不整脈

正常な心臓の脈拍は、安静にしているときはゆっくりになり、動いたり興奮している場合には発熱しているときは速くなります。しかし、何の原因もないのに、脈がゆっくりになったり、速くなったり、または不規則になる状態を不整脈といいます。今回は不整脈について解説いたします。

スポンサードリンク

不整脈とはどのような症状の病気なのか?

脈拍は通常なら1分間50〜80回程度で、運動をしたり興奮するとそれより増えるものですが、何も誘因がなく脈拍が不規則になった状態を不整脈といいます。不整脈は、血管の病気ではなく、心臓の動きを担う電気信号の病気です。受診科は循環器内科や内科になります。

脈拍は、安静時にはゆっくり、運動中や興奮状態のときには速くなりますが、不整派になるとこの脈拍が不規則になり、心臓の拍動のリズムが乱れます。動悸を感じたり、胸が苦しいといった症状がおきますが、自覚症状がない場合もあります。ときどき起きる場合などでは、検査をした時に発見されない場合もあります。

脈拍が1分間に50回以下になると徐脈、100回以上を頻脈といいます。一般に1分間に40回を下回ると、めまいや息切れなどの症状が出やすくなります。また、120回を超える頻脈は、動悸や息切れ、胸痛、めまい、失神を起こすことがあります。

不整脈は、健康な成人のほとんどに生じています。ただ、その中に心不全や失神発作、脳硬塞の引き金となるものがあります。健康診断で不整脈を指摘されたり動悸、脈の不整に気づいたときには、治療の必要なものか否か、専門医に診てもらいましよう。

【不整脈の症状】

  • 動悸:心臓の拍動が自分で感じられる状態
  • 息切れ
  • めまい
  • 胸痛:胸部の痛み、重苦しい感じ

不整脈は以下に示す通り、頻脈型と徐脈型の2つに分けられます。この両方の型に、更にいろいろな種類の不整脈があります。

頻脈型の不整脈

期外收縮

時々、余分な収縮がおきるもので、心臓がドキリとする感じや瞬間とまったような感じがあります。脈がとんだりします。不整脈の中ではこの期外収縮がもっとも多く、心臓病が原因の場合と、はっきりした原因のない場合があります。

登作性頻脈

150以上に達する頻脈が突然おこり、また突然止まります。激しい動悸や息苦しさなどがあります。

心房細動

脈が多くなったり正常だったり、少くなったりと、リズムがでたらめになる状態です。
一時的なものと、慢性になって続くものがあります。
高齢者に多いのが特徴です。弁膜症や高血圧など心房に負担のかかる心臓病のある場合と、アルコールの飲みすぎでもおきる場合があります。

徐脈型の不整脈

房室ブロック

軽いものはほとんど症状がありませんが、進行すると動悸がしたり脈がとんだりします。さらに進むと脈拍が1分間に40以下に減ってしまいます。アダムス・ストークス発作をおこして、数秒以上心臓が停止することがあります。

洞不全症候群

心臓はその中にある洞結節からの刺激が伝導経路を通って心筋に作用して動くのですが、この伝導経路に障害が出て心房へ届かない場合、洞不全症候群となります。
症状は、ほぼ房室ブロックと同じです。やはりアダムス・ストークス発作をおこすことがあります。

スポンサードリンク

不整脈とはどのような原因で発症するのか?

不整脈は先天性のものと後天性のものがあります。もっとも多いのは年齢によるもので、30歳を越えると軽い不整脈がみられる場合があります。

心臓病が原因となる場合が多いものですが、動脈硬化や甲状腺機能亢進症が原因のこともあります。過労やタバコの吸いすぎでおきることもありますが、はっきりした原因のない場合も多くみられます。

【不整脈の原因】

  • 加齢
  • 飲酒
  • 喫煙
  • ストレス
  • 先天性の疾患(循環器疾患)
  • 後天性の疾患(心疾患、高血圧など)

不整脈の治療法や予防策は?

心電図検査をしたうえで、心臓病などの原因がない場合の不整脈は治療の必要はなく、運動をするのもさしつかえありません。心臓病のあるものはその治療を行いますが、それぞれの不整脈に適した薬剤療法になります。徐脈や心臓停止が起きるようなら電気的に刺激を出すペースメーカーを植える処置がされます。

加齢によってリスクも高まるため、治療を必要としない場合も多くありますが、突然死につながることもあるので、高齢者には十分注意が必要です。

不整脈は生活習慣病や、喫煙や飲酒によって、誘発されることも珍しくありません。他の心臓病と同じように、規則正しい生活、バランスのよい食事、適度な運動などを心がけることが大切です。

【不整脈の治療】

  • 薬物療法:症状に合わせた抗不整脈薬の服用です
  • 原因となる疾患を治療する手術や、ペースメーカーなど器機を埋め込む手術もあります

まとめ

今回は不整脈について解説いたしました。高齢者の場合は突然死につながることもあるため、息切れや動悸などをしやすいと感じたらすぐに内科を受診するようにしましょう。また、飲酒や喫煙の習慣がある方は生活習慣を見直すことをお勧めいたします。

スポンサードリンク