部屋干しの臭い対策

洗濯物を外に干せない時は部屋干しをすることがあると思いますが、気になるのは「臭い(におい)」ですよね?部屋干しの際に臭いが発生しやすい原因や、その対策を紹介いたします。

スポンサードリンク

部屋干しの対策 洗濯物の臭いの原因は?

部屋干しの洗濯物が匂ってしまう原因はズバリ「雑菌」です。洗濯で落としきれていない皮脂汚れがあったり、洗濯槽から出た汚れに含まれていた菌が付着してしまうことが主な原因です。

そして、衣類に付着した雑菌は洗濯物が濡れている間は増殖し続けますので、早く乾燥させれば臭いは最小限に抑えることができますが、逆に梅雨時の悪環境下での部屋干しなどのように、中々乾くまでに時間がかかってしまったり、生乾きで終わってしまったりすると雑菌は繁殖し放題となってしまうので、気になるほどのレベルの臭いが発生してしまうというわけです。

つまり、洗濯物に雑菌がつかないようにするには「生乾き」をさせずにきっちりと乾燥させることが有効な手段の一つとなるのです。

部屋干しでも衣類が生乾きにならないための対策は?

部屋干しでの生乾きを防ぐための対策は、換気や除湿によって部屋の湿度を下げたり、風通しを良くすることが重要になります。

それぞれのお部屋の状況によって違いは出てきますが、生乾き対策には次のようなポイントを考えていくと良いでしょう。

【場所】
洗濯物を置く場所は窓辺なのか、部屋の中央なのか、浴室を使うのか。

【風通し
窓を開けると風通しは良いのか、良くないのか。良くない場合はエアコンや扇風機を利用したり、浴室の乾燥機能を使ってみてはどうか。

【温度】
室内の温度が低い(季節・建物の構造上)時はエアコンなどを活用してはどうか。

【湿度】
湿度が高い時は、換気をしたりエアコンで除湿したりしてはどうか。

【経済面】
エアコンや浴室乾燥の機能を使った場合の電気代はあなた自身の経済的負担にならない範囲の金額か。

これらを考慮した上で対策を考えていきましょう。

スポンサードリンク

部屋干しの時に心がけたい室内の換気方法や湿気対策は?

今回は窓を開けてもあまり風通しの良くない部屋の場合での湿気対策の一例を紹介したいと思います。

部屋の中で干す場合

エアコンの風が良くあたる場所に室内用物干しスタンドを置き、エアコンを除湿モード+送風で2時間ほど運転します。扇風機があれば洗濯物の隙間に送風できる位置から扇風機も併用して運転すると効果てきめんです。とにかく風を当てることを考えます。冬場の場合はエアコンは暖房モード+送風で1時間運転してください。

浴室で干す場合

備え付けの物干しポールがあればそれを使用し、なければ室内用の物干しスタンドを使用します。浴室のドアを開け乾燥モードで1時間運転したのち、送風モードを30分回します。乾ききっていなければもう30分だけ送風モードで運転しましょう。

その他

日頃から湿気がちのお部屋の場合は、除湿器を購入することもオススメいたします。最近の商品は省エネ設計になっていますので、電気代もそれほど高くはなく、一年中快適な湿度で過ごせることを考えるとメリットは高いと思います。

まとめ

部屋干しをする際には

臭いの原因は雑菌である
雑菌の増殖の原因は洗濯物が濡れている時間の長さである

というこの2点を忘れないようにして下さい。そして最終的に重要なポイントは、洗濯物をいか早く乾燥させて生乾きの状態の時間を短く抑えるかということに集約されます。天日干しがどうしてもできない環境の方は是非ご参考ください。

スポンサードリンク