葛飾納涼花火大会

下町・葛飾の夜空を彩る恒例の花火大会「葛飾納涼花火大会」は今年で53回目を迎えます。演出の多彩さでも有名な花火大会で、スタートからフィナーレまで瞬きする間も惜しいようなバラエティーあふれる花火が楽しめます。

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会2019年日程

第53回葛飾納涼花火大会

場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷・葛飾区柴又7-17-13先)
日時:2019年7月23日(火) ※荒天時は7月24日(水)に順延
開催時間:19:20〜20:20
問い合わせ先:03-6758-2222 はなしょうぶコール

革新と伝統を併せ持つ下町情緒あふれる花火。オープニングはナイアガラの滝。そのあとは、世界中の花火師が競い合った「世界花火師協議会」て登場した進化系花火デジタルスターマイン、昔ながらの和火、葛飾区の観光大使が案内するPRステージなど、多彩な演出で観客を魅了します。フィナーレは、夜空に鮮やかな虹色の橋がかかる仕掛け花火が飾ります。観客席と打ち上げ場所、打ち上がる高さが近いため、花火との距離感による迫力や、腹に響くような音圧は都内屈指。できるだけ近くで鑑賞しましょう。

交通規制・入場規制

17:30〜22:00頃まで交通規制あり。自転車、自動二輪の通行を会場周辺道路全域で規制。

花火データ

打ち上げ場所:江戸川河川敷(葛飾区柴又野球場)
打ち上げ数:約1万3,000発
動員数:約77万人
出店数:8店(観光協会チャリティー模擬店)

葛飾納涼花火大会のアクセスは?

アクセス/最寄り駅

・金町駅(JR)より徒歩20分
・柴又駅(京成電鉄)より徒歩10分
・新柴又駅(北総鉄道)より徒歩15分

新柴又駅(北総鉄道)は比較的会場へ行きやすい。。17:30〜22:00頃までは交通規制あり。帰りは柴又駅(京成電鉄)に向かう307号線や帝釈天参道は混雑。金町駅は上流、新柴又駅は下流の川沿いの道を活用しましょう。

葛飾納涼花火大会のチケット購入方法

葛飾納涼花火大会は有料席も設けられています。確実に良い席を確保してゆったりと鑑賞したい方はチケットを購入するのも検討してみてください。

【有料席チケット詳細】

2019年5月18日(土曜日)午前10時〜7月23日(火曜日)まで
※売切れ次第終了

座席種 金額 設置数
2人マス席
(ビニールシート敷)
1マス  7,000円
(1マスで2人まで入場可)
1,102マス
4人マス席
(ビニールシート敷)
1マス 10,000円
(1マスで4人まで入場可)
519マス
グループマス席
(ビニールシート敷)
1マス 12,000円
(1マスで6人まで入場可)
308マス

第53回葛飾納涼花火大会会場図

【販売場所】

チケットぴあ
(パソコン、スマートフォン共通)

・セブンイレブン店内端末
(24時間対応)

・電話で購入
Pコード入力または音声認識予約 ( 0570-02-9999 )

※区役所、実行委員会事務局での販売はしていません。

まとめ

今回は「第53回葛飾納涼花火大会」の概要を紹介いたしました。打ち上げ場所の近くを確保できれば相当な第迫力の花火が体感できます。大変人気の花火大会ですので、混雑を避けてゆったりと花火を鑑賞するなら有料席がおすすめです。

スポンサードリンク