皮脂を抑える方法は?ニキビとの関係は?正しい洗顔できてますか?

皮脂は顔のテカリの原因にもなり、気になる方は男女問わず多いのではないでしょうか?また、10代の頃には脂の分泌が盛んで、ニキビに悩まされたという経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

皮脂は肌に適度な潤いを保つ上で大切だと考えられていた時代がありますが、近年では皮脂はできるだけ落として、代わりに化粧水などの油分のない液体で保湿をする方が美容面では効果的という考え方がスタンダードになりつつあります。つまり、皮脂はできるだけ抑えたり落としたりする方が良いということです。

今回はそんな嫌われ者「皮脂」の対処について解説いたします。

スポンサードリンク

皮脂を抑えるにはどんな方法がいいの?

皮脂を分泌する皮脂腺は、通常、毛穴に開口しています。顔面では毛は細く毛穴が小さいのに対し、皮脂腺が非常に大きく発達しています。これを「脂腺性毛包」といい、ニキビができやすい毛穴です。皮脂腺が大きいので皮脂量が多く、それに対して毛が細いので出口がふさがれやすく、皮脂も詰まりやすいため顔にはニキビが出やすいのです。

また、毛が生えていない部分の皮膚では、毛に付着しない皮脂腺があります。これを「独立脂腺」といい、口唇、まぶた、乳輪、外陰部、肝門など、粘膜に近い部分に見られます。独立脂腺は頬粘膜や鼻粘膜にも存在します。

ホルモンバランスなどの影響で独立脂腺が肥大化してくることがあり、これを「フォアダイス状態」と呼びます。白く小さなポツポツが現れ、皮膚が隆起します。指で潰すこともできますが、その場合は潰したあとで化膿しないように消毒して清潔を保ちましょう。

皮脂分泌は性ホルモンによって促進されるので、10代後半が分泌量のピークになります。女性では30代頃から減り始めますが、男性では50代まであまり変わりません。

なお、生後1歳くらいまでの赤ちゃんでは、一時的に皮脂が多くなることがあり、乳児脂漏性皮膚炎を起こすことがあります。また、女性では黄体ホルモンの影響で皮脂が増えるので、生理前に皮脂が増える傾向があります。季節でいうと、夏の皮脂は冬の倍近くになると言われています。

洗顔で皮脂を取り除くと、皮脂分泌は盛んになります。2時間ほど経つと皮脂膜が形成されるので、そこからは分泌はゆるやかになります。皮脂腺には、皮脂膜を感じ取るセンサーがあり、これによってある程度のところで皮脂分泌にブレーキがかかるようにできているのです。

洗顔を頻繁に行うと、失われた皮脂膜を取り戻すために皮脂腺は活発に働きます。これを繰り返すと、皮脂腺は常にフル回転するので、次第に鍛えられて活発になります。顔がてかるからといって洗顔しすぎると、よけいにオイリー肌になることがあるのはこのためです。顔の皮脂を極力抑えるためには、洗顔を朝夕2回までにとどめることが有効な対策と言えるでしょう。

皮脂とニキビは本当に関係あるの?

皮脂が多いとニキビの原因になると端的に考えがちですが、ニキビのできる要因は皮脂分泌の乱れや毛穴の出口の角化異常、そのほかさまざまな因子が複雑にからみ合っているため、何も皮脂だけが原因とは言えません。体内バランスの乱れに夜様々な要素が総合的に絡み合って発生するもので、原因はよくわからない部分もあるのです。皮脂の除去だけに躍起になることは得策ではありません。自分の体内バランスを整えるように心がけること、つまり栄養バランスや睡眠やストレス対策などを含めた生活改善こそがニキビ退治への近道なのです。

スポンサードリンク

正しい方法で洗顔できていますか?

洗顔する際にもっとも必要なことは、皮脂をしっかり落とすことです。洗顔の目的はこれに尽きるといってもよいでしょう。これを理解できていないために、間違った洗顔を行なってしまい、肌の老化を早めてしまう人がたくさんいます。

洗顔の際、肌に皮脂が残ると、酸化されて過酸化脂質に変わります。これがシミやシワの原因になりますので、皮脂はしっかり落としたほうがよいのです。たとえば、皿にあけた油を1日部屋に出しっばなしにしておいたら、酸化してしまうように皮脂も同じで、空気にさらされていれば当然時間とともに酸化されていくのです。したがって1日に2回くらいは、洗顔で皮脂を落としたほうが良いのです。

皮脂を落とすことに主眼をおいた洗顔をする時には、肌をこすり過ぎないように気をつけましょう。そのため摩擦などの余分な負担をかけないために洗顔フォームや石鹸類を使用しますが、ソフトクリームのようにたくさん泡立てる必要はありません。泡立てのときは肌がすでに濡れているので、泡立てに時間をかけすぎると、水分が蒸発していき、肌のうるおいも奪われてしまいます。泡は、洗顔時に指と皮膚の間のクッションになれば十分です。顔が卵だったらと考えて、割らない程度の力で優しく、皮脂を落とすことを意識しながら洗いましょう。

洗顔後は潤いを逃さないように化粧水を塗ってしっかり保湿することをお忘れなく。

まとめ

今回は皮脂の対処方法について解説いたしました。オイリー肌の方は1日2回の洗顔をしてしっかり皮脂を落とし、保湿には化粧水を塗ってケアをすることが大切です。生活習慣も深く関係しますので見直してみると良いでしょう。

スポンサードリンク