誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とはどのような症状の病気なのか?

誤嚥性肺炎(または嚥下性肺炎)は、嚥下機能障害のために咽頭、副鼻腔、歯周、口腔に常在する病原体が、唾液などの分泌物とともに気道に入り込み発症する、高齢者に多く見られる肺炎です。自力で体位変換ができない人や免疫機能が低下している場合には悪化することがあります。

発熱や咳、痰、呼吸困難、食欲不振、全身倦怠感などがみられますが、症状がはっきりわからない場合も多く、かなり悪化してから気づくこともあります。

痰に関連する症状として、膿性の黄色い痰の量が増え、その痰が悪臭を放ち、吐く息も悪臭をともなうことがあります。

誤嚥性肺炎とはどのような原因で発症するのか?

飲食物や唾液が、間違って気管に入ってしまうことを誤嚥といい、この誤嚥により口腔内の細菌が肺に入って起こる肺炎が誤嚥性肺炎です。

飲み込む力が老化や病気などにより低下することで、飲食物などが誤って気管や気管支の方へ入った場合や、胃液が逆流して気管や気管支へ入ってしまった場合におこります。

誤って気管や気管支へ入った飲食物とともに、口腔内で繁殖した細菌も入り込むことで、本来無菌であるべき気道が炎症をおこして、それが肺に広がり、肺炎になります。高齢者にとっては老人性肺炎の重大な原因のひとつになります。

知らないうちに誤嚥を起こし、気管に入ってしまうことも多く、本人や家族ともども十分な注意が必要です。

誤嚥性肺炎の治療法は?

誤嚥性肺炎の受診科は内科や呼吸器内科や外科になります。治療は抗菌薬(抗生物質)を投与する薬物療法や、点滴による栄養補給などを行いますが、いったん発症すると高齢者には死亡率の高い疾患のため、予防が重要となります。

口の中の細菌を増やさないよう丁寧な口腔ケアに努め、飲み込みやすいように食事を工夫して、誤嚥しないように上半身を高くして寝るようにするなどの配慮をしましょう。歯がない人の場合は、含嗽剤などでうがいをするようにケアしましょう。

スポンサードリンク