足立の花火2017年

東京の花火大会の先陣を切って開催されるのが「足立の花火」です。70万人以上の観覧客が訪れ、関東の花火シーズンが華やかに幕を開けます。

スポンサードリンク

足立の花火2019年の日程

■第41回足立の花火

日時:2019年7月20日( ※荒天時は中止
場所:東京都足立区北千住
開催時間:19:30〜20:30
問い合わせ先:03-3880-0039 お問い合わせコールあだち

東京の夏の先駆け、高密度で楽しませる花火。東京の花火大会の先駆けとなる「足立の花火」は今年で41回目を迎えます。当日は全5幕で構成され、1時間で約1万3,000発が打ち上がる密度の濃い花火が見られます。発数だけでなく、仕掛け花火やスターマインをはじめ、音楽とシンクロして打ち上がる花火、足立区内の子供たちが考案した打ち上げ花火など、構成や内容もバリエーション豊富です。

アクセス/最寄り駅

・北千住駅(JR、東京メトロ、東武鉄道、つくばエクスプレス)より徒歩15分
・小菅駅、五反野駅、梅島駅(東武鉄道)より徒歩15分
・西新井駅(東武鉄道)より徒歩25分

会場周辺は15時過ぎに混雑し始めます。最寄駅の北千住駅や五反野駅には早めの到着を。帰りは北千住駅、五反野駅は避け、北は梅島駅(東武鉄道)、南は千住大橋駅(京成電鉄)、牛田駅(東武鉄道)まで歩いたほうが混雑を避けられ流のでオススメです。

交通規制・入場規制

18時〜22時頃まで交通規制あり。

花火データ

  • 打ち上げ場所:荒川河川敷(千代田線鉄橋〜西新井橋)
  • 打ち上げ数:約1万3,000発
  • 最大打ち上げ:4号玉
  • 動員数:約70万人
  • 出店数:なし

スポンサードリンク

足立の花火2019年の有料席の購入方法

2019年のプログラム掲載希望者の受付分の募集は5月9日(木)で終了しました。屋形船観覧エリアの募集も5月9日(木)で終了していますが、制限隻数に満たない場合は引き続き申し込み受けつけています(当日の申し込みはできません)。一般の有料席は6月22日(土)より発売予定です。

以前募集されていた1口3,000円の「個人協賛」は平成30年度をもって終了になりました。

屋形船観覧エリア入場のご案内

「足立の花火」は屋形船の船上からも観覧することができます。

【入場料】
1隻54,000円

【定数】

西新井橋側水域(Aエリア) 20隻
千住新橋側水域(Bエリア) 30隻

※申込期限は2019年5月9日(木)まで。制限船数に満たない場合は引き続き募集。最新の残席状況は各自お問い合わせください。

問い合わせ先:一般財団法人足立区観光交流協会

有料席のご案内

6月22日(土)からチケットぴあにて一般の有料席の販売が予定されています。全国のセブンーイレブン、チケットぴあ店舗、チケットぴあホームページ又は電話予約での購入が可能です。

席種 価格 備考
シングルセンターシート(千住側 ) 5,000円 1名のみ入場可
シングルサイドシート(千住側 ) 3,500円 1名のみ入場可
4人がけテーブル席(西荒井側 ) 18,000円 4名まで入場可
ペアシート(西荒井側 ) 7,000円 2名分
トリプルシート(西荒井側 ) 10,500円 3名分

子どもは、シングルシートは保護者同伴に限り入場無料、その他の席種は膝上無料。

足立の花火2019年打ち上げ場所を地図で確認

■会場

荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
打上場所は千住側(堤南)
目の前で迫る花火の迫力を体感したいなら、打ち上げ場所がある北千住側、演出をしっかり見るなら西新井側からの花火鑑賞がおすすめです。千住側よりも西新井側の河川敷の方が広いので、比較的ゆったりと花火を観賞することができるのでオススメです。

まとめ

今回は2019年の「足立の花火」の概要を紹介いたしました。下町の夜空を華やかに染める大迫力の花火を楽しみましょう。

スポンサードリンク