父の日の100均材料で作る手作りプレゼント

父の日のプレゼント、妻であるあなたからすれば夫へのプレゼントになりますが、それはそれといたしまして今回はお子さんと一緒に作る手作りプレゼントのご提案です。

スポンサードリンク

父の日のプレゼントをしたい子どものために

お子さんにとっても、父の日には大好きなお父さんに何かプレゼントをしたい気持ちでいっぱいでしょう。お母さんとしてもその気持ちに応えてあげたいはずです。

お小遣いをあげているお子さんでしたら、もしかしたらそのお金をプレゼント用に貯めていて何かを買おうと考えているかも知れません。

それも素敵なことですが、せっかくのお小遣いを子供が使ってくれる気でいるなら、品物を買うよりもお母さんと一緒に手作りのプレゼントをするための材料費に当ててみてはいかがでしょうか?

手作りプレゼントにお子さんが賛同してくれれば、実際の材料費はお母さんが半分程度は出してあげて、お子さんの残りのお金はまた好きなものを買うのに回すようにお話しすると良いと思います。

スポンサードリンク

父の日のプレゼントは100均で材料を揃えて作ろう

手作りプレゼントの材料は高額になっては意味がありません。子供のお小遣いで買い揃えられる程度の金額内の材料になるように考えましょう。

すでに持っている工具や材料などもあると仮定すると、新しく購入する金額としては500円程度、ドンンアに高くても小学生以下のお子さんなら1000円以下におさえたいところです。購入先は100円ショップがベストです。100均が近所にないという場合はホームセンターなどになります。

父の日のプレゼントで喜ばれる手作り作品の事例

では実際にどのような材料でどのようなプレゼントを作ることが出来るのか紹介していきます。

①絵や文字を書いたマグカップやお皿

【必要な物】
・陶磁用ペン
・食器

陶磁用ペンでお皿やマグカップにイラストや文字を書いて電子レンジで焼けば簡単にオリジナルの手作り陶磁器が出来上がります。

食器は無地のものが良いでしょう。お父さんの顔を描いて「お父さん大好き!!」などのメッセージも書けば父の日のプレゼントとして最高の品になりますね。

②オリジナルな装飾を施したフォトスタンド

【必要な物】
・フォトフレーム
・装飾の材料(紙粘土、貝殻、ビーズ、ボンド、マスキングテープ、シール、木の実など)

フォトフレームのフレーム部分に自由にデコレーションを加えてオリジナルのフォトスタンドを作りましょう。写真が入るようなってさえいれば、あとは自由な発想で飾りをつけましょう。

事前にアイデアを練ってから材料を探しに行ってもいいですが、構想が決まっていないまま100円ショップへ行って実際の材料を見ながら構想をまとめていくのも良いかと思います。面白いアイテムが豊富にありますので次々にアイデアが浮かんでくると思いますよ。

③オリジナルな装飾を施したペン立て

【必要な物】
・ペン立てや適当な形の瓶
・装飾の材料(紙粘土、貝殻、ビーズ、ボンド、マスキングテープ、シール、木の実など)

作り方の一例としましては、ペン立てや瓶の周りを紙粘土で盛り付け、貝殻や、ビーズやボタンなどで自由に飾り付ければ完成です。カラフルな紙粘土でお父さんの好きな物(ゴルフのクラブや野球のバットや車など)を作って貼り付けても良いでしょう。

あまり飾りが多すぎると使いづらくなってしまいますので適度な量の装飾でやめておくのが失敗しないポイントです。

④手作りキーホルダー

【必要な物】
・プラ板
・マジック
・キーホルダー

工作の定番のプラ板を使ったキーホルダー作りですが、父の日のプレゼントにも活用できますね。

プラ板に好きな絵を描いてオーブントースターで加熱すれば完成です。マジックの色が完成品はかなり濃いめに仕上がったり、収縮の際にプラ板が歪んでしまったり、意外と難しいプラ板作品作り。作る際にはプラ板に解説が書いてありますのでよく読んでから実施してください。焼き時間も正しく調整できるように本番作品とは別に実験用の作品で試してみることをお勧めします。

⑤手作りのしおり

【必要な物】
・しおりサイズの画用紙や色がみ
・平たいヒモ

読書好きなお父さんにはしおりのプレゼントも喜ばれると思います。

しおりサイズの画用紙や色がみに絵やメッセージを書いて、もしご家庭にラミネーターがあればラミネートしましょう。穴あけパンチで上に一ヶ所穴を空けてヒモを通せば素敵なしおりの完成です。ラミネートがない場合は透明の荷造りテープで紙をはさめば代用できます。

上記はほんの一例です。お子さんの自由なアイデアで世界に一つしかない素敵な手作りプレゼントをお母さんと一緒に作って差し上げてください。

まとめ

普段は何かと疎まれがちな存在のお父さんですが、父の日くらいは感謝の気持ちを形にしてささやかなプレゼントを贈って日頃の苦労をねぎらってあげましょう。喜んでくれるのはもちろん、お父さんにとってはかけがいのない大切な宝物になるに違いありません。

スポンサードリンク