江東花火大会

「江東花火大会」は、荒川の河口で開かれる、ゆったり観覧できる下町情緒あふれる花火大会です。視界が開けた河川敷が観覧場所なので、ビルなどに遮られることなく、しっかりと花火を目に焼き付けることができます。

スポンサードリンク

江東花火大会2017年の日程

第35回江東花火大会

【日時】
8月1日(火) ※荒天中止

【場所】
東京都江東区南砂町

【開催時間】
19:40〜20:30

【問い合わせ先】
03-3647-4963 江東区地域振興課区民交流担当

台船からメイン会場まで約150メートルの至近距離で花火が打ち上がります。目の前で開花する花火を存分に体感しましょう。打ち上げ数は他の大会より少なめですが、荒川に浮かべた台船から打ち上げられる豪華で雄大なスターマインが、花火好きの下町っ子に愛されています。河川敷の芝生や護岸にシートを敷いてゆったりと観戦でき、家族連れも多く訪れる花火大会です。

【花火データ】
打ち上げ場所:荒川・砂町水辺公園(江東区東砂)
打ち上げ数:約4,000発
動員数:約35万人
出店数:なし

江東花火大会のアクセスについて

【会場への交通案内】
南砂町駅(東京メトロ)から歩くか、亀戸駅(JR)、西大島駅・大島駅・東大島駅(都営新宿線)からバスを利用しましょう。

会場の荒川・砂町水辺公園は開始時は大変混雑するので葛西橋通りへ回るのがおすすめです。

花火終了直後から南砂町駅に向かう道は道は混雑します。長い行列を回避するには会場で少し待つか、バスを利用しましょう。上流側は東大島駅に近くなりますので、徒歩も可能です。

【最寄り駅】
東京メトロ東西線 南砂町駅(2番A又は3番出口)徒歩15分

【都バスでのアクセス】

JR亀戸駅から(乗車場所:亀戸駅北口)
・亀21(東陽町駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
・亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」」停留所下車 徒歩6分
・亀29(西葛西駅・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線西大島駅から
(乗車場所:A3出口側の新大橋通り沿い)
・亀24(大島駅経由・東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
(乗車場所:A4出口側の明治通り沿い)
・両28(境川経由・東砂6丁目行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
・亀29(西葛西駅・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線大島駅から
(乗車場所:A6出口側の丸八通り沿い)
・亀21(東陽町駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
(乗車場所:A2出口側の新大橋通り沿い)
・亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線東大島駅から
(乗車場所:大島口側の番所橋通り沿い。停留所名は「東大島駅入口」)
・亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
(乗車場所:駅前ロータリー内 1番乗り場)
・門21(門前仲町行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分

都営大江戸線清澄白河駅から
・秋26(葛西駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

スポンサードリンク

江東花火大会の場所取りのコツ

江東花火大会は有料席はなく、良い観覧場所は全て早い者勝ちになります。

大人数の場合は早めの場所の確保をしないと難しいかもしれませんが、2〜3人程度の場合は、河川敷の中で場所が全くないということはほとんどありません。2〜3名でもシートを敷く場合は、お尻に敷く分だけの最低限のコンパクトさで広げるようにすれば大丈夫でしょう。打ち上げ場所に近いほど、人気が高い場所になりますので、どうしても近くで観覧したい場合は、早めの場所取りが必要です。

まとめ

今回は「江東花火大会」の日程やアクセスのご紹介をいたしました。荒川上空を彩る数々の大輪の美しい花火を、広い河川敷でゆったりと楽しみましょう。

スポンサードリンク