いたばし花火大会

「いたばし花火大会」の魅力は花火のスケールの大きさです。4号玉から8号玉がほとんどの都内の花火大会において、この板橋の花火大会では。10号玉が100発も打ち上げられます。東京最大の15号玉も登場します。ぜひ大迫力の花火を生で観覧しましょう。

スポンサードリンク

いたばし花火大会2018年日程

第59回いたばし花火大会
※第65回戸田橋花火大会と同時開催

【日時】
2018年8月4日(土) ※荒天時は8月5日(日)に順延

【場所】
板橋区荒川河川敷

【開催時間】
19:00〜20:30

【問い合わせ先】
048-431-0206 第65回戸田橋花火大会実行委員会事務局

荒川の両岸に会場を置いて、2つの花火大会が同時開催されます。合わせて1万発以上の花火が打ち上げられ、内容も恒例の都内最大の15号玉(尺五寸玉)や日本最高峰の花火師が手がけた芸術玉や、総延長700mにも及ぶ関東最長級の「大ナイアガラの滝」など見所が満載です。

【花火データ】
打ち上げ場所:戸田橋上流荒川河川敷
打ち上げ数:1万2,000発
動員数:戸田市側約50万人 板橋側約52万人
出店数:戸田市側約80店 板橋区側未定

スポンサードリンク

いたばし花火大会の開催場所はどこ?

場所:戸田橋上流荒川河川敷

【アクセス/最寄り駅】
戸田公園駅(JR)、浮間舟渡駅(JR)、西台駅(都営地下鉄)

会場まで40分〜50分かかります。高島平駅(都営地下鉄)は比較的混雑が少ないでしょう。帰りは埼玉方面は戸田駅(JR)と、東京方面は蓮根駅(都営地下鉄)まで歩いていくのがおすすめです。

いたばし花火大会の有料席の購入方法について

「いたばし花火大会」は有料指定席を設けています。場所取りが面倒だ、確実にいい場所で座って観覧したい、大人数で場所が取れるか心配だ、などといった方には事前に指定席の購入をおすすめいたします。

席 種 価格(税込) 購入単位 1人あたり購入上限
陸上競技場テーブル付き 席 28,000円 4枚1組 1組まで
陸上競技場イス 席 3,600円 1枚ずつ 8枚まで
陸上競技場グループ 席 28,800円 8枚1組 1組まで
プライムシート 5,000円 1枚ずつ 8枚まで
S 席 3,100円 1枚ずつ 8枚まで
グループS 席 24,800円 8枚1組 1組まで
A 席 2,600円 1枚ずつ 8枚まで
ボックス 席 10,400円 4枚1組 2組まで
グループA 席 20,800円 8枚1組 1組まで
芝生斜面グループ 席 20,800円 8枚1組 1組まで
B 席 2,100円 1枚ずつ 8枚まで

【チケット購入方法】

■一般販売開始

  • 6月23日(土) 10:00より開始

■直接購入

  • セブンイレブン(24時間受付)Pコード638-866
  • チケットぴあ各店舗(各店舗営業時間)Pコード638-866
  • 板橋区観光協会窓口※板橋区情報処理センター6階(平日のみ・9時~17時)

■電話予約

  • 「いたばし花火大会」専用受付電話番号 0570-02-9546(24時間)

※予約後、3日以内にチケット引き換えのない場合はキャンセルとなります。
※引き換えは全国のセブンイレブン、チケットぴあの店にて行なってください。
※ご予約の際にはPコード(638-866)が必要となります。
※販売初日は受付開始が午前10時となりますのでご注意ください。

■インターネット購入

※販売初日は受付開始が午前10時となりますのでご注意ください。
※PC・携帯・スマートフォン共通です。

■お問合せ先(2018年6月1日より)

  • いたばし花火大会チケット事務局 03-5315-4921(平日のみ・10:00~17:00)

まとめ

今回は「いたばし花火大会」の日程や概要をご紹介いたしました。冒頭にも書きましたが、とにかく他の花火大会を圧倒するほどのビッグスケールな花火大会です。まさに一見の価値ありの花火大会。一度「いたばし花火大会」を鑑賞してしまうと、今後、他の花火大会に物足りなさを感じるようになってしまうかも知れません。夜空を染め上げる壮大な花火の数々、ぜひその目でご覧ください。

スポンサードリンク