白内障とはどんな症状の病気なのか?原因や手術の方法は?

目がかすんでものが見えにくい、まぶしい、などの症状が現れたらそれは「白内障」かも知れません。高齢者がよくかかる目の病気、そんな漠然としたイメージだけを持っている方も多いかと思いますが、実際のところ白内障とはどんな病気なのでしょうか?今回は白内障の症状や原因や手術方法などについて解説をいたします。

スポンサードリンク

白内障とはどんな症状の病気なのか?

白内障には大きく分けて皮質白内障、核白内障、後嚢下白内障(こうのうかはくないしょう)という3つのタイプがあります。通常はこれらのタイプのいくつかが組み合わさって起こり、白内障が進行していきます。

目がかすんでものが見えにくい、まぶしい、などが白内障の主な症状ですが、例えば核白内障では自覚症状がないまま進むことも多かったり、また、視力低下があっても、はじめのうちはメガネで視力が補正可能なため、当事者が白内障と気づかないこともあります。

白内障は、進行すると最後には水晶体全体が真っ白に濁り、強い視力障害を起こします。この段階まで進行してしまうと眼鏡では視力が補正できず、光の明暗がやっとわかる程度という状態にまでなってしまいます。

皮質白内障

水晶体の端のほうからくさび状に濁ってきますが、中央には影響しないため視力低下はなかなか起こりません。ただし濁りが瞳の中心にかかると「グレア難視」を起こします。

グレア難視

グレア難視は視力低下の前の段階で、濁った水晶体で光が乱反射して起こる症状で、皮質白内障で比較的多く起こります。視力検査では問題のない数値でありながら、日常生活に支障をきたすレベルの症状が現れます。明るい方向から歩いてくる人の顔が見分けられない、ゴルフで逆光になるとボールが見えない、夜間の車の運転中に対向車のへッドライトが眩しいなど、光の入り方によって物が見えにくいという現象を指します。

核白内障

水晶体の中央の核が硬くなり、黄色から茶色に、最後は真っ黒くなります。核が硬くなるにつれて水晶体の屈折率が変わり、近視が強くなるので老眼が治ったと勘違いする当事者の方もいます。

後嚢下白内障

水晶体を包む膜の内側がすりガラス状に濁り、初期の段階から視力低下が起きます。糖尿病の人やリウマチ、膠原病などでステロイドホルモンを服用している人によく見られる白内障です。

スポンサードリンク

白内障は何が原因で起こるのか?

白内障とは、目の中のレンズである水晶体が濁ってくる病気です。水晶体の濁りは、年齢を重ねることで誰にでも起こりますので、病気というよりは髪が白髪になるのと同じように、一種の老化現象と捉えたほうが理解しやすいでしょう。

白内障は一般的には50代から起き、60代では70%以上、70代では80%、80歳以上ではほぼ100%の人に起こります。ただし、白内障があるということと、自覚症状があること、また手術が必要であることとは、それぞれが別問題なので誤解のないようにしましょう。

白内障の手術はどんな方法でするのか?

光の入り方によってものが見えにくい時がある、視力が落ちてきた、などの自覚症状が現れたらすぐに眼科を受診しましょう。自覚症状がなくても、40代以降では年に1回は眼科検診を受けましょう。

白内障と診断された時は、手術を希望するなら白内障手術の実績のある眼科を選ぶことが重要です。手術は日帰りで可能ですが、全身的な合併症のある人は入院をすることになります。

手術の方法ですが、白内障を治すには濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを入れる手術が必要になります。白内障の点眼薬もありますが、点眼薬では濁った水晶体を元通りに透明に治すことはできません。

手術時間は現在では20分〜30分程度という病院がほとんどで、日帰り手術も珍しくありません。

どのような状態になったら手術を受けるべきなのか、判断に悩むところですが、現在の超音波乳化吸引術という手術法では早い段階での手術が可能になっています。

超音波乳化吸引術は事前に水晶体の核を分割しておくプレチョップ法と組み合わせることで、極めて小さな超音波エネルギーで白内障を取り除くことができ、組織への負担が少なく手術も短時間で行うことが可能になります。

超音波乳化吸引術で白内障を取り除いたあとにシリコン製やアクリル製の眼内レンズを入れます。

従来使われていた固いプラスチックレンズでは手術の切り口が大きかったのですが、シリコンやアクリルでは折りたたんで挿入することができるので、切り口が2ミリ以下と小さく、手術時間も3〜5分程度です。また、シリコンレンズでは、手術後に水晶体の膜に再び濁りが出る「後発白内障」になることが多いのですが、アクリルレンズでは後発白内障はほとんどないと言われています。

白内障手術に使用される眼内レンズは「乱視付き眼内レンズ」「多焦点眼内レンズ」「3焦点眼内レンズ」など、視力だけでなく見え方を補正する多様なレンズが開発されています。遠近両用の眼内レンズは眼鏡なしで遠近両方がくっきり見えるので、眼鏡をかけたくない人にとっては、一生外さないでいいコンタクトレンズのような非常に便利なレンズですが、すべての人が適用になるわけではありませんので、どの眼内レンズを使用するのか、事前に適合性や費用などの面について、担当の医師とよく相談して決めるようにしましょう。

当然ですが、実際に手術を受けた場合は術後点眼など、術後のケアをしっかり行うことも重要です。

まとめ

白内障の手術は日本中で年間約100万件が行われており、決して特別なことではありません。しかし手術の結果の良し悪しは、その後の一生の見え方を左右するので慎重な病院選びが必要です。

目が霞んでものが見えにくい、光が眩しい、など白内障の症状が現れた時は、まずは信頼できそうな眼科をじっくり選び、受診するようにしましょう。

スポンサードリンク