貧血とは具体的にどんな症状?原因や改善方法が知りたい

長い時間立っていると立ちくらみがしたり、普段から動悸や息切れを起こしやすいという人は貧血の可能性が高いと考えられます。非常によく聞きますが、実際に貧血とはどのような症状で、何が原因なのでしょうか。そのままにしておいては様々な体調不良に繋がっていってしまいますので、ぜひ対策を立てていきましょう。今回は貧血について解説いたします。

スポンサードリンク

貧血とは具体的にはどのような症状を指すのか?

貧血とは具体的にはどのような症状をいうのでしょうか。

貧血には原因によって色々な種類がありますが、一番頻度が高いのは鉄欠乏性貧血です。鉄欠乏性貧血は赤血球数が減ることで、ヘモグロビン量も減ったものです。

体内に酸素を運ぶ役割をしているのが、赤血球に含まれるヘモグロビンです。赤血球は全身の細胞に酸素を運ぶ働きをしていますが、これはヘモグビンが酸素と結びつくことで行われます。ヘモグロビンは、鉄を材料としてつくられるヘムという赤い色素と、グロビンというたんばく質でできています。よって、体内の鉄が減ると、赤血球中のヘモグロビン量が減ってしまいます。

そのほか、ビタミンB12や葉酸が欠乏して赤血球になる前の赤芽球が成熟できなくなる「巨赤芽球性貧血(悪性貧血)」、赤血球が普通より早く壊されて不足する「溶血性貧血」があります。

貧血になると、体は低酸素状態隣、生命を維持するためにさまざまな代償反応が起こります。

ヘモグロビン濃度でみた貧血(WHO基準)

性別や年齢 貧血とされるヘモグロビン濃度
(g/dl<グラムデシリットル>)
幼児/妊婦 11g/dl以下

小・中学生/成人(女性)

12g/dl以下
成人(男性)  13g/dl以下

赤血球の数が同じでも、ヘモグロビンの数が減ると運ぶ酸素量が減るために貧血が起こるのです。

自覚症状

頭痛、耳鳴り、めまい、全身倦怠感、四肢冷感、運動時の呼吸困難、動悸、食欲不振など。

他覚症状

皮膚、粘膜などの蒼白、浮腫など。

貧血の症状

  • 顔色が悪く、血色が良くない
  • なんとなく、体がだるくて疲れやすい
  • 疲れやすい
  • 食欲不振
  • 頭痛、めまい、立ちくらみ、神経痛、むかつき
  • 黄疸
  • 嚥下痛、異嗜症、舌炎、舌下開、歯肉出血、点状出血、出血班
  • 体動時呼吸困難、動悸、胸痛、息切れ
  • 眼瞼結膜、口腔結膜、爪床の蒼白
  • 脾臓肥大
  • 匙状爪
  • 四肢のしびれ、歩行障害

貧血の簡単なチェック方法

鏡の前で、下まぶたの裏をチェックすると貧血の症状の有無が簡単にわかります。下まぶたの裏に十分赤い血液の色が見えれば正常です。全体が白く血管の1本1本がはっきり見えるときは貧血の疑いがありますので医師への相談をおすすめいたします。

スポンサードリンク

貧血の原因は?

貧血の原因にはいろいろありますが、普段、少食だったり、偏食気味でダイエット中の人は、鉄欠乏性による貧血を疑ってみる必要があります。

原因として、発育、成長により、たんばく質をはじめ造血成分の鉄、銅、ビタミンB群、ビタミンCなどの需要が増えるのに、欠食や偏食などによって、必要量が不足することがあげられます。月経、病的出血(消化性潰瘍、痔など)が長期にわたることなどによって起こることが多いです。

貧血の原因

  • 食生活

偏食やダイエットによる栄養バランスの悪い食事で、鉄分の摂取量が低下。鉄分だけに限らず、タンパク質やビタミン類の不足も貧血を誘引します。栄養のバランスが悪い、胃腸の働きが悪いといった症状も貧血に繋がっていきます。

  • 激しい運動

筋肉運動を日常的に行っていると、赤血球が破壊されて、鉄分が不足します。

  • 出血

外傷によるものなど、継続的な出血。

  • 不規則な生活

鉄分が不足しがちになります。

貧血を改善するにはどのような方法があるのか?

食生活の改善ポイントとしては、栄養が不足した体の回復をはかる異が重要になります。特に造血作用に関係のある、たんぱく質・鉄・銅・ビタミンB12・葉酸・ビタミンCを多く含む食品を十分補給するようにしましょう。おすすめの食材としては牛、豚、鶏のレバー、緑黄色野菜などが挙げられます。

そのほか、妊婦の貧血も見逃せません。特に、妊娠初期から後期にかけて、貧血の傾向がみられることが多いのです。食事方針は鉄欠乏性貧血の場合と同じですが、鉄剤を服用することが多くなります。

食べあわせで鉄の吸収率をアップ

食べ合わせによって鉄の吸収率を下げてしまう、逆効果の組み合わせがあるので注意しましょう。お茶にはタンニンという渋み成分が含まれており、鉄を結合して吸収されなくなってしまいます。よって、鉄剤服用後1時間はお茶・紅茶類の飲用は避けましょう。

好ましい食べ合わせとしては、造血作用のある鉄、葉酸、ビタミンB2、B6、B12の多いものが良いでしよう。鉄分は体内に吸収されにくいですが、ビタミンCと一緒にとると吸収率が上がります。

  • ほうれん草
  • マグロの赤身
  • 牡蠣
  • カツオ
  • レバー
  • チーズ

などを一緒に摂取するのがおすすめです。

まとめ

今回は貧血について解説いたしました。女性に多いイメージがありますが、生活習慣によっては男性にもたやすく起こり得るのが貧血です。まずはバランスのとれた食生活を送ることからスタートして、貧血の予防に努めてください。

スポンサードリンク