ほうれい線とはどんな性質のしわなのか?目立たなくするための対策は?

鼻から口もとにかけてできるシワを「ほうれい線」(法令線、豊麗線、豊齢線)といいます。顔のイラストなどでも、ほうれい線が描かれているだけで老齢化のシンボルとなり、誰の目にも老けた印象を与えます。つまり顔を老けさせて見せてしまうこの「ほうれい線」は、女性にとってはアンチエイジングの大敵と言える存在です。

今回はそんな「ほうれい線」について解説いたします。

スポンサードリンク

ほうれい線とはどんな性質のしわなのか?

ほうれい線は、顔のほかの部分のしわと性質が少し違います。目もとやおでこなどは表情を動かすとシワが目立ちますが、ほうれい線は表情を動かさなくてもくっきりと存在しているのです。これは、ほうれい線はしわというよりも、頰のたるみだからです。

頰は顔の中で最も脂肪が厚く、線維組織が脂肪を支えるように取り囲んでいます。みかんの果実のまわりを白い線維が囲んでいるのと同じようなイメージです。この線維が老化とともにゆるんで脂肪が下がってくるのです。

しわができる最大の原因は、真皮のコラーゲンやエラスチン線維が傷んでくることですが、ほうれい線の場合はそれだけでなく、原因がより深い部分にあります。そのため、ほうれい線に対しては通常のしわに対するケアをしても効果が現れにくいと考えられます。

もちろん、コラーゲンやエラスチンを強化するケアが無駄というわけではなく、予防のためには、しないよりははるかに有効です。

スポンサードリンク

ほうれい線を目立たなくするための対策は?

普段から口を半開きにしたり、だらんとした表情をしていると、口のまわりの筋肉がゆるむため、意識して口元をきりっと引き締めること、口元の筋肉を鍛える運動をすることなどもほうれい線の予防になります。皮膚を強く引っ張るマッサージや、女性に人気の表情筋エクササイズは逆効果になりますので注意しましょう。

ほうれい線は深いので、自分で行うスキンケアだけでは消えませんが、どうしても消したい人は、美容皮膚科でのヒアルロン酸注射が比較的リスクが少なく効果的です。ほうれい線は見た目年齢に非常に大きく影響します。ほうれい線に対して行なうヒアルロン酸注射は、若くきれいに見せるために効率よい治療のひとつと言えるでしょう。

ちなみに、左右どちらか片側だけの法令線が目立ってくる人がいますが、これは、表情のくせや噛みぐせや歯並びなどの影響によるものです。歯並びは年齢とともに変わり、歯が内側に倒れ込んできたりして口もとが痩せたようになると、そこにシワができやすくなるため、結果的にほうれい線も目立つようになります。

まとめ

今回は見た目年齢に大きく影響を与える「ほうれい線」について解説いたしました。目尻やおでこのしわと違って、ほうれい線は頰のたるみであるため、通常のしわへのケアとは異なる対策が必要です。どうしても目立たなくさせたいという方は美容外科でのヒアルロン酸注射を検討してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク