五十肩の症状とはどのようなものか?原因や治療法や対策は?

五十肩は特に原因もないのに肩の関節が痛んだり、関節の動きが以前より悪くなり運動制限される病気です。五十肩と言っても、実際は早ければ40代以降から発症します。肩の可動域が狭まったり、痛みを抱えてしまうと、日常生活の様々な場面で支障をきたし、その不自由さは想像はるかにを超えたものになります。

今回はそんな五十肩の症状や原因や治療法について解説いたします。

スポンサードリンク

五十肩の症状とはどのようなものか?

五十肩は正式な病名を「肩関節周囲炎」といいます。腕を上げたり、手を背中に回したりして肩を動かすと痛みが現れます。症状が現れ始めた直後は痛みが強く、夜間や明け方は痛みが特に強くなり、次第に肩を動かすのが不自由になります。

初期は、一定の方向の肩関節の動きをすることで痛みを感じますが、痛みをかばって動かさないでいると、関節を動かせる範囲が次第に狭くなり、痛みも強くなっていきます。

例えば、髪を結う動作や、後ろで帯を結ぶ動作などができなくなります。また夜間は安眠できずに朝は痛みで目が覚めたりします。こういった症状が現れるほどまで進行すると、肩はあらゆる方向に動かなくなり痛みもさらに強くなります。整髪や着替えなどの日常動作もままならないほどになり、生活全般に大きく支障をきたすようになります。

五十肩が起こる原因は?

五十肩が起こる原因は、加齢、外傷、自律神経障害、ホルモンバランスの変化などが考えられます。肩の関節そのものより、関節の周囲にある筋、腱、靭帯、関節包などの複雑な構造の軟らかい組織が炎症・拘縮を起こすことで引き起こされます。腱板の断裂が原因となることもあるので、長く続く場合は整形外科を受診しましょう。

スポンサードリンク

五十肩の治療保方法や対策は?

五十肩は、ほとんどの場合は自然に治癒しますが、自己判断による間違った療法で悪化させてしまうこともあります。まずは、重い物は持たないようにし、無理な動作を控え、痛みが強くならない程度に肩関節を動かすようにします。

温めて動かすことも重要なポイントです。入浴、ホットパック、超音波を使った温熱療法などが効果的です。

初期の可動範囲が大きいときに動かすことも大切です。肩が痛いからといって、安静にして、動かさないのは間違いです。

痛みが強く、可動域が狭くなってしまっても、消炎鎮痛剤を服用しながら温熱療法と運動療法を行ないましょう。

整形外科での治療では、痛みを早く抑えるために、ステロイドやヒアルロン酸ナトリウムを注射するという方法もあります。さらに、末精神経に麻酔薬を注射する神経ブロックを行なうこともあります。長ければ回復までに2〜3年ないし数年かかることも珍しくありません。決して諦めずに気長に治療に取り組みましょう。

五十肩改善のための運動

痛みがある時も、痛くならない範囲でこれらの運動をしてみましょう。必ず腕や肩の力を抜いて、ゆっくり呼吸をしながら、痛みがない範囲で動かします。

基本の運動

症状のないほうの手を壁に当てるか、テーブルなどにつかまります。症状のあるほうの肩の力を抜いて、ゆっくりと体を前に倒します。症状のあるほうの腕がだらんとぶら下がったら、そのまま10秒ほど。腕自体の重さで肩の筋肉や関節包が伸びるので、動かす必要はありません。

関節の周りの筋肉の運動

  1. 症状があるほうのひじをテーブルなどの上に置き、90度に曲げて力を抜き、ひじから先だけをぐるぐると左右に揺らします。この時、からだの表面の筋肉は動かないように。反対の手を脇の下にはさみ、筋肉が動かないことを確認しながら行ないましょう。
  2. 輪ゴム3個用意し、輪にしてつなげます。低い椅子に座り、上体をかがめて両ひじをももに置き、両親指に輪ゴムをかけ、ひじから先の力を抜いて、軽くリズミカルに輪ゴムを引っ張ります。動かす範囲は体の幅程度で、ごく軽くにします。

肩の状態のセルフチェック

これって五十肩なのかしら?と判断に迷うこともあると思いますので、下記の項目を自己チェックしてみましょう。

症状 点数
A いつも重くてだるい 1
B 日常の生活動作なら、腕を動かしても特に痛みは感じない 1
C 首から肩や腕にかけて、なんとなく痛みがある 1
D 突っ張るような痛みがあるが、伸ばすと気持ちがいい 1
E 日によって痛みを感じることがある 3
F 腕を使い過ぎたあと、肩から腕に痛みがある 3
G ある動かし方をすると、必ず痛みがある 3
H 痛い部分を指一本または手のひらで示すことができる 3
I 腕を動かさない時や寝ている時に痛みを感じることがある 3
J 一瞬呼吸を止めてしまうほどの痛みがある 5
K どの方向に腕を動かしても痛みがある 5
L 腕を動かせる範囲が左右で異なる 5
M 痛みを感じる場所が腫れていたり熱く感じる 5

A〜Dは各1点、E〜Iは各3点、J〜Mは各5点で、当てはまる番号の点数を合計してください。合計10点以上の時は医療機関の受診をおすすめします。5〜9点のときは要注意、4点以下なら問題はないと考えられます。あくまで目安ですので、肩の不調や異変が続くときは早めに整形外科を受診しましょう。

まとめ

今回は五十肩の症状や原因や治療法について解説いたしました。発症原因は多岐にわたりますが、加齢によるところが多い病気です。五十肩になってしまったら、無理のない範囲で肩を動かすように心がけ、長く続くようであれば整形外科を受診しましょう。気長に治療に取り組めば改善していきますので、諦めずに続けることが大切です。

スポンサードリンク