二日酔いにならない飲み方

二日酔いにならない飲み方は?

楽しくお酒を嗜むのは大いに結構ですが、飲み方を誤ってしまうと、翌日に頭痛や胸焼けや吐き気などの症状が発症し辛い思いをすることが珍しくありません。そう、いわゆる「二日酔い」です。

スポンサードリンク

体内に取り込まれたアルコールは肝臓で処理されますが、そのときにアセトアルデヒドという有害物質が産生されます。アセトアルデヒドは最終的には水と二酸化炭素に分解され身体外に排泄されますが、分解しきれないと身体内にとどまり、頭痛、嘔吐、胸焼け、発汗などの症状を引き起こすのです。この症状が翌日まで残る状態が二日酔いです。アルコール分解能力を超えた過度の飲酒が原因ですが、分解能力は体調にも左右されます。

二日酔いを防止するには飲み過ぎないことが第一です。自分のアルコール分解能力を把握し、適量を心がけましょう。空腹の状態でアルコールを摂取すると、そうでない場合に比べ吸収時間は3分の1に短縮されます。飲む前に何かおなかに入れておき、おつまみも主菜1対副菜2を心がけ、水分を摂りながら、ゆっくり飲むことが肝心です。

肝臓や胃腸の働きを高める有効成分を摂りましょう

飲酒時や二日酔いのときは、アルコールの分解を促進するセサミン、肝臓の機能を強化するタウリンやクルクミン、胃腸の粘膜を保護するビタミンAやムチンを含んだ食品を積極的に摂りましょう。ムチンはオクラや長いもなどに含まれています。

飲酒の利尿作用により水分を失うため、水分をしっかり補給することも大切です。血中のアセトアルデヒド濃度を薄める意味からも、シジミ汁やカフェインを含むコーヒーを摂るのも効果が期待できます。

二日酔いを防ぐ飲み方

二日酔いを発症しにくくするための飲み方の工夫の仕方は幾つかあります。

まずは、基本的なことですが、体調が悪い日はアルコール分解能力も低下するので、できるなら飲酒を控えるか、普段よりも量を控えることが大切です。夜遅くに飲むのも控えたほうが良いでしょう。

アルコールの分解を促進する食品を一緒に摂ることも効果的です。特にゴマに含まれるセサミンはアルコールを分解する効果が高いため、エネルギー量に気を付けてゴマやごま油の料理を一緒に摂ることは二日酔いの予防に有効と言えます。

また、空腹の状態で飲酒すると、アルコールも早く吸収されるため、飲む前に何か食べたり、飲むときには必ずおつまみを食べるようにしましょう。

<ビールにおすすめのおつまみ>

  • サラダ
  • 冷やしトマト
  • ポテトのチーズ焼き

<日本酒におすすめのおつまみ>

  • ほうれん草のゴマ和え
  • きゅうりとわかめの酢の物
  • とろろいも

スポンサードリンク