いびき対策

いびき対策

いびきは、睡眠時に起こる喉の粘膜の振動音です。喉の奥には、空気や食べ物の通り道となる咽頭があります。咽頭はもともと狭いところですが、眠っている間は舌が喉の奥に下がるので、さらに狭くなります。狭くなっているところで息を吸うと、空気が通過するときに粘膜が振動していびきが発生するのです。

傾向としては、中高年になると舌やのどの筋力の衰えから咽頭がさらに狭くなり、いびきをかきやすくなります。また、あごが小さい人、扁桃腺やアデノイド(咽頭扁桃)が大きい人、鼻づまりがある人、肥満の人もいびきをかきやすいと言えます。飲酒、睡眠薬、風邪やタバコの吸いすぎによる喉の炎症も、いびきの原因になります。

飲酒や風邪をひいたときなど、原因がはっきりしていて時々起こる程度のいびきであれば、健康上の心配は特にいりません。軽いいびきであれば、横向きに眠るだけでも改善されます。いびき防止のマウスピースを装着して眠ると、ある程度はいびきを軽減することもできます。肥満が原因の場合は、ダイエットをします。

ただし、

  • 自分のいびきで目が覚めて慢性的に眠れない
  • 睡眠時間は充分とっているのに朝起きたときに頭がボーっとしている
  • 家族からいびきがうるさくて眠れないと指摘される

などの症状が見られる場合は注意が必要です。特に睡眠中に息ができなくなる睡眠時無呼吸症候群の場合は、早めの診断や治療が必要になります。

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群…睡眠中に呼吸の停止をくりかえす病気を、睡眠時無呼吸症候群と呼びます。睡眠中に咽喉が完全に閉塞して、2秒以上呼吸が止まる状態を無呼吸と言い、1時間あたり無呼吸の状態が5回以上あると、睡眠時無呼吸症候群と考えられます。無呼吸の時には、ひどいいびきがしばらくの間(2秒以上)とまり、激しい息やいびきで呼吸が再開します。

呼吸が停止しても、一時的に脳が覚醒してのどをひろげる筋肉に指令をおくるので、そのまま窒息する心配はほとんどありません。けれども無呼吸になる度に脳が覚醒してしまうので、睡眠がとぎれとぎれになり、熟睡できません。そのため日中のひどい眠気や集中力の低下がおこります。また居眠りにより交通事故をおこしやすくなることも指摘されています。

無呼吸状態がさらにひどくなると、酸素の取入れが困難になることで心臓や血管に負担がかかるため、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などの合併症を引き起こすこともあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群は、中高年の肥満男性に多いと言われています。肥満により気道の周りに脂肪がつくと、その脂肪が気道を圧迫し気道がつぶれた状態になるからです。以前から習慣的にいびきをかいていた人が、肥満になるとある時点から発症するケースが多くみられます。

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群は、本人が自覚できないことも多いため、家族からの指摘があったり、睡眠時間は充分にとっているにも関わらず日中の眠気がひどい場合などは、専門医を受診しましょう。専門の外来(無呼吸外来)を設置している病院もあります。

はじめに問診で眠気がおこる状態などを説明します。肥満の程度によりリスクが高くなるので、肥満度をチェックされることもあります。

検査には、指先から血液の酸素飽和度を測る簡易検査や睡眠時の呼吸状態を調べる睡眠ポリグラフィがあります。血液の酸素飽和状態や無呼吸状態が確認されると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

最近は、簡易型の睡眠ポリグラフィもあるので、自宅で検査をすることも可能になりました。

肥満が原因で症状が発症している場合には、まず減量が指示されます。また空気を送り込む器械につなげた鼻マスクを装着することで、のどに空気を送り気道を膨らませて眠ることができる鼻CPAP療法を受けます。

症状が軽度の場合は、マウスピースをつけるだけでも症状は改善されます。いずれの治療にも健康保険が適用されます。

スポンサードリンク