部屋干しの時にエアコンをドライは間違い?

風通しの悪い部屋で部屋干しをする時はエアコンをうまく活用して、より早く衣類が乾くようにしましょう。今回は部屋干しの時のエアコンの使い方について紹介いたします。

スポンサードリンク

部屋干しする時はエアコンをドライではなく〇〇に

部屋干しの時に、風通しが良くないお部屋の場合はエアコンを使用するのが効果的です。

ここで、ほとんどの方がエアコンの「ドライ(除湿)」モードを使うことを思い浮かべるかと思いますが、実はこれがそうではないのです。

意外なことに、部屋干しに最も適しているエアコンの運転モードは…なんと「冷房」なのです。

衣類を乾かすために重要なのは
湿度を低くすること
風が当たること
の2点だと言われています。

「ドライ」や「除湿」モードの場合は、湿度が50%程度までしか下げないように設定されており、部屋干しに適した湿度とは言えません。

冷房の場合はドライよりも圧倒的に湿度を下げるのだそうです。暖房でもドライよりは湿度を下げますが、電気代が冷房よりもかかるため、今回は部屋干しに最適なエアコンの運転モードとしては冷房を推奨させていただきます。

スポンサードリンク

部屋干しの時にエアコンの送風モードはどう使う?

部屋干しする洗濯物を、エアコンの風が当たる位置に設置しましたら、エアコンを冷房で運転しますが、「送風」機能もぜひ活用しましょう。

衣類を早く乾かすには風が当たることが重要ですので、送風機能で衣類にできるだけ強い風を当てましょう。扇風機も併用してより多くの風が当たるように工夫できればなお良いですね。

ちなみに、浴室で乾かしたい場合も浴室の空調モードは「浴室乾燥」ではなく「送風」の方が早く乾燥します。

部屋干しの時にエアコンの温度設定はどうするの?

部屋干しの際のエアコンの温度はどれくらいが良いのでしょうか?冷房の場合は可能でしたら一番低い温度設定(16℃〜18℃)が最も効果的です。

上述のように、早く乾かすために重要なポイントのうちの一つは「湿度を下げること」で、冷房の場合は最低温度にするのが最も底湿度になります。

しかし、一番低い温度で冷房運転を長時間行なうと電気代も高くつきますので、実際にはご自身の判断で可能な範囲で低温で運転すれば良いでしょう。

扇風機もぜひ併用してみてください。扇風機はエアコンとは比較にならないほど電気代は安価で済みますし、速乾効果もてきめんです。

まとめ

衣類を乾かすにはドライモードよりも冷房が効果的だという意外な事実、ご存じでしたか?しかも、設定温度も低い方が良いということで、無知な私がこれまでイメージしていた概念とは真逆でした。「部屋干しには冷房」という新常識をぜひこの機会に覚えて頂ければ幸いです。

スポンサードリンク