肺炎

肺炎とは、細菌やウイルスなどの感染により、肺に炎症が起きる病気です。感染原因や発症場所により、さまざまに分類されます。入院後、院内で発症する院内肺炎や、誤嚥が原因で口腔内の細菌が肺に入って起こる誤瞬性肺炎などがあります。今回は肺炎の概要について解説いたします。

スポンサードリンク

肺炎の症状や種類の一覧

肺炎とは、おもに病原微生物が、肺の先端にある肺胞内に感染して起こる炎症のことをいいます。発熱、頭痛、悪寒、関節痛、全身の倦怠感、食欲不振などのほか、咳や痰、呼吸困難などの症状がみられます。受診科は内科や呼吸器科になります。

肺炎は、悪化すると脈拍数や呼吸数の上昇、発熱による脱水症状なども現れます。肺の周りの胸膜まで炎症が進むと胸膜炎を起こし、強い胸の痛みをともなう場合もあります。

【症状】

  • 呼吸症状(咳、痰、喘息など)
  • 発熱
  • 食欲低下
  • 全身の倦怠感
  • 呼吸困難

【原因】

  • ウイルスや細菌感染

【肺炎の分類】

肺炎には様々な種類がありますが、原因別、発症に至った環境別、感染した部位別など目的に応じて多様の分類されます。

原因別としては細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、間質性肺炎の3つに分けられます。環境別(発症した場所)としては市中肺炎、院内肺炎の2つと日本独自に設けた分類である医療介護関連肺炎の3つに大別されます。

市中肺炎は、病院の外で日常生活中に感染して発症する肺炎で、病原微生物の種類によって、細菌感染による細菌性肺炎と、ウイルスやマイコプラズマ、クラミジアなどの細菌以外の微生物感染による非細菌性肺炎に分けられます。

一方、院内肺炎は、ほかの病気で入院中に病院内でかかる肺炎のことをいいます。院内肺炎では、薬剤耐性菌も多く、感染者の抵抗力が落ちている場合も多いため、重症化することも少なくありません。

医療介護関連肺炎は介護施設などでかかる肺炎で、重症化しやすく、耐性菌による肺炎の可能性があり、治療が難しい場合があります。

感染した組織別の分類では、肺胞の炎症、間質部分の炎症の2つに分類されます。

<原因別>

  • 細菌性肺炎
  • ウイルス性肺炎
  • 間質性肺炎(自己免疫、ウイルス、真菌、放射線が原因)

<環境別>

  • 市中肺炎
    ・細菌性肺炎(肺炎球菌、インフルエンザ菌)
    ・非定型肺炎(マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎)
  • 院内肺炎
    ・ペニシリン耐性肺炎球菌感染症
    ・MRSA感染症
    ・VRSA感染症
    ・薬剤耐性緑膿菌感染症
  • 医療介護関連肺炎
    ・誤嚥性肺炎など(難治性・再燃性で 予後が不良と考えられる高齢者に多い重症肺炎)
    ・耐性菌性肺炎

<感染組織(部位)別>

  • 肺胞性肺炎(肺胞の実質部分である肺胞の炎症)
  • 間質性肺炎(肺胞の周りの間質部分の炎症)
    ・膠原病性間質性肺炎(関節リウマチなどの膠原病が原因)
    ・薬剤性肺炎(薬剤が原因)
    ・過敏性肺炎(アレルギーが原因)
    ・塵肺症や石綿肺や超硬合金肺(粉塵が原因)

<その他の肺炎>

  • 好酸球性肺炎
  • 特発性間質性肺炎(間質性肺炎の中でも原因不明の肺炎)
    ・特発性肺線維症
    ・非特異性間質性肺炎
    ・急性間質性肺炎
    ・特発性気質化肺炎
    ・剥離性間質性肺炎
    ・呼吸細気管支炎を伴う間質性肺疾患
    ・リンパ球性間質性肺炎

まとめ

今回は肺炎の種類ついて解説いたしました。肺炎と一言で言っても、その種類は実に多様で、様々な肺炎があります。それぞれの肺炎の症状については別項をご参照ください。

スポンサードリンク