレドニゾロンなど、炎症を抑える作用のあるステロイド薬がたいへん効果的です。

スポンサードリンク